9月7日と8日にわたって開催されたレッドブル・エアレース2019千葉最終戦で、日本の室屋義秀選手が優勝を果たした。室屋選手は千葉での5回の大会中3回目、全レッドブル・エアレースを通算して8回目、今シーズンでは4戦中3戦の優勝。年間ポイント数では前回バラトン湖戦の優勝者、マット・ホール選手(オーストラリア)にわずか1点及ばず、2位となった。

日本の千葉戦で、室屋選手が優勝という理想的なフィナーレ。しかしその戦いはすべてのレッドブル・エアレースファンが忘れることのできない、想像を絶するドラマだった。第2回は、会場全体が息を飲んだラウンド・オブ14の様子を紹介する。

  • レッドブル・エアレース

    (c)RedbullContentPool

台風で予定変更、ハンガーウォークは中止

台風接近の予報を受けて当初予定から4時間繰り上げられ、朝10時の開始が告げられたレッドブル・エアレース千葉最終戦決勝日。中止すらあり得ると心配していた6万人の観客は、突然の時間変更にも対応し、9時の開門には長い列を作っていた。

また、通常は本戦日の朝には「メディア・ハンガー・ウォーク」という、格納庫エリアで選手たちにインタビューするイベントがあるのだが、朝10時開始では間に合わないため中止になってしまった。本戦前の選手にインタビューできないということは、本戦後の表彰式に来れない選手とはもう会えないということでもある。昨日の予選日でのメディア・ハンガー・ウォークが最後になってしまったことが残念だった。

  • alt属性はこちら
  • alt属性はこちら
  • 今年はファンとの交流イベントが開催できなかったが、各国の選手を応援するファンは様々なグッズを用意 (c)RedbullContentPool

まさかの0.01秒差、室屋選手初戦敗退?

幕張海浜公園の砂浜に詰めかけた6万人の観客が最も楽しみにしているのはもちろん、室屋義秀選手の飛行だ。1回戦のラウンド・オブ14は、14人の選手が7組に分かれて一騎打ちをする。組み合わせは予選の順位で決定され、予選5位の室屋選手の飛行順は1組目の後攻となっている。先攻の対戦相手はベン・マーフィー選手(イギリス)。イギリス空軍のアクロバットチーム「レッドアローズ」の元隊長で、2018年シーズンデビューのルーキーながら、2019年は年間ランキングで4位にまで上がってきた実力派だ。

前日の予選での上位選手の記録は57秒前後。しかし、レースコースの飛び方は風によって変わってしまう。今日のコースは昨日のコースとは別物かもしれないのだ。スカイスポーツにとって朝一番の飛行は、前の飛行を参考にできない難しさがある。

そしていよいよ、最後のレッドブル・エアレースが始まった。マーフィー選手はペナルティなくコースを周回したが、記録は57.897秒。室屋選手の昨日のタイムは57.570秒で、まだ改善の余地があると語っていたことからも、余裕で勝てるだろうと誰もが思った。

  • alt属性はこちら
  • alt属性はこちら
  • 本戦の口火を切ったマーフィー選手。確実なフライトで室屋選手の余裕を奪った (c)RedbullContentPool

しかし、続いて飛んだ室屋選手の記録は冴えなかった。中間タイムは3回表示されるが、1回目と2回目はわずかにマーフィー選手より遅い。3回目では0.15秒リードしたが、最終タイムはなんと0.015秒差でマーフィー選手に敗れていたのだ。英語実況のアナウンサーは「室屋はおそらく、レースから脱落した!」と絶叫した。

このとき室屋選手は、自分のベストタイムを57秒ちょうど程度と予測。マーフィー選手は57.897秒だったので「0.3~0.5秒程度、ベストタイムより遅く飛んでも勝てる」と判断していたという。ある程度のタイム差が見込める場合、ギリギリを攻める操縦をして1秒単位のペナルティを受けるリスクを冒すより、余裕を持って確実にノーペナルティを目指した方が良いからだ。

  • alt属性はこちら
  • alt属性はこちら
  • alt属性はこちら
  • 6万人の観客の歓声の中、ノーペナルティで雄姿を披露した室屋選手。ところがタイムはわずか0.01秒差で負けていた (c)Akira Uekawa

しかし結果的に、室屋選手のタイムは自身の予想より遅かった。「あれっ、勝ったのかな、と思ったら0.01秒差で負けたと聞いて、うわっやっちまった、と」と室屋選手は語るが、そのときのコックピット内での室屋選手の表情は、呆然の一言に尽きた。もちろん、会場の観客も同じ表情だ。

  • alt属性はこちら

    コックピット内で敗退を告げられ、バイザーを上げて呆然とした表情を浮かべる室屋選手。ワイプ画像内ではマーフィー選手がガッツポーズ (c)RedbullContentPool

敗者復活へ、まな板の鯉の12レース

最後のレッドブル・エアレース、それも千葉大会の1回戦ラウンド・オブ14の、1組目で敗退というのは、単純な敗北というだけではない最悪の事態だ。しかも室屋選手は前回バラトン湖戦でも、そして昨年の千葉戦でもラウンド・オブ14で敗退している。これほど屈辱的な幕切れはない、と言っていいだろう。

  • alt属性はこちら

    ピート・マクロード選手(カナダ)はペナルティ1秒を受けたが勝ち抜け (c)Akira Uekawa

  • alt属性はこちら

    マティアス・ドルダラー選手(ドイツ)はマクロード選手に敗退。尾翼に「THANK YOU」の文字を描いて観客に別れを告げた (c)Akira Uekawa

とはいえ、望みが絶たれたわけではない。ラウンド・オブ14での7名の敗者のうち「最速の敗者」はラウンド・オブ8に進出できるからだ。残り6組12人の選手がどう飛ぶか、室屋選手はただ、「まな板の上の鯉」のように自分の運命を待ち続けることになった。室屋選手の記録は57.912秒で、これは予選では全選手の平均的なタイム。2人ともこの記録より早い組み合わせが1つでもあれば、室屋選手の敗退が確定する。

  • alt属性はこちら

    フランソワ・ルボット選手(フランス)は好タイムでクリスチャン・ボルトン選手(チェコ)を下した (c)Akira Uekawa

ここから先はファンも室屋選手も、1人のフライトからも目が離せないサドンデスの展開だ。2組目から5組目まで、敗退した選手の記録はすべて室屋選手より遅く、室屋選手は順位表の中で「最速の敗者」の地位に残り続けていた。

  • alt属性はこちら
  • alt属性はこちら
  • 前戦優勝のマット・ホール選手(オーストラリア)は14人中最速タイムで勝ち抜け (c)Akira Uekawa

まさかの王者陥落、チャンピオン戦線に大波乱

6組目は別の意味で会場を騒然とさせる結果になった。先攻のニコラス・イワノフ選手(フランス)が58.518秒を記録したため、室屋選手はまたも生き残りが確定。後攻は昨年の世界王者で現在の世界ランキング1位、前日の予選では2位になり、2点を獲得して室屋選手との差を12点に広げた、マルティン・ソンカ選手(チェコ)だ。

順当にいけばソンカ選手の勝ち残りと、誰もが思っていた。2回目の中間タイムもソンカ選手の方が速かった。ところが会場左手での宙返りの最中、規定の11Gを超える11.2Gの旋回加速度が記録されてしまう。ほんの一瞬のミスで1秒のペナルティを受けてしまったソンカ選手は、記録58.808秒で敗退してしまった。

ソンカ選手はこれまでの3戦で一度も優勝はなかったが、低い順位になったことがなかったため、合計点数では1位になっていた。ここでの敗退は事実上、年間ランキングを争う上位3選手からの脱落を意味する。記者会見でソンカ選手は「一瞬の集中力の途切れですべてを失ってしまった。これがレッドブル・エアレースというスポーツなんだ」と語った。

  • alt属性はこちら
  • alt属性はこちら
  • オーバーGでまさかの初戦敗退、タイムでも室屋選手に負けて脱落してしまったソンカ選手。年間ランキングを3位に落としてしまった (c)Akira Uekawa

ベテランvs予選トップ、大どんでん返しで生き残るのは?

そして最後の7組目。この組は予選最下位と1位の組み合わせになる。先攻は2003年のレッドブル・エアレース開始以来参戦している唯一のパイロットだが、予選では最下位のカービー・チャンブリス選手(アメリカ)。後攻は予選トップのファン・ベラルデ選手(スペイン)だ。

チャンブリス選手の記録が室屋選手に及ばなければ、ここで室屋選手の「最速の敗者」が確定する。しかし、室屋選手曰く「カービーは何故か、僕と当たるといい記録を出す」。直接の相手は室屋選手ではないが、最速の敗者を賭けた戦いでは確かに対戦相手だ。なんとチャンブリス選手は予選の実タイムより1秒以上速く、室屋選手よりも速い57.306秒を記録してしまった。

ベラルデ選手がチャンブリス選手を破れば、チャンブリス選手が最速の敗者として室屋選手を蹴落とす。ベラルデ選手が敗れても、室屋選手より速ければ、室屋選手は敗退する。ベラルデ選手が室屋選手より遅いタイムを記録しなければ室屋選手は敗退という、絶体絶命の場面を迎えた。

ベラルデ選手の飛行は、序盤でわずかにチャンブリス選手をリード。中盤からやや遅れるものの、室屋選手とはほぼ互角の中間タイムで最後の宙返りに突入した。しかし宙返りの頂点がやや高く、大回りをした結果、記録は58.180秒。0.268秒差で室屋選手の記録に届かなかったベラルデ選手は、ラウンド・オブ14での敗退が決定した。

  • alt属性はこちら
  • alt属性はこちら
  • 予選王者ベラルデ選手、まさかの敗退。タイムでも室屋選手を下回り、「最速の敗者」の座は室屋選手に (c)Akira Uekawa

自身のフライトから40分間、12名のフライトをただ見ることしかできなかった室屋選手。ベラルデ選手の飛行では「最後のターンの間は倒れそうでしたよ。ブラックアウトしそうなくらい」と後に語ったが、実際に「最速の敗者」が決定した瞬間、室屋選手は床に崩れ落ちるように一瞬脱力したあと、チームスタッフと握手をした。

  • alt属性はこちら
  • alt属性はこちら
  • alt属性はこちら
  • ベラルデ選手の飛行を見ていた室屋選手。「最速の敗者」が確定した瞬間、机の下へ崩れ落ちるように脱力したあと、握手した (c)RedbullContentPool

余談だが同じ瞬間、観客席の大歓声の中で、筆者も膝から砂浜にへたり込んでいた。レッドブル・エアレース最終戦で室屋選手初戦敗退という悪夢は、ついに幕を開けなかった。そしてチャンピオンであったソンカ選手の初戦敗退で、年間チャンピオンは室屋選手と同期の親友で、現在6点差で首位のマット・ホール選手(オーストラリア)との一騎打ちになった。絶体絶命の立場から一気にチャンピオン争奪戦へ復活した室屋選手の戦いに、会場の熱気は最高潮に達した。

(次回に続く)