歴代iPhoneサイズ比較表

iPhoneの本体サイズや重さ、画面サイズは? 最新のiPhone 13シリーズをはじめ、iOS 14.8が動作する現役モデルを発売年が新しい順番に一覧表にまとめました。

  • iPhone 13、iPhone 13 Proと旧モデルのサイズ比較

    最新のiPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 13 miniとiPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 11、iPhone SEの比較。日本時間9月15日に開催されたApple Eventのビデオからキャプチャした画像です

iPhone 13シリーズとiPhone 12シリーズの本体サイズの違いは厚さのみです。iPhone 12シリーズの7.4mmに対して、iPhone 13シリーズでは7.65mmとなりました。iPhone 13シリーズは重さも9~16g増えています。

下の写真は、Apple公式サイトのiPhone 12のページに掲載されていたもの。正面から見た幅と高さは、iPhone 13シリーズ、iPhone 12シリーズとも同じ数値です。iPhone 6以降の全モデルを一気に比較できるので、併せて参考にしてください。

  • 歴代iPhoneのサイズ比較

    4.7インチから6.7インチまで、iPhone 6~iPhone 12シリーズ全モデルのサイズ感を確認できます

モデル名 高さ 厚さ 重さ 画面サイズ
iPhone 13 Pro Max 160.8mm 78.1mm 7.65mm 238g 6.7インチ
iPhone 13 Pro 146.7mm 71.5mm 7.65mm 203g 6.1インチ
iPhone 13 146.7mm 71.5mm 7.65mm 173g 6.1インチ
iPhone 13 mini 131.5mm 64.2mm 7.65mm 140g 5.4インチ
iPhone 12 Pro Max 160.8mm 78.1mm 7.4mm 226g 6.7インチ
iPhone 12 Pro 146.7mm 71.5mm 7.4mm 187g 6.1インチ
iPhone 12 146.7mm 71.5mm 7.4mm 162g 6.1インチ
iPhone 12 mini 131.5mm 64.2mm 7.4mm 133g 5.4インチ
iPhone 11 Pro Max 158.0mm 77.8mm 8.1mm 226g 6.5インチ
iPhone 11 Pro 144.0mm 71.4mm 8.1mm 188g 5.8インチ
iPhone 11 150.9mm 75.7mm 8.3mm 194g 6.1インチ
iPhone SE
(第2世代)
138.4mm 67.3mm 7.3mm 148g 4.7インチ
iPhone XS Max 157.5mm 77.4mm 7.7mm 208g 6.5インチ
iPhone XS 143.6mm 70.9mm 7.7mm 177g 5.8インチ
iPhone XR 150.9mm 75.7mm 8.3mm 194g 6.1インチ
iPhone X 143.6mm 70.9mm 7.7mm 174g 5.8インチ
iPhone 8 Plus 158.4mm 78.1mm 7.5mm 202g 5.5インチ
iPhone 8 138.4mm 67.3mm 7.3mm 148g 4.7インチ
iPhone 7 Plus 158.2mm 77.9mm 6.3mm 188g 5.5インチ
iPhone 7 138.3mm 67.1mm 7.1mm 138g 4.7インチ
iPhone 7 Plus 158.2mm 77.9mm 6.3mm 188g 5.5インチ
iPhone 7 138.3mm 67.1mm 7.1mm 138g 4.7インチ
iPhone SE
(第1世代)
123.8mm 58.6mm 7.6mm 113g 4インチ
iPhone6s Plus 158.2mm 77.9mm 7.3mm 192g 5.5インチ
iPhone6s 138.3mm 67.1mm 7.1mm 143g 4.7インチ

歴代iPhoneのバッテリー容量や駆動時間の比較は、下記の関連記事をご参照ください。

【関連記事】
歴代iPhoneのバッテリー容量・駆動時間を比較 - SoCや画面も影響

歴代iPhoneのサイズと特徴を振り返る

ここからは、2021年9月に発表されたiPhone 13シリーズの紹介に加えて、歴代iPhoneの特徴についてサイズだけではなく機能面も含めて振り返ります。

2021年:iPhone 13シリーズ

  • iPhone 13シリーズのサイズ比較

    2021年発売 iPhone 13シリーズ 4モデル

iPhone 13シリーズは、iPhone 12シリーズのデザインをほぼ踏襲しながら、全般的に機能がアップデートされました。カメラ性能は同じ12MPですが、イメージセンサーを大型化したことで、画素一つひとつの受光量が増加。暗い場所でもノイズのより少ない鮮明な写真を撮影できます。

動画撮影機能には、新たに「シネマティックモード」を搭載。映画撮影の技法を学習したAIが自動で被写体の動きにピントを合わせたり、目線に応じた「ピント送り」を再現。撮影後にピント位置を変えることも可能です。

また、バッテリー性能も向上して歴代iPhone最長の駆動時間に。iPhone12シリーズに比べてiPhone 13と13 Pro Maxは2.5時間、13 miniと13 Proは1.5時間延長されています。本体の幅や高さ12シリーズと同じですが、厚みと重さがわずかに増加しています。

2020年:iPhone 12シリーズ

  • iPhone 12シリーズのサイズ比較

    2020年発売 iPhone 12シリーズ 4モデル

iPhone 12シリーズは、iPhoneシリーズとして初めて5G通信に対応。また、側面がフラットなフォルムになったのはiPhone 5s以来のことです。磁石でアクセサリを吸着できる「MagSafe」を初めて搭載し、対応の充電器やカードウォレットなども登場しました。フットプリント(接地面積)はiPhone 11シリーズとあまり変わりませんが、側面がラウンドフォルムの11シリーズと比べると、手にした際に指の届く範囲が少し狭くなります。

iPhone 12 Pro Maxの画面サイズ6.7インチは、iPhone 11 Pro Max(6.5インチ)を超えて歴代iPhoneの中で最大サイズです。また、小型ボディの「mini」モデルが初登場。iPhone SE(第2世代)よりも小さなボディに、より大きな画面を搭載しています。

2019年:iPhone 11シリーズ/iPhone SE(第2世代)

  • iPhone 11シリーズ/iPhone SE(第2世代)のサイズ比較

    2019年発売 iPhone 11シリーズ 3モデル/iPhone SE(第2世代)

iPhone 11シリーズでは、トリプルカメラを搭載した「Pro」モデルが初登場。望遠レンズが使えるようになったことで、カメラの表現力がアップしました。その分重さが増え、iPhone 11 Pro Maxはそれまで最も重かったiPhone XS Maxの208gを大きく塗り替える226gとなりました。

iPhone 11 Pro Maxはこの他、OLED搭載、ステンレスボディ、渋めのカラーで玄人路線を演出。一方のiPhone 11は、デュアルカメラ、LCD搭載で価格を抑え、カラーも明るく柔らかな6色をラインアップ。フレンドリーさを演出するスタンダードモデルでした。iPhone 11は、iPhone 12シリーズ発売以降もApple公式サイトで継続販売されています。

2018年:iPhone XSシリーズ/iPhone XR

  • iPhone XSシリーズ/XRのサイズ比較

    2018年発売 iPhone XSシリーズ 2モデル/iPhone XR

Face IDが搭載されてから2世代目のiPhone XSシリーズ。それまでの「Plus」モデルを超える6.5インチの「Max」モデルが初めて登場しました。また、iPhoneシリーズとして初めて容量512GBモデルがラインアップされました。その他のスペックはXシリーズからのマイナーアップデートに留まりました。

iPhone XRは、LCD(液晶ディスプレイ)、シングルカメラ搭載で、XSよりも価格を抑えたスタンダードモデル。iPhone 12シリーズ発売以降も、Apple公式サイトで継続販売されています。

2017年:iPhone 8シリーズ/iPhone X

  • iPhone 8シリーズ/iPhone Xのサイズ比較

    2017年発売 iPhone 8シリーズ 2モデル/iPhone X

iPhone史上初のFace ID搭載モデルとなるiPhone Xが登場。ホームボタンが廃止され、イン側カメラを上部のノッチ(切り欠き)に収めることで、これまで以上の大画面を実現しました。また、OLED(有機ELディスプレイ)が初めて搭載されたのもiPhone Xでした。

同時に発表されたiPhone 8から、「9」をスキップして「X(テン)」と名付けられ、世代の転換が示されました。これ以降、iPhone SE(第2世代)を除いてTouch IDモデルは発表されていません。

そのiPhone 8は、初めてNeural Engineを搭載した「A11 Bionic」チップ搭載し、処理能力はiPhone Xと同等のスペックを備えていましたが、あまり注目されることはありませんでした。

2016年:iPhone 7シリーズ

  • iPhone 7シリーズのサイズ比較

    2016年発売 iPhone 7シリーズ 2モデル

日本国内で初めてApple Payを使用できるようになったのがiPhone 7シリーズでした。また、iPhoneシリーズとして初めて耐水性能に対応しました。

前モデルのiPhone 6sと比べると、サイズは同じですが軽量化され、チップ性能、ディスプレイ性能、バッテリー性能などが向上しています。最新版のiOS 14.5にも対応し、iPhone 6sシリーズやiPhone SE(第1世代)ともども、ギリギリ現役で使用できるモデルとなっています(記事執筆時点)。