Amazonの配達時間は何時から何時まで?

Amazonには配達日時を指定できる「お届け日時指定便」というサービスがあり、8時から21時まで5つの時間帯を選択できます。このことから、Amazonの通常配送も同じく朝の8時から夜の21時まで活動していると考えてよいでしょう。筆者や編集担当者の経験からも8時から21時の間に届くケースがほとんどです。

  • Amazon「お届け日時指定便」、プライム会員の場合

    Amazonの「お届け日時指定便」では5種類の時間帯から配達時間を指定できます

Amazonの「お届け日時指定便」とは

Amazonの「お届け日時指定便」についてさらに説明します。お届け日時指定便はすべての商品を対象としたサービスではなく、注文時の配送オプションに「お届け日時指定便」の選択肢が提示される商品に限られます。

プライム会員は無料で利用できますが、非プライム会員(通常会員)は注文金額が2,000円以上の場合でも有料となり、届け先が本州・四国(離島を除く)の場合は510円、北海道・九州の場合は550円の配送料がかかります(一部のメール便対象商品は200円、当日お届け日時指定便は610円)。

  • Amazon「お届け日時指定便」、非プライム会員の場合

    配送オプションに「お届け日時指定便」が表示されれば、配達日時の指定が可能です。この画面は非プライム会員(通常会員)の場合です

また、以下の場合はお届け日時指定便を利用できません。

  • コンビニ、ATM、ネットバンキング、電子マネー払いを利用する場合
  • 受取スポットを利用する場合
  • Amazon定期おトク便の注文の場合
  • 対象商品と対象外商品を同時に注文する場合(プライム会員を除く)
  • 配達先が沖縄や離島など対象外地域の場合

「お届け日時指定便」の使い方

Amazonで「お届け日時指定便」を利用する方法を説明します。スマホのAmazonアプリで手順を紹介した後、PCの場合を補足します。

  • Amazonの「お届け日時指定便」の使い方1

    【1】商品をカートに入れてレジに進みます

  • Amazonの「お届け日時指定便」の使い方2

    【2】「注文の確定」ページを下方にスクロールして、「配送オプションをさらに表示」をタップします

  • Amazonの「お届け日時指定便」の使い方3

    【3】「お届け日時指定便」をチェックして、配達日と時間帯を選びます。あとは「次に進む」ボタンから注文を確定させればOKです

  • Amazonの「お届け日時指定便」の使い方、PC編

    【PCの場合】PC(Webブラウザ)ではレジに進み、配送オプションの「お届け日時指定便」にチェックを入れて、「配達時間を変更」ボタンから日時を指定します

「お届け日時指定便」以外の受け取り方法

「お届け日時指定便」でも商品を受け取れるタイミングがないときは、受け取り方法を「置き配」に指定すれば不在時でも届きます。そのほか、「コンビニ受け取り」や「Amazon Hub ロッカー」を利用する手もあります。

  • 「注文の確定」ページを「お届け先住所」の欄までスクロール。置き配は①「配送指示」から、コンビニ受け取りやAmazon Hub ロッカーは②「住所の近くで受け取る」から指定します

【関連記事】
・Amazonの受け取りを「置き配」にする方法 - 盗難リスクや補償は?

・Amazon「コンビニ受け取り」の利用方法 - 手数料はかかる?

Amazonの配達にかかる日数の目安

この記事ではAmazonの「配達時間」にフォーカスしてきましたが、注文から商品到着までにかかる「配達日数」はどうでしょうか。Amazonのヘルプセンターでは

お届けには、離島など一部の地域を除き、通常、商品を発送してから1-4日かかります。

このように説明されていますが、筆者と編集部で調べたところ、東京都内や関東近郊では概ね以下のように配達日数が提示されます(Amazonマーケットプレイスの商品は調査対象外)。

  • 通常配送:注文日の2~3日後
  • お急ぎ便:注文日の当日~翌日
  • お届け日時指定便:注文日の2日後以降
  • Amazon、「当日お急ぎ便」のオプション選択画面

    午前中の早い時間に注文すれば「当日お急ぎ便」のオプションを選べる場合があります

まとめ

届いた荷物に対し、毎回再配達を依頼するのは自身はもちろん配達業者にも負担が掛かってしまうもの。お届け日時指定便のほか、置き配やコンビニ受け取りなどを活用することで、「荷物がなかなか受け取れない」というストレスに悩まされずに済みます。

※この記事ではAmazon.co.jpをAmazonと呼称しています。