本連載では、「よく使うけど忘れやすいMicrosoft Officeの操作」をキーワードに、Officeアプリケーションの基本操作や各種機能の使い方を解説していきます。今回は、PowerPoint(パワーポイント)のスライドに背景画像を設定する方法と、スライドマスターを使って会社のロゴなどを挿入する方法を確認します。プレゼン資料作成の基本的なスキルといえるので覚えておくと役立ちます。

本連載は、記事執筆時点で最新の状態にアップデートしたMicrosoft Office 2016をもとに制作しています

画像ファイルや写真を背景に指定する

  • 「デザイン」タブから「背景の書式設定」を選択
  • 「背景の書式設定」ウィンドウで挿入する画像ファイルを指定

まずは、すべてのスライドに同じ背景画像を設定してみます。PowerPoint 2016の「デザイン」タブを選択して、リボンに表示される「背景の書式設定」アイコンをクリック(図1)。画面右側に「背景の書式設定」ウィンドウが表示されるので、「塗りつぶし」欄で「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」にチェックを入れて、「図の挿入元」欄の「ファイル」ボタンをクリックします(図2)。「図の挿入」画面で背景に設定したい画像ファイルを選択して「挿入」ボタンをクリック(図3)すると、選択中のスライドに背景が設定されます。

  • (図1)「デザイン」タブのリボンにある「背景の書式設定」をクリック

  • (図2)「塗りつぶし(図またはテクスチャ)」にチェックを入れて「ファイル」ボタンをクリックします

  • (図3)背景画像を選択して「挿入」ボタンをクリックします

透明度を調整して、文字を見やすくする

  • 「背景の書式設定」ウィンドウで「透明度」を指定
  • 「すべてに適用」ボタンを押すと全スライドに反映

続いて「背景の書式設定」ウィンドウの「透明度」欄のスライダをドラッグして透明度を調整します(図4)。画像によっては透明度を高くしないとスライドの文字が見づらくなってしまいますので、画面で確認しながら調整していきましょう(図5)。調整できたら「背景の書式設定」ウィンドウにある「すべてに適用」ボタンをクリックして(図6)、すべてのスライドに背景画像を設定します(図7)。

  • (図4)「透明度」のスライダをドラッグします

  • (図5)スライドの内容が見やすいように透明度を調整します

  • (図6)「すべてに適用」ボタンをクリックします

  • (図7)すべてのスライドに背景が設定されました

ロゴを挿入する

会社のロゴをすべてのスライドの同じ位置に配置したくなるケースも多いはずです。そんなときは「スライドマスター」を活用すると便利です。

  • 「表示」タブから「スライドマスター」を選択
  • 「挿入」タブに切り替えて、ロゴの画像ファイルを指定
  • 標準表示に戻して、全スライドにロゴが配置されたことを確認

まずは、PowerPoint 2016の「表示」タブを選択して、リボンにある「スライドマスター」アイコンをクリックしましょう(図8)。画面左のスライド一覧の一番上にあるのが「スライドマスター」ですので、これを選択(図9)。「挿入」タブに切り替えて「画像」アイコンをクリックします(図10)。「図の挿入」画面で会社ロゴなどの画像を選択して「挿入」ボタンをクリックすると(図11)、スライドマスター上に挿入されます(図12)。

ロゴの位置やサイズを調整したら、「表示」タブの「標準」アイコンをクリックして、標準の画面表示に戻します(図13)。すべてのスライドの同じ位置に会社のロゴが配置されていることを確認しましょう(図14)。なお、テンプレートを利用している場合、ベースのテンプレートによってはタイトルページには反映されない場合もあります。

  • (図8)「表示」タブのリボンにある「スライドマスター」をクリック

  • (図9)「スライドマスター」タブが選択された状態になるので、画面左のスライド一覧から一番上のスライドをクリックします

  • (図10)「挿入」タブの「画像」アイコンをクリックします

  • (図11)画像を選択して「挿入」ボタンをクリック

  • (図12)スライドマスターに画像が挿入されます

  • (図13)位置やサイズを調整したら「表示」タブの「標準」アイコンをクリック

  • (図14)すべてのスライドに画像(会社ロゴ)が配置されました