[PR]

センチュリー21の評判を独自調査!デメリットや利用する流れも解説

不動産売却
本ページはプロモーションが含まれています。

センチュリー21は駅前の店舗やテレビCMなどで目にする機会も多く、認知度の高い不動産会社の1つです。不動産売買をしようとする人のなかには利用を検討しているものの、本当に信頼できるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

仲介や買い取りを依頼する不動産会社選びは、取引の成功や契約までのスムーズさに大きく影響します。そこで本記事では、独自調査したセンチュリー21の口コミや評判、メリット・デメリットを紹介します。

またセンチュリー21で不動産売買を進める流れもあわせて紹介するので、実際に依頼する前に評判やサポートを詳しく知りたい人は参考にしてください。

センチュリー21の口コミ・評判

センチュリー21 口コミ

まずはセンチュリー21の口コミや評判を確認してみましょう。実際にセンチュリー21を利用した人に対して編集部がアンケートを実施したため、その結果を良い口コミと悪い口コミに分けて紹介します。

※アンケート実施期間:2024/2/19〜、クラウドワークス調べ

センチュリー21の良い口コミ・評判

大手だけありまして言葉使いや説明などやはり違うと感じましたし、知識も豊富でした。(50代男性/年収200万円未満/査定依頼した不動産:店舗、工場、倉庫/兵庫県)

比較的レスポンスがスピーディーです。対応力も高く、話しやすい空気を作ってくれました。じっくり時間をかけて話し合う事が要です。また、事前にある程度の情報を知っておくと良いと思います。(40代女性/年収200万円未満/査定依頼した不動産:マンション(1室)/ 神奈川県)

担当者の方が知識豊富でいろいろわからない事も教えてくれました。親切でとても相談しやすく仕事が早いです。 担当の方次第だと思いますが、私は安心してお任せできまさした。いくつかの会社を比べるなら、中に入れてもいいと思います。(40代女性/年収200万~400万円未満/査定依頼した不動産:戸建て/奈良県)

現地にも時間前に来られており、担当者が礼儀正しい人で安心しました。 (50代男性/年収400万~600万円未満/査定依頼した不動産:マンション(1室)/大阪府)

築年数の古い一軒家でも、ある程度の売却額を詳しく提示してくれたのが良かった。(30代男性/年収400万~600万円未満/査定依頼した不動産:戸建て/新潟県)

全国的に店舗が多いので幅広い人が扱いやすい。店舗が多いことは安心できる。業界での実績があることでコネクションも太い。それゆえ早期段階で売れやすいのが利点。スタッフのサポートも安心できるもので好感がもてる。 店舗数が多い分対面でのサポ―トを求めやすい。地方の方でも利用しやすい内容なので、その点で安心したい人には向く。ビギナーに向けて優しい内容です。(30代男性/年収200万~400万円未満/査定依頼した不動産:戸建て/岡山県)

レスポンスは早い。若いスタッフが多いので、活気がある店もあり、気持ちいい。私ははセンチュリー21のFCの店を2件、使っての印象です。
(50代男性/年収400万~600万円未満/査定依頼した不動産:マンション(1室)/大阪府)

想像していたより査定額が高くてとても良かったです。対応も早かったです。 調査が正確なので安心です。(60代男性/年収200万~400万円未満/査定依頼した不動産:戸建て/千葉県)

査定額の内容を細かく説明してもらえたので、こちらとしても納得しやすくて助かりました。店舗数がとても多いので、通うにも便利で相談しやすいと思います。(40代男性/年収600万~800万円未満/査定依頼した不動産:戸建て/広島県)

査定結果も迅速に報告され、詳細な資料も送付してもらえたので分かりやすかったです。(40代男性/年収400万~600万円未満/査定依頼した不動産:土地/秋田県)

初めての不動産売却だったので不安なことが多かったのですが、センチュリー21の営業担当者の方は不動産売却に関係する税制や法律についても詳しく説明してくださり、さらに「わからないことは何でも相談してください」と言ってもらい、とても心強かったです。

 

センチュリー21の担当者は、知識もあり、対応も丁寧なのですが、相場よりも査定金額が低かったりするので、他の不動産会社と比較した方が良いなと感じました。(30代男性/年収200万~400万円未満/査定依頼した不動産:戸建て/大阪府)

簡素的な感じの査定をするのかと思っていたが、きちんと書類をしっかり作成し査定してくれた。

 

センチュリー21に査定をお願いした時に、実際の部屋は見ず、資料だけで査定してもらったので、大分高い金額の査定額が出ました。どこの会社もですが、実際に売却する気があるのなら、部屋を最初から内見してもらう方がいいと思います。(40代女性/年収200万円未満/査定依頼した不動産:マンション(1室)/兵庫県)

\興味を持ったらまずはチェック!/
公式サイトはこちら

センチュリー21の悪い口コミ・評判

 親には報告せず、内密で親が住んでいるマンションを査定したかったのに、査定資料を宛名は、私(子ども)で、送り先の住所が査定対象のマンションになっており、親が住んでいるマンションに送付された。親にどういうこと?と問い詰められたのは困ったので、きちんと確認して欲しかった。(40代女性/年収200万円未満/査定依頼した不動産:マンション(1室)/兵庫県)

センチュリー21を利用して改善してほしいなと思った点は、査定額が思ったよりも高くなかったところです。相場よりももう少し高い査定金額を期待していたのですが、思ったよりも相場よりも低かったので残念でした。(30代男性/年収200万~400万円未満/査定依頼した不動産:戸建て/大阪府)

査定額は満足でしたが、その根拠をもう少し詳しく説明してもらえるとありがたかった。 周辺の類似物件の事例だけでなく、査定額に影響を与えた具体的な要素を提示してもらえると、納得感が高まります。(40代男性/年収400万~600万円未満/査定依頼した不動産:土地/秋田県)

査定の額に関しては、他社での査定と比較をしてあまり高いとは言えない印象を受けました。 (40代男性/年収600万~800万円未満/査定依頼した不動産:戸建て/広島県)

お願いしたあとの営業マンからの連絡が結構しつこい感じがありました。 (60代男性/年収200万~400万円未満/査定依頼した不動産:戸建て/千葉県)

レスポンスは早いが担当者によって、また、FCの会社によって知識に差がありすぎて困る。私はセンチュリー21のFCの店を2件かえた。(50代男性/年収400万~600万円未満/査定依頼した不動産:マンション(1室)/大阪府)

エリアによってはぐっと価格が下がることもある。そこの見方は厳しいかもしれない。気になる点はそのくらいで後は概ね良好です。(30代男性/年収200万~400万円未満/査定依頼した不動産:戸建て/岡山県)

ここが気になるので次の連絡の時に教えて欲しいと言った内容を担当者が忘れていた。 大手で安心出来る会社なのは確かですが、完全に任せるのではなく自分の所有してる不動産についてしっかり把握しておいてここが気になる、教えてほしいという疑問点をまとめておいて対応するといいと思います。(30代男性/年収400万~600万円未満/査定依頼した不動産:戸建て/新潟県9

保証会社とのやりとりに時間がかかったことくらいです。 (50代男性/年収400万~600万円未満/査定依頼した不動産:マンション(1室)/大阪府)

特にはありませんが、他社と比較すると若干査定金額が少なかったです。 (40代女性/年収200万~400万円未満/査定依頼した不動産:戸建て/奈良県)

 想像していた査定結果が出なかったのは少し残念です。また、Web上で役立つコンテンツがあると良いと思います。 (40代女性/年収200万円未満/査定依頼した不動産:マンション(1室)/ 神奈川県)

ある程度決まってるのかもしれませんができることなら査定額をもう少し上げてほしいところです。(50代男性/年収200万円未満/査定依頼した不動産:店舗、工場、倉庫/兵庫県)

\興味を持ったらまずはチェック!/
公式サイトはこちら

センチュリー21で不動産売却するメリット

ここでは、センチュリー21を利用した人のリアルな口コミや評判から見えてきた3つのメリットを詳しく紹介します。

全国約1,000店舗の強力なネットワーク

センチュリー21は株式会社センチュリー21・ジャパンが展開する、全国に約1,000店舗を構えるフランチャイズ経営の不動産会社です。

フランチャイズ経営とは、コンビニエンスストアのように名前や看板、システムなどを本部から借りた会社がサービスを提供する仕組みのことです。センチュリー21では独立した不動産会社がセンチュリー21に加盟し、サービスを提供しています。

そのため地域密着型の不動産会社がもつ情報力を生かしつつ、全国の加盟店同士が情報を活用しあうことで、大手不動産会社にも負けない全国規模の売却活動が可能です。

売却までの充実したサポート

センチュリー21には売却までをサポートする充実したサービスが複数あります。

売却までにかかる時間は、物件にもよりますが数ヵ月から1年です。建物の調査などをスムーズに進めてくれるセンチュリー21のサービスを活用することで、売却活動や購入時のトラブルを防いで時間を有意義に活用できます

実際に受けられるサービスの一例をまとめました。

  • 売り主が安心して売買に臨める「住まいる保証21」
  • 測量のプロが取引を助ける「仮測量サービス」
  • 決済日前日までに手続き完了の「楽楽決済21」
  • 相続手続きを代行する「相続サポート21」
  • 買い主の内覧をサポートする「VR仲介革命」
  • リフォーム提案を支援する「リフォームシミュレーター21」
  • 住宅設備の保証をサポートする「住設あんしんサポート」

売り主と買い主双方に役立つサービスが「住まいる保証21」や「仮測量サービス」です。事前に住宅状況調査(インスペクション)や敷地の確定をおこなう仮測量を実施し、物件の状態に合わせた対策を講じたうえで売却に進めます。

買い主目線から見て役立つサービスも豊富です。バーチャルリアリティー(VR)で内覧できる「VR仲介革命」の他、リフォーム内容の提案がおこなえる「リフォームシミュレーター21」や引き渡し日から最長10年まで対象の不具合をサポートする「住設あんしんサポート」があります。

初めて売買を進める人にとって、頼りになるサポートが豊富な不動産会社といえるでしょう。

不動産の買い取りに対応

センチュリー21では、不動産の直接買い取りにも対応しています

買い取りとは、不動産会社に物件を直接査定して買い取ってもらう売り方です

一方、不動産売買について調べると見かけることも多い仲介は、不動産会社が宣伝や手続きなどをサポートする売り方を指します。

次の表に仲介と買い取りの違いをまとめました。

違い 仲介 買い取り
買い主 自宅などを探している一般の人 不動産会社
仲介手数料 売却額に対し
最大「(売却金額×3%+6万円 )+消費税」
発生しない
契約不適合責任 問われることがある 問われない
売却活動にかかる期間 長期間かかるケースがある 短期間
内覧 売却まで複数回おこなわれることもある 不動産会社が確認する一度のみ
売却価格 相場に近い価格で売却できる 相場より安くなることがある

買い取りをセンチュリー21に依頼した場合は、査定額に納得できれば売却に進めるため購入希望者を探す時間や手間もかかりません。仲介では売却できなかった物件でも、買い取りであれば売却がスムーズに進む可能性があります。

また契約不適合責任に問われないのもポイントです。契約不適合責任とは、不動産を引き渡してから一定期間、売り主が買い主に対して負う責任のことです。仲介売買では何らかの不具合があれば、修繕費用の負担や損害賠償への対応を求められることがあります。

\興味を持ったらまずはチェック!/
公式サイトはこちら

センチュリー21で不動産売却するデメリット

センチュリー21はフランチャイズで全国に展開する不動産会社です。そのため店舗によって対応と仲介手数料に違いがあります。後悔しないためにもデメリットを詳しく見ていきましょう。

店舗によって対応に違いがある

センチュリー21へ依頼した際は、店舗ごとに提案力やサービスに違いが生じる可能性があります。

センチュリー21は運営会社が本部となり、加盟した不動産会社に対して教育や研修、ツールの提供をおこなうフランチャイズ経営の不動産会社です。地域で活躍するグループ企業の不動産会社もあれば、個人経営の不動産会社も含まれます

得意とする業務内容や提供できるサービスがそれぞれ異なるため、センチュリー21の加盟店だとしてもサービスや提案力に違いが出ることも事実です。

事前に公式サイトやSNSで利用予定の店舗の口コミや評判を調べ、不動産売買に強いかチェックしておくとよいでしょう。実際に店舗へ足を運び、売買物件の広告が多いかどうかを確かめるのもおすすめです。

仲介手数料に違いがある

依頼したセンチュリー21の店舗によっては、仲介手数料に差が出る場合があります

仲介手数料とは、不動産会社へ物件売買の仲介を依頼した際に売り主が支払う手数料のことです。不動産が売れた場合にのみ発生する成功報酬であり、法律上で上限価格が金額別に決まっています

以下の表に、仲介手数料の上限を簡単に算出する速算式を売買価格別にまとめました。

売買価格 速算式
200万円以下 売買価格×5%+消費税
200万円超400万円以下 売買価格×4%+2万円+消費税
400万円超 売買価格×3%+6万円+消費税

なお仲介手数料の下限価格は定められていません。違反性がないことから、他社と差をつけるために仲介手数料無料や半額キャンペーンを実施する不動産会社もあります。

センチュリー21の場合は加盟店ごとに仲介手数料の下限設定が異なるため、場合によっては同じ県内でも2倍近く差がつくケースもあるようです。

仲介手数料についてより詳しく知りたいときは、次の記事も参考にしてください。

\興味を持ったらまずはチェック!/
公式サイトはこちら

センチュリー21の特徴

※画像引用元:センチュリー21公式サイト

基本情報
会社名 株式会社センチュリー21・ジャパン
サービス名 センチュリー21
設立年月日 1983年10月21日
本社所在地 東京都港区北青山2-12-16 北青山吉川ビル7F
資本金 51,775万円
事業内容 不動産仲介業のフランチャイズ本部

・フランチャイズ加盟店の募集
・加盟店の教育と研修
・情報システムの提供
・共同広告の実施
・顧客への金融や保険サービスの斡旋
・加盟店のバックアップ

従業員数
  • 加盟店舗ごと異なる
  • 世界全体:営業スタッフ14万9,000人
  • 日本全体:6,502人(2023年9月末時点)
対応エリア 全国
対応不動産の種類 マンション、戸建て、土地
公式サイト https://www.century21.jp/

センチュリー21には次の特徴があります。

  • 世界規模の不動産会社の日本支部
  • 公式LINE登録からもサポートが受けられる
  • ファイナンシャルプランナーへの相談がスムーズ

本部にあたるセンチュリー21・ジャパンは、世界規模で展開するセンチュリー21リアルエステートの日本支部です。世界84の国と地域に展開し、営業スタッフは世界規模でみると14万9,000人(2024年2月時点)にのぼります。

売りたい人・買いたい人のどちらにもサポートが手厚く、公式LINEアカウントを通じて気軽に相談が可能です。売買を進める過程で、今後のライフプランや住宅ローンなど資金に迷ったときも、センチュリー21が提携するファイナンシャルプランナーへ相談をつなげてもらえます。

\興味を持ったらまずはチェック!/
公式サイトはこちら

センチュリー21がおすすめな人

センチュリー21は次に当てはまる人におすすめです。

  • 最寄りの店舗を利用したい人
  • 初めての不動産売却で不安がある人
  • 実績のある不動産会社を利用したい人
  • 住宅診断を事前に実施してから売却したい人
  • 古い家を売却したい人

センチュリー21は店舗数が1,000件以上(2024年2月時点)と豊富なため、最寄りの店舗が見つけやすいです。売買が初めての人でも気軽に近くの店舗へ来店して相談でき、全国的に蓄積されたノウハウをもとに幅広いサポートが受けられます。

また住宅診断や相続サポート、買い取りといった選択肢もあるため、売値が付きにくい古い家を売却したい人にもおすすめです。

上記の条件とマッチする人は、近くのセンチュリー21の加盟店へ相談してみてください。

\興味を持ったらまずはチェック!/
公式サイトはこちら

センチュリー21と他3社を比較

他社と比較するとセンチュリー21にはどのような強みがあるのでしょうか。大手で店舗数も多い三井のリハウス、住友不動産販売、東急リバブルと比較しました。

会社名 センチュリー21 三井のリハウス
(三井不動産リアルティグループ)
住友不動産販売 東急リバブル
店舗数 1,008件 291件 234件 210件
2023年の仲介件数 27,009件 39,106件 34,906件 29,577件
対応エリア 北海道、青森、岩手、山形、宮城、福島
新潟、福井、富山、長野、山梨
群馬、栃木、埼玉、茨城、神奈川、東京、千葉
愛知、岐阜、三重、静岡
兵庫、京都、大阪、滋賀、和歌山、奈良
島根、鳥取、広島、岡山、山口
愛媛、香川、徳島、
佐賀、福岡、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄
・札幌
・東北
・首都圏
・関西
・中国
・九州
・北海道、宮城
・東京、埼玉、神奈川、千葉
・大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良
・愛知
・岡山、広島
・福岡
・札幌、仙台
・東京、神奈川、埼玉、千葉
・名古屋、大阪、兵庫、京都
・福岡
・海外
対応物件 ・マンション
・戸建て
・土地
・一棟物件(投資用不動産)
・マンション
・戸建て
・土地
・投資用不動産
・マンション
・戸建て
・土地
・投資用不動産
・事業用物件
・マンション
・戸建て
・事業用物件
特徴 トップクラスの店舗数で広い地域をカバー 仲介件数トップの業界最大手 きめ細やかなサポートで売買へつなげる 大都市での売買・賃貸に強みあり
リンク

他3社はセンチュリー21と比較した際に、いずれも加盟店ではなく運営会社直営の店舗へ相談できるのが大きな違いです。直営店は本部の経営方針や接客スタイルなどがそのまま反映されるため、全国各地で同様のサービスを受けられます。

また2023年の仲介件数でみると三井のリハウス、住友不動産販売、東急リバブル、センチュリー21の順です。仲介件数を重視する場合は、三井のリハウスなど他3社をおすすめします。

一方店舗数では、センチュリー21が4社の中で唯一1,000店舗を超えている不動産会社です。幅広い地域の人が、センチュリー21の加盟店へ不動産売買を相談できるといえます。

しかし実際に売買を進める際は、売りたい不動産の立地や売却までの期間、サポート体制から、自分の希望に合う不動産会社を見つけることが大切です。

不動産会社の選び方については、次の記事でも詳しく解説しています。

センチュリー21で不動産売却をする流れ

ここではセンチュリー21へ仲介売却を依頼した際に、どのように進んでいくのか流れを解説します。

不動産の査定依頼

公式サイトの「無料査定」より、売買に必要な情報を入力して査定依頼をおこないます。入力項目のうち、必須内容は次のとおりです。

  • 物件種類
  • 物件の所在地
  • マンション情報(マンションの場合)
  • 専有面積
  • 築年数
  • 間取り
  • 物件の現状(居住中かどうかなど)
  • 物件との関係(物件の名義人かどうか、など)
  • 査定理由
  • 売却方針の希望
  • 売却希望時期
  • 査定方法(訪問査定、机上査定)
  • 売買を依頼する個人の名前など個人情報

これらの情報を入力したら、センチュリー21の特徴として依頼先となる加盟店を指定します。

事前に探したい場合は、公式サイトの店舗案内から検索しておきましょう。店舗案内では取扱業務のほか、店舗の代表者や経験年数など豊富な情報をチェックできます。

センチュリー21と媒介契約

どのくらいの価値があるのか査定を受けて把握したら、加盟店の対応から利用する店舗を厳選しましょう。

仲介を依頼する店舗と結ぶ契約が、媒介契約です。具体的には、広告の作成や各種契約書類など、業務内容に関する条件を不動産会社と売り主双方が確認して決定します。

媒介契約は3種類あり、特徴は以下のとおりです。

一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約
複数社との媒介契約 × ×
買い主を自分で探す ×
レインズへの登録義務 定めなし 媒介契約から7営業日以内 媒介契約から5日営業日以内
売却活動の報告義務 定めなし 2週間に1回以上 1週間に1回以上
媒介契約の有効期限 標準的な約款では3ヵ月以内 法律で3ヵ月以内 法律で3ヵ月以内

一般媒介契約は、複数社と媒介契約が結べる契約です。売り主にとって、多くの買い主やより良い条件の不動産会社と出会える反面、より高く買ってくれる買い主を探そうと労力を費やしてしまう可能性があります。

専任媒介契約は、契約できる不動産会社は1社のみです。自由度は減る反面、不動産会社向けの情報システムのレインズへの登録や売却活動の報告義務があるため、精力的な販売活動が期待できます。

そして専任媒介契約以上に条件を厳しく定めた媒介契約が、専属専任媒介契約です。報告の頻度も1週間に1回以上で、契約を締結してから5営業日以内にレインズへの登録義務もあり、より短期間で多くの不動産会社へ物件の情報を届けられます。

いずれの媒介契約を選ぶべきか迷う人は、次の記事も参考にしてください。

売り出し価格を決めて売却活動

センチュリー21の加盟店と媒介契約を結んだら、物件の売り出し価格や条件を決めて販売を開始します。

損をせずに効率よく買い主を見つけるためには、売り出し価格をよく検討することが大切です。次のポイントをもとに、売り出す条件を決定しましょう。

  • 希望する売却日時
  • 希望する売却価格
  • 住宅ローンの残債がある場合は売却で完済できるか
  • 値下げ交渉をいくらまで受けるか
  • 買い取り保証をつけるか

住宅ローンが残っている物件の場合は完済を目指すことが前提です。用意できる自己資金や次の物件に必要な資金、査定価格などを踏まえつつ担当者とよく相談しましょう。

売り出す条件が決定したら、不動産会社が広告の作成を開始します。不動産ポータルサイトやSNS、チラシなど広告を出す場所はさまざまです。基本的に広告に関する費用は発生せず、仲介手数料のみが必要になります。

しかし「この新聞へ広告を出したい」といった個別対応を依頼すると、追加費用がかかることがあるため、追加で広告を出したい場合は担当者に相談しましょう。

内覧の対応をして売買契約

内覧とは購入希望者を実際に物件へ招き、不動産を直接見て確かめてもらう重要な機会です。不動産会社を通じてスケジュール調整をしてもらい、予定日までに家の掃除や物品の片付けなどをおこないましょう。

内覧後は購入希望者と相談したうえで、条件や売却価格に問題がなければ売買契約を結びます。売買契約の解除そのものは可能ですが、条件次第では違約金が発生するため慎重に契約を進めることが大切です。

契約を結んだ際には、買い主から売り主へ売却額の10~20%の手付金が支払われます。

ただし、まれに買い主が住宅ローンの審査に落ちるなどして契約が白紙になるケースがあります。売り出し時から時間がたっていた場合は再度相場の調査からスタートするため、売買契約の完了後も物件の引き渡しまでは気を抜かずに準備を続けましょう。

精算と物件の引き渡し

売買契約が無事に完了したら、いよいよ物件の引き渡しに向けて不動産の状態を売買契約書のとおりに整えていきます。物件を住み替える場合は、引越しや公共料金の精算、役所への転居届などが必要です。子供がいる場合は転校の準備をしなくてはなりません。

また住宅ローンを現在組んでいる場合は、ローンを組んだ金融機関への連絡もおこないます。受け取った代金でローンを完済し、抵当権の抹消手続きをする必要があるからです。

引き渡し当日には、書類に問題がなければ司法書士が所有権の移転登記をおこない、残代金を受けとります。

引き渡し当日まで、センチュリー21のスタッフが必要な書類や手続きをサポートしてくれるため、わからないことがあれば気軽に相談しましょう。

不動産売却までの注意点を知りたい人は、次の記事も参考にしてください。

\興味を持ったらまずはチェック!/
公式サイトはこちら

センチュリー21に関するよくある質問

センチュリー21を利用する際によくある質問に答えていきます。疑問を解決する参考にしてください。

査定額通りに売却できる?

残念ながら査定額通りに売却できるとは限りません。査定額は、不動産会社が「この価格なら売り出しから数ヵ月で売却できる」と予測した値段だからです。

魅力ある物件でも、相場より高ければ売れません。査定額通りに売却できると考えると、逆に損してしまう可能性もあります。

そこで不動産一括査定サイトを活用し、複数の不動産会社の情報収集をおこなうことが大切です。それぞれの査定額から相場をつかみつつ、販売戦略の違いを見極めることで自分にとって最良な一社を探せるでしょう。

また、SUUMOなどの不動産ポータルサイトから得られる価格も参考になります。似たような条件や立地から物件を探して売り出し価格を確かめることで、より売却価格に近い相場が把握できるからです。

おすすめの一括査定サイトが知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

買い取りはどのようなケースでおすすめ?

買い取りがおすすめなのは次のケースです。

  • 急いで現金化したい
  • 売却を周囲に知られたくない
  • 短期間で家を手放したい

反対に買い取りがおすすめできないのは、可能な限り高額を目指しつつ売却したいケースです。家の状態や立地にもよりますが、買い取りは仲介での売却に比べると1~2割ほど売却額が低いとされます。

買い取りも視野に入れながら仲介売却に挑戦したい場合は、買取保証を付けられる不動産会社を検討してみてください。

買取保証とは想定期間までに不動産を売却できなかった場合に、買い取りへ切り替えられるサービスです。

センチュリー21の場合は、加盟店によっては買取保証に対応しています。もし近隣に複数のセンチュリー21の加盟店があれば、仲介売却に買取保証がつけられるかで選ぶのもひとつの方法です。

センチュリー21に不祥事はある?

2016年にセンチュリー21の従業員が、店舗を利用した芸能人夫妻の個人情報をTwitter上(現X)へ流出させた不祥事が発生しています。検索などで見かけて不安を感じる人もいるでしょう。

個人情報の管理を適切におこなう不動産会社か判断するポイントに、プライバシーマークの取得が挙げられます。

プライバシーマークとは、個人情報の取り扱いを適切におこなっていると審査機関から認められた事業者に対し、使用が許可されるマークのことです。付与された後、2年後に更新審査がおこなわれるため、利用したい加盟店を見つけたらマークを有しているかチェックしておきましょう。

センチュリー21もプライバシーマークを取得し、公式サイトにて表示しています。

利用できるキャンペーンはある?

2024年2月時点で、常時利用できるキャンペーンはありません。

ただし、以下のように春や秋の住み替えフェアといった季節ごとのキャンペーンが開催されています。

キャンペーン名 期間 概要
春の住み替えフェア 2024年1月6日~2024年3月3日 ・来店・相談・成約した人が対象
・プレゼントは大型TVや米など
秋の住み替えフェア 2023年8月26日~2023年11月5日 ・売買・賃貸を成約した人が対象
・媒介契約によっては商品券をプレゼント

キャンペーン内容は時期によって変わるほか、加盟店が独自におこなっていることもあるため、利用時に確認してみましょう。例えば、大阪市に本社を置く加盟店の株式会社フロンティアホールディングス(フロンティア不動産販売)では、住宅購入の成約時に家電をプレゼントするキャンペーンを実施しています。

まとめ

センチュリー21は、フランチャイズ経営により地域密着の情報を生かしつつ、全国に展開する不動産会社です。全国各地に店舗があるため、お住いの地域で相談しやすい距離に店舗を見つけられる可能性が高い不動産会社といえます。

売却までに充実したサポートを受けることができ、売却期間や希望する価格によっては不動産の買い取りも相談できるのがメリットです。初めての不動産売却でもスムーズに進められます。

加盟店ごとに特色があるため、依頼する際は加盟店の評判などをチェックしてから相談へ進むとより安心です。

本記事で紹介した評判や口コミも参考にしつつ、センチュリー21を活用して不動産売却を成功させましょう。


◆記事で紹介した商品・サービスを購入・申込すると、売上の一部がマイナビニュース・マイナビウーマンに還元されることがあります。◆特定商品・サービスの広告を行う場合には、商品・サービス情報に「PR」表記を記載します。◆紹介している情報は、必ずしも個々の商品・サービスの安全性・有効性を示しているわけではありません。商品・サービスを選ぶときの参考情報としてご利用ください。◆商品・サービススペックは、メーカーやサービス事業者のホームページの情報を参考にしています。◆記事内容は記事作成時のもので、その後、商品・サービスのリニューアルによって仕様やサービス内容が変更されていたり、販売・提供が中止されている場合があります。
タイトルとURLをコピーしました