YouTubeのライブ配信機能を行うアーティストや企業、YouTuberが増えています。

昨今の外出自粛も重なり、オンラインでのイベントや音楽ライブなども盛り上がりを見せており、一度は視聴したことがある方も多いことでしょう。

本記事では、YouTube初心者でも手軽に始められるYouTubeライブ配信のやり方を解説します。

  • YouTubeライブ配信のやり方を解説します

    YouTubeでライブ配信をするには?

YouTubeライブ配信とは? メリット・特徴を解説

YouTubeのライブ配信機能を活用することで、動画配信者は視聴者とリアルタイムでコミュニケーションをとることができます。それに加えて、ライブ配信にはさまざまな楽しみ方・使い方があるので、おさらいしましょう。

YouTubeライブ配信の主な特徴は、以下の通り。

  1. リアルタイムで動画配信ができる
  2. 配信した動画をアーカイブできる
  3. 特別な機材を用意せずに配信できる
  4. 「限定公開」で特定の人に向けて配信できる

以下、順に紹介します。

■1. リアルタイムで動画配信ができる

こちらが一番わかりやすい特徴でしょう。YouTubeという圧倒的にユーザー数の多い動画プラットフォームでライブ配信を行うことで、幅広いファンのリーチ・獲得が期待できます。

先述の通り、ライブ配信を行うことで、配信者と視聴者間でリアルタイムなコミュニケーションをとることができます。配信中はチャット機能を活用することで、動画視聴者とのリアルタイムでコミュニケーションをとることができます。

また、「スーパーチャット(通称スパチャ)」という機能を活用することで、視聴者は、配信者への応援・感謝の意を込めて、お金を送ることができます。より配信者に近い場所で気持ちを伝えられる機能であるほか、配信者も収益を得ることができる、視聴者・配信者双方にとって嬉しい機能です。

■2. 配信した動画をアーカイブできる

リアルタイムで配信した動画は、自分のチャンネルからいつでも視聴できます。もちろん、アーカイブを残さず、あとから視聴できないよう設定することも可能です。

例えば、自身が開催したイベントの配信をアーカイブしておくと、「普段、どのようなイベントを行っているか知ってもらえる」「配信を見逃してしまった方でもあとから見返せる」といったメリットがあります。

■3. 特別な機材を用意せずに配信できる

YouTubeチャンネルを開設して配信準備を済ませたら、あとはPCかスマホさえあれば、無料でライブ配信を始められます。

もちろん、本格的にライブ配信を行いたい方は、ビデオカメラやマイクなどを用意したり、エンコーダソフト・デバイスを用意して、ゲーム画面を共有したりすることで、コンテンツの質を高めることも可能です。

■4. 「限定公開」で特定の人に向けて配信できる

ライブ配信を一部の人にだけ視聴してもらえる「限定公開」を使うと、「知らない人には見られたくない」という方でもクローズドな場所で動画配信できます。

PCでYouTubeライブ配信を開始する方法

YouTubeを始めたばかりという方は、まずはPCでライブ配信を行うことをおすすめします。後述しますが、スマホでのライブ配信には「チャンネル登録者数が1,000人以上であるときに使用可能」などの制限があるためです。

PCでYouTubeライブ配信を行うまでの一連の流れは以下の通り。

  1. Youtubeチャンネルを開設する
  2. Youtube Studioで「ライブストリーミング」を有効化する
  3. ビデオアイコンから「ライブ配信を開始」をクリック
  4. 詳細情報を入力し、再度「ライブ配信を開始」をクリック

以下、順を追って説明します。

YouTubeチャンネルを開設していない場合、まずはGoogleアカウントでYouTubeにログインし、右上のアイコンをタップして「チャンネルを作成」を選びます。

  • 操作画面イメージ

    操作画面イメージ

任意のチャンネル名を入力し、注意事項に同意したうえで「作成」をタップします。以上でチャンネル開設の作業は完了です。なおこの際、画面では「プロフィール写真」や「チャンネルの説明」を設定できますが、急いでいる場合にはあとで設定することも可能です。

  • 操作画面イメージ

    操作画面イメージ

次に、配信するための設定を行います。右上のアイコンの「YouTube Studio」か「作成」をタップしてください。ここで、まだ「アカウントの確認」が済んでいない場合、音声電話またはSMSでの認証手続きが表示されますので、案内に沿って手続きをしましょう。

  • 操作画面イメージ

    操作画面イメージ

なお、ライブ配信を行えるのは、上記の手続き(アカウントの確認)後、24時間以上経過したチャンネルのみとなります。ライブ配信を行う前に、上記までの手続きを終わらせておきましょう。

認証が済んだアカウントを用意したら、右上のビデオアイコンから「ライブ配信を開始」を選びます。

  • 操作画面イメージ

    操作画面イメージ

すぐに配信を始める場合は「今すぐ」、指定した時間に始めたい場合は「後で」を選択します。その後、「タイトル」「公開範囲」「説明」「サムネイル画像」などの詳細を設定していきます。

最後に「ライブ配信を開始」をタップすると、配信が始まります。

スマホでYouTubeライブ配信を開始する方法

スマホでYouTubeライブ配信をする際には、「チャンネル登録者数が1000人以上であること」という条件が追加されます。なお、この条件に満たない場合にもPCであれば配信を行うことができます。

操作方法は基本的に、PCと同様の手順です。まずはスマホでYouTubeアプリを開き、画面右上のビデオアイコンから「ライブ配信を開始」をタップします。

画面の指示に沿ってライブ配信の基本情報を入力して最後に「ライブ配信を開始」をタップしたら、配信が始まります。

  • スマホかPCか、用途に応じて使い分けてライブ配信を楽しみましょう

    スマホかPCか、用途に応じて使い分けてライブ配信を楽しみましょう

誰でも簡単にYouTubeライブ配信を始められます

リアルイベントが行えない時や、十分に編集した動画をすぐに用意できないときなどに、YouTubeライブ配信は視聴者を楽しませる1つの有効な手段となります。

通常の動画投稿よりも視聴者との密なコミュニケーションをとれることもあり、YouTubeで人気を集めたいとき、より視聴者との関係値を深めたいときなどにも有効です。

自身のコンテンツに合わせて、ぜひYouTubeライブ配信を有効活用してみてください。