既報の通り、11月6日19時よりRyzen 5000シリーズ4製品が発売となる。正直ハイエンドのRyzen 9 5950Xは10万超えるかなと思っていたので、意外に頑張った印象である(換算レートは概ね120円/ドル前後)。

さてそのRyzen 5000シリーズであるが、今回評価用として借用できたのは、Ryzen 7 5800XとRyzen 9 5900Xの2製品のみであった。残念ながらハイエンドのRyzen 9 5950Xと、エントリ向けのRyzen 5 3600Xは後送りになってしまったが、まずはこの2製品について性能がどんなものか、をお届けしたい。

今回の評価キット

キット、といっても単にCPUの製品パッケージが2つ送付されてきただけであるが。その製品パッケージ(Photo01~04)はやや黒掛かったシルバー基調に変更になった。

  • Photo01: 「Ryzen 9 5900X」と「Ryzen 7 5800X」の製品パッケージ。色目の変更の他、左下に"5000 Series Processor"の文言も追加された。

    Photo01: 「Ryzen 9 5900X」と「Ryzen 7 5800X」の製品パッケージ。色目の変更の他、左下に"5000 Series Processor"の文言も追加された。

  • Photo02: 奥行は薄型(従来のRyzen 3とかと同じ)に変更。CPUクーラーは同梱されないため。中は単に潰れ防止に×字型に紙が入っているだけ。どうせならもっと小さくてもいいのにと思わなくもない。

  • Photo03: ブリスターパックも幅が狭いものになった。

  • Photo04: まぁOPNとかを見ない限り、見かけは従来のRyzenと同じである(Socket AM4だから当然ではあるが)。

Ryzen 7 5800X(Photo05~08)、Ryzen 9 5900X(Photo09~12)ともに問題なく稼働したが、実は今回利用できるマザーボードがかなり限られていた。以前これでもご紹介したが、Ryzen 5000シリーズの性能をフルに活用するためにはAGESA 1.1.0.0に対応したBIOSが必要であり、評価キットが送られてきた時点で、マザーボード4種類のみがこれに対応した状態だったため、その4種類の何れかを利用する事になっていたためだ。そんなわけで今回はASUSのASUS ROG CROSSHAIR VIII HEROを利用した。昨年こちらの記事でもご紹介したX570のハイエンド機種の一つだ。余談ながら現時点では主要なX570マザーボードはほぼAGESA 1.1.0.0対応BIOSがリリースされているようで、筆者手持ちのASUS TUF GAMING X570-PLUS(BIOS 2607)やASRock X570 Pro4(Version 3.40)などでもちゃんと対応BIOSが用意されている。

  • Photo05: (c) 2020 AMDということで、今年製造であると判る。

  • Photo06: TDPは105W。Revision B0だそうだ。

  • Photo07: L3がunified 32MBになっているのが判る。

  • Photo08: Windowsからも問題なく認識された。

  • Photo09: Ryzen 7 5800Xもそうだが、左下の▽マークは引き続き小さいまま。

  • Photo10: TDPはこちらも105W。

  • Photo11: こちらは当然L3が×2となる。

  • Photo12: やはりWindowsは問題なく認識。

さてテスト環境は表1の通りである。今回はZen 2ベースのRyzen 7 3800XTとRyzen 9 3900XT、それとComet LakeベースのCore i9-10900Kを用意した。マザーボードのグレードをあわせるため、Core i9-10900Kには同じASUSのROG Maximus XII Extreme(こちらのレビューの際に使ったうちの1枚)を用意した。

■表1
CPU Ryzen 7 3800XT
Ryzen 9 3900XT
Ryzen 7 5800X
Ryzen 7 5900X
Core i9-10900K
M/B ASUS ROG CROSSHAIR VIII HERO ASUS ROG Maximus XII Extreme
BIOS Version 2311 Version 0707
Memory CFD W4U3200CM-16G×2
DDR4-3200 CL22 DDR4-2933 CL21
Video GeForce RTX 3080 Founder Edition
GeForce Driver 456.71 WHQL DCH
Storaga Intel SSD 660p 512GB(M.2/PCIe 3.0 x4) (Boot)
WD WD20EARS 2TB(SATA 3.0)(Data)
OS Windows 10 Pro 日本語版 Version 2004 Build 19041.572

なお、以下のグラフでは

3080XT:Ryzen 7 3800XT
3090XT:Ryzen 9 3900XT
5800X:Ryzen 7 5800XT
5900X:Ryzen 9 5900XT
10900K:Core i9-10900K

と表記している。また解像度表記は何時ものごとく

2K:1920×1080pixel
2.5K:2560×1440pixel
3K:3200×1800pixel
4K:3840×2160pixel

とさせていただく。

◆PCMark 10 v2.1.2506(グラフ1~6)

PCMark 10 v2.1.2506
UL Benchmarks
https://benchmarks.ul.com/pcmark10

  • グラフ1

まずはこちらから。Overall(グラフ1)を見る限りRyzen 5000シリーズの圧勝であり、Ryzen 3000シリーズとCore i9-10900Kの両方に少なからぬ差をつけているのがわかる。面白いのはRyzen 9 5900XよりもRyzen 7 5800Xの方が若干ながら性能が上なことである。Ryzen 7 5800Xの方がBase Clockが若干高い事に加え、同じTDP(105W)ながらダイの数が一つ少ない分、より動作周波数を上げやすい、というあたりが関係している様に思える。

  • グラフ2

  • グラフ3

  • グラフ4

  • グラフ5

もう少し子細に見ると、Test Group(グラフ2)でEssentialsのみ差は少ないが、後は概ね大差という感じ。Gamingは後で3DMarkで見るので措いておくとして、そのEssentials(グラフ3)ではAppStartupで差が縮まっている(というか、これはCore i9-10900Kが最高速)のが、差が少ない要因だろうか。Video ConferencingではOpenCL利用という事もあって差が少ないのも関係しているかもしれない。Productivity(グラフ4)では、特にSpreadsheetsで大差が付いているのが特徴的で、Zen 3のIPCが本当に引きあがった事を実感する。これに比べるとDigital Contents Creation(グラフ5)ではまた差が減っているというか、Rendering & VisualizationでまたCore i9-10900Kが迫っているが、これはPOV-Rayのところで説明したい。

  • グラフ6

グラフ6のApplication TestはOffice 365そのものであるが、特にExcelで大幅な性能改善がみられるし、WordとかPowerPointでも明確に性能差がある。Ryzen 5000シリーズの性能改善は確かに確認できたと思う。

◆CineBench R20(グラフ7)

CineBench R20
Maxon
https://www.maxon.net/

  • グラフ7

CineBenchに関して言えば、これが再現できるかを確認したかったのだが、結果はOne Threadの場合で621と、今一つ芳しくない。といっても、Single Threadで600を超えているのは事実であり、Ryzen 3000シリーズは元よりCore i9-10900Kと比較しても十分高いスコアではある。そしてAll Thread場合、Ryzen 7 3800XT→Ryzen 7 5800Xで21%、Ryzen 9 3900XT→Ryzen 9 5900Xでも13%ほどのスコアの伸びがあるのは、やはりIPCの改善によるところと考えて良いかと思う。

◆POV-Ray V3.7.1 Beta9(グラフ8)

POV-Ray V3.7.1 Beta9
Persistence of Vision Raytracer Pty. Ltd
http://www.povray.org/

  • グラフ8

同じくPOV-Rayであるが、こちらも傾向的には似ているとはいえ、Core i9-10900Kが伸びているのがお判りかと思う。特にOne ThreadではRyzen 5000シリーズを上回る性能になっている。実はこれ、ちゃんと理由がある。POV-Ray V3.7.1からはNoise FunctionにAVX命令を利用するようになっているが、Ryzen 3000/5000シリーズの場合は"avx-generic"という扱いであり、一方Core i9-10900Kの場合は"avx2fma3-intel"となっている。要するにCoreシリーズへの最適化が実装されている結果、Core i9-10900Kの性能が伸びるという話で、これが先のPCMark 10におけるRendering & Visualizationでも効いている形だ。ただその最適化があっても、All ThreadだとRyzen 9 3900XT/Ryzen 9 5900Xには及ばない。

ちなみにこちらでもRyzen 3000シリーズと5000シリーズの差は10~18%と大きい。