Twitterには特定の相手だけとメッセージを交換できるDM(ダイレクトメッセージ)機能が用意されています。この記事では、DMの送り方や DMを送信できるアカウントの条件、DMを送れないトラブルの原因などを解説していきます。

TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)とは?

Twitterといえば、ツイートをオープンに投稿する使い方が主流ですが、DM(ダイレクトメッセージ)を使えば、非公開でメッセージをやり取りできます。メッセージを閲覧・投稿できるのは、自分と相手だけに限られ、他のアカウントにやり取りを見られる心配はありません。

DMには静止画や動画ファイルを添付することも可能です。また、通常のツイートでは文字数が全角140文字・半角280文字までに制限されていますが、DMではなんと最大1万文字の長文メッセージを送受信できます。

TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)の送り方

自分から相手に向けてDM送る方法を紹介します。自分からDMを送信できるアカウントのプロフィール画面にはDMボタン(封筒のアイコン)が表示されています。今回は手順の説明にiPhone版のTwitter公式アプリを使用していますが、Android版のアプリでも、ブラウザ版(PC版)のTwitterでも同様です。

  • TwitterアプリからDMを送る方法(iPhone/Android向け)1

    【1】DMを送りたい相手のプロフィールページを開き、DMボタン(封筒のアイコン)をタップします

  • TwitterアプリからDMを送る方法(iPhone/Android向け)2

    【2】①メッセージを入力し、②送信ボタンをタップします。画像添付ボタンから写真や動画を追加することも可能です

パソコンでメッセージ文を改行する方法

ブラウザ版(PC版)のTwitterでメッセージ文を改行する際は、「Shift」キーを押しながら「Enter」キーを同時に押しましょう。「Enter」キーを単独で押すと、改行されずに送信されてしまいます。

DM(ダイレクトメッセージ)の送受信が可能となる条件

TwitterのDMは、どんな相手アカウントにも送り届けられる仕様ではありません。かつては自分と相手が相互フォローの関係にならなければ、DMの送受信は不可能でした。しかし、現在はルールが緩和され、下記3種類のアカウントに向けてDMを送信できるように変わっています。

  • 自分をフォローしているアカウント、つまりフォロワー
  • すべてのDMを受信許可しているアカウント
  • 過去にDMをやり取りしたことがあるアカウント

DMを受信したアカウントが返信することで、相互フォローの関係になくても、互いにメッセージの交換が可能となります。

  • TwitterでDMを送信可能なアカウント
  • TwitterでDMを送信できないアカウント
  • 左右ともに自分がフォローしているアカウントのプロフィール画面ですが、左は「フォローされています」の表示とDMボタンがあります。右は相手から自分がフォローされていないため、DMボタンがありません

  • Twitter、「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」をオン

    Twitterのメニューから「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」と進んだ画面です。「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可する」をオンにすると、自分のフォロワー以外からのDMもメッセージリクエストとして受信する設定となります

TwitterのDMをフォロワー以外の人に送るには?

DMの送信が可能となる条件は、「自分が相手をフォロー」することではなく、「相手が自分をフォロー」することです。これまで交流のない相手にDMを送るには、一時的に自分のアカウントをフォローしてもらうよう、リプライやメンションで丁寧に依頼しましょう。あくまで相手の好意に頼る形になりますので断られても、フォローを強制したり、逆恨みをしてはいけません。

相手が「すべてのアカウントからのメッセージリクエストを許可」していれば、いきなりDMを送っても届きますが、あまり一般的な設定ではなく稀なケースだと思うべきでしょう。

  • Twitter、DMを送信可能にするための依頼例

    フォロー関係にない相手アカウントにDMでのやり取りを依頼した例です

次のページでは、TwitterDMのトラブル解決法と応用的な使い方を紹介します。