いつも見慣れたiPhoneのホーム画面。その上や横に"隠れた画面"があるのをご存知ですか? iPhoneの使いこなし度がアップする、小技の効いた機能が入ってますよ。今回はホーム画面の上、または下から出てくる「コントロールセンター」をご紹介します。

コントロールセンターには画面の明るさや音量、Wi-Fi接続、おやすみモードなど、iPhone本体の状態を操作するためのボタンが並んでいます。また、カメラ・計算機・画面収録といった機能をすぐに使えるボタンを置いておくこともできます。お好みに合わせてカスタマイズして活用しましょう。

コントロールセンターを表示させる方法

コントロールセンターは、iPhone X・XSなどFace ID搭載の機種なら右上から下へスワイプ。Touch ID搭載の機種なら下から上にスワイプすると表示されます。

  • Face ID搭載機種は右上から下に、Touch ID搭載機種は下から上にスワイプするとコントロールセンターが表示されます。ボタンのない部分をタップすると隠れます

コントロールセンターの使い方

コントロールセンターにある各種の機能を使ってみましょう。

コントロールセンターに配置された機能

  • コントロールセンターの主な機能

1)通信関係の機能がまとめられています。
2)オーディオコントロール。ミュージック、Podcastなど再生中のオーディオを操作します。
3)回転ロック。画面の縦横回転をロック/ロック解除します。
4)おやすみモード。iPhoneのおやすみモードを開始/解除します。
5)画面ミラーリング。Apple TVを通して大きなディスプレイに画面を映します。
6)明るさ。画面の明るさを変更します。
7)音量。本体の音量を変更します。
8)カスタマイズ可能な領域。ボタンの追加・削除・移動が可能です。

一部の機能について詳しくご紹介します。

通信関係:Wi-FiとBluetooth

Wi-FiやBluetoothをオン/オフします。この場合、現在接続中のネットワークや機器への接続を中断する「未接続」の状態になります。場所を移動したり時間が経過すると自動的に再接続されます。

  • コントロールセンターを開き、Wi-FiやBluetoothのボタンをタップするとオン/オフの切り替えができます

通信関係:機内モード

電波を使わない状態にします。上記の「未接続」ではなく、完全に通信できない状態にする際にはこちらを使用しましょう。機内モードをオンにしている間にWi-FiとBluetoothをオンにすることもできます。この場合、機内モード中にオフに切り替えない限り、機内モードを次回使う際にオンになります(最後に使った状態が維持されます)。

  • 飛行機の離着陸時など、通信を完全にオフにする場合に使用します

通信関係:AirDrop

写真やドキュメント、連絡先などさまざまな情報を手軽にやり取りできるAirDrop。便利な機能ではありますが、知らない人から不快な写真を送りつけられたりする「AirDropテロ」を防ぐには、オフにするか「連絡先のみ」に設定しておきましょう。

  • 通信関係の枠を長押し(または強押し)→AirDropをタップ→受信可能な相手を設定します

オーディオコントロール

オーディオの出力先候補が複数ある場合、右上のボタンをタップして出力先を変更できます。

  • 右上の三角と丸のボタンをタップ→オーディオの出力先を変更

おやすみモード

おやすみモードは、iPhoneがスリープ中に通知や着信の音・振動を停止します。長押し(または強押し)すると自動解除のタイミングを設定できます。

  • ボタンをタップしておやすみモードを開始。この場合は手動で解除します。長押し(強押し)すると自動解除のタイミングを指定できます

コントロールセンターをカスタマイズする方法

コントロールセンターは一部のボタンを追加・削除・移動することができます。下記の方法でよく使う機能を選択してカスタマイズしてみましょう。

  • 「設定」→「コントロールセンター」を開く

  • 「コントロールをカスタマイズ」をタップ→追加したい機能の「+」をタップします。また、削除したい機能は「ー」→「削除」を選択。右側の3本線を長押し→上下移動で順序を移動できます

カスタマイズで利用できる機能の種類

ここに配置できる機能には下記のようなものがあります。★印のあるものは、長押し(または強押し)でサブメニューを利用できます。