TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)機能を使うとき、相手がDMをちゃんと読んでくれたか気になる場合がありますよね。この記事では、TwitterでDMの既読を確認する方法と、その逆に既読をつけずに読む方法を解説します。

TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)とは?

TwitterのDMは、外部には非公開で相手とメッセージを交換できる機能です。DMを送れる相手は、基本的に自分をフォローしているアカウントとなります。ただし、過去にDMを送信したことがある相手や、すべてのアカウントからDMを受信するよう設定している相手には、フォロー関係になくてもDMを送ることができます。

TwitterのDMには既読通知機能があり、メッセージを表示したことが相手に自動的に伝わります。この既読通知機能は標準設定(デフォルト)でオンになっていますが、オフに変更することも可能です。

TwitterのDMで「既読」を確認する方法

Twitter DMの「既読」はメッセージの下に表示されるチェックマークによってわかります。チェックマークが灰色の場合は未読、青色に変わると既読です

  • TwitterのDMの「既読」を確認する方法1

    【1】メッセージを送った相手が未読のとき、チェックマークは灰色です

  • TwitterのDMの「既読」を確認する方法2

    【2】相手がメッセージを開くと、チェックマークが青色に変化します

「メッセージリクエスト」の場合

自分がフォローしていないフォロワーからの初回DMは、「メッセージリクエスト」という形で届きます。この段階では、リクエスト自体を読んでも既読はつきません。

  • 「メッセージリクエスト」の場合、受信側

    【リクエスト受信側の画面】受信したメッセージリクエストを開いて確認しました

  • 「メッセージリクエスト」の場合、送信側

    【リクエスト送信側の画面】送信したメッセージリクエストのチェックマークは既読の状態に変化しませんでした

TwitterのDMを「既読」を付けずに読む方法

Twitter DMの「既読通知」機能はデフォルト設定ではオンの状態です。DMに「既読」をつけず、メッセージを読んだことを相手に知られないようにするには「既読通知」機能をオフに設定変更する必要があります。以下、スマホのTwitter公式アプリ、ブラウザ版のTwitterそれぞれの手順を紹介します。

Twitterアプリで「既読通知」をオフにする方法(iPhone/Android)

スマホのTwitter公式アプリで「既読通知」の設定をオフに変更する手順です。手順【3】まではiPhoneとAndroidで共通ですが、手順【4】のみ若干異なります。

  • Twitterアプリで「既読通知」をオフにする方法1

    【1】三本線のメニューボタンをタップします

  • Twitterアプリで「既読通知」をオフにする方法2

    【2】「設定とプライバシー」をタップします

  • Twitterアプリで「既読通知」をオフにする方法3

    【3】「プライバシーとセキュリティ」をタップします

  • Twitterアプリで「既読通知」をオフにする方法4

    【4】「ダイレクトメッセージ」欄の「既読通知を表示」のスライドボタンをタップしてオフにして設定完了です。Androidでは「ダイレクトメッセージ」のページに進んでからスライドボタンをオフにします

ブラウザ版Twitterで「既読通知」をオフにする方法(PC)

PCでブラウザ版のTwitterから、「既読通知」の設定をオフに変更する手順です。

  • ブラウザ版Twitterで「既読通知」をオフにする方法(PC)1

    【1】画面左側の①「もっと見る」をクリックして、②「設定とプライバシー」→③「プライバシーとセキュリティ」→④「ダイレクトメッセージ」の順に進みます

  • ブラウザ版Twitterで「既読通知」をオフにする方法(PC)2

    【2】「既読通知を表示」のチェックマークをオフにして設定完了です

検証「既読通知をオフ」にするとDMの表示はどうなる?

「既読通知」をオフに設定変更すると、本当にDM画面で既読の状態にならず、未読のままとなるでしょうか。以下の方法で実際に検証しました。

  1. 既読通知をオフに設定している相手のアカウント(研究班B)に向けて、自分のアカウントからDMを送信
  2. 相手のアカウントがDMを読んで返信
  3. 自分のアカウントから送信した「1」のDMが既読になるか、未読のままかを確認
  • 検証「既読通知をオフ」した際のDM表示

    【送信側の画面】DMを送信した自分のアカウントの画面です。既読通知オフの相手に送った①のDMに返信が届きましたが(読んだ証拠)、①のチェックマークは既読の青に変化せず、未読のグレーのままです

なお、既読通知をオフに設定変更する以前にやり取りした「過去のDM」も未読状態に変わることが確認できました。設定変更前は既読の状態でも、設定変更後に未読に変化するというわけです。

まとめ

TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)機能における「既読」について解説してきました。「既読」は相手が自分のメッセージを見てくれたかどうかわかる便利な機能ですが、「既読をつけたらすぐに返信しなきゃいけない」という思いにとらわれがちです。DMの既読通知に煩わしさを感じたら、オフに設定変更することを検討するとよいでしょう。