米中の政治摩擦に端を発した制裁で苦境に立たされるHUAWEIが、スマートフォン以外の新製品を発表しました。近年のHUAWEIは、9月上旬にドイツで開催されるコンシューマーエレクトロニクスショー「IFA」に合わせてスマートフォン向けの新SoCを発表し、それを搭載したスマートフォンを秋に発表……というのが通例でした。現状、制裁の影響でSoCの新規開発が滞っているせいか、製品発表のコーナーでは新しいスマートフォンに関する情報はありませんでした。

  • 発表された製品群。スマートフォン自体の発表はありませんでした

新型コロナウイルスの影響を受けてのオンライン発表会で、ノートPC、スマートウォッチ、ワイヤレスイヤホンの3種6製品が発表されました。「Seamless AI Life Product」と銘打っての発表会で、AIを活用したシームレスな連携をアピールする製品群です。発表会に登壇したのは、今回もConsumer Business GroupのCEOであるRichard Yu氏でした。

  • オンライン発表会に登場したRichard Yu氏

HUAWEIはこれまでも、スマートフォンとIoT製品を中心とした「1+8+N」戦略を打ち出してきました。「1」はスマートフォンを意味し、ユーザーに最も近い場所で戦略の入り口となるものです。「8」は同社が手がける8種類の製品。PC、タブレット、スマートTV、スマートウォッチなどのウェアラブル製品、Bluetoothヘッドホンといった製品です。スマートフォンと合わせてこの9種類をHUAWEIは開発していますが、加えてパートナーが開発する多くのIoT製品群が「N」です。

こうした製品群をシームレスに連携させ、ユーザーの生活をより良くしてくというのがHUAWEIの戦略です。今回の新製品はこの「8」に属する製品群の一部となります。

ワイヤレスイヤホン

最初の発表はワイヤレスイヤホン。まずは完全ワイヤレスイヤホンとして「FreeBuds Pro」です。プロというネーミングの通り、最上位モデルに位置づけられます。「Iconic Cubicデザイン」による、曲面と直線を組み合わせた特徴的でコンパクトなデザインです。耳にフィットする自然なカーブを描き、イヤーチップは3種類を同梱するため、多くの人の耳にマッチするとしています。スマホアプリを使うことで、耳へのフィット状態を確認できるようになっているそうです。本体カラーはシルバーフォレスト、カーボンブラック、セラミックホワイトの3種類。

  • 完全ワイヤレスイヤホンの「FreeBuds Pro」

  • 耳にフィットしているかどうかをアプリで確認できるようです

音質も重視しています。11mmのダイナミック型ドライバーを採用し、ダイナミックイコライザーで没入感のあるサウンドを実現しているそうです。ウィンドノイズを減らすデュアルアンチウィンドノイズ機能によって、外出時でも音声通話がクリアに行えるとしています。3つのマイクを内蔵するほか、音声を確実に認識するという骨伝導センサーも搭載しました。

  • 3つのマイクで屋外でも高音質での音声通話が可能

ANC(アクティブノイズキャンセリング)も備えています。2つのマイクで周囲の騒音を削減するANCは、「業界で最高性能のノイズキャンセリングを提供する」とYu氏は強調します。このANCと、環境騒音を検出する機能を組み合わせた「ダイナミックノイズキャンセリング」を実装しました。

  • 高いANC性能を実現

  • AIによるアルゴリズムを併用して、高いノイズキャンセリングを実現するダイナミックノイズキャンセリング

それぞれのマイクと赤外線センサー、加速度センサーを使ったハイブリッド音響センシングシステムにAIのアルゴリズムを組み合わせ、リアルタイムに環境ノイズを認識。静かな場所、屋外、飛行機など騒音の大きい場所……といったシナリオに応じて、自動的にモードを切り替えてノイズキャンセリングをしてくれます。

  • バッテリー駆動時間

密閉式のイヤホンは圧迫感が大きくなることもありますが、空気の通り道を確保して快適に装着できるモードも搭載。2つのマイクで周囲の音も取り込めるそうです。通常の会話をしているときも、マイクが人の声を増幅してくれるため、騒音下でもクリアに会話できるとしています。

2つのアンテナを内蔵したことで接続性も改善。干渉も抑えて音が途切れにくくなりました。スマホとPCなど2つのデバイスにペアリングできるため、シームレスにデバイスを切り替えられます。Mac、Windows、iOS、Androidをサポートし、例えばタブレットに接続して動画を観ているときにスマホに着信があったら、FreeBuds Proに触れるだけでスマホへと接続を切り替えて着信に応答する……ということができるようです。発売はグローバルで10月。価格は199ユーロになります。

  • 完全ワイヤレスイヤホン「FreeBuds Pro」の主な特徴

同時に、首かけ式のワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeLace Pro」も発表。「究極のノイズキャンセリング」(Yu氏)を備えたとし、14mmの大型化したダイナミックドライバーなどを搭載して音質を改善。最大40dBの効果があるというANC機能を持っています。

  • 3色のカラーバリエーションが用意されたFreeLace Pro

  • 大型のドライバーを搭載するなどして高音質化

3マイクによるクリアな音声とAIによる音量調整、24時間のバッテリー駆動、5分の充電で5時間駆動する急速充電といった機能を備え、発売はグローバルで9月、価格は119ユーロとなっています。

  • 首かけ式ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeLace Pro」主な特徴

スマートウォッチ

スマートウォッチでは、2019年登場の「HUAWEI Watch GT 2」が2週間というバッテリー駆動時間の長さなどで人気でした。今回は「HUAWEI GT 2 Pro」を発表。サファイアガラス、チタニウム外装、セラミックケースを身にまとい、より高級感のあるデザインとしました。

  • HUAWEI Watch GT 2 Pro

  • ClassicとSportの2モデルを用意

本体には100以上のワークアウトモードを内蔵。ゴルフのスイング、スキーやスノーボード、オフラインナビによって山登りをサポートするモードもあり、アウトドアで役立つ機能が満載です。

  • 100以上のワークアウトに対応

心拍モニターは「TruSeen 4.0+」となって精度が向上。ストレス、睡眠、SpO2といった健康情報を取得できます。バッテリー駆動時間は変わらず、GPS動作で連続30時間、通常は14日間といったように、スマートウォッチながら充電を気にせずに日々使えるでしょう。

  • 精度が向上した心拍モニター

  • バッテリー駆動時間

また、5分充電で10時間の利用が可能なワイヤレス急速充電に対応。Qi準拠のため、HUAWEI製スマホのワイヤレス給電機能でも充電できます。

HUAWEI製スマホのカメラで撮影して、そのままスマホをWatch GT 2 Proのフェイス部分にタッチすると、撮影画像が転送されてウォッチフェイスに設定できるという「OneHop Watch Face」は面白い機能です。もちろん、スマホの通知や音楽コントロールなど、スマートウォッチとして一般的な機能はあらかた搭載しています。

  • 撮影して時計にタッチするだけで、ウォッチフェイスにオリジナル背景を適用できます

発売は9月で、価格はスポーツモデルが329ユーロ、クラシックモデルが349ユーロとなっています。

ウォッチ製品としては、長方形の本体が「細長のApple Watch」といった見た目のスマートウォッチ「HUAWEI WATCH FIT」も発表。1.64インチディスプレイを搭載して、34gという軽量ボディです。フィットネスに最適なスマートウォッチとして、ワークアウトのやり方をアニメーションで見せる機能を備えています。対応するワークアウトは96種類。GPSも内蔵して、現在位置を記録できます。発売は9月で、価格は129ユーロ。

  • HUAWEI WATCH FITの主な機能

心拍センサーをはじめ、各種の健康記録も可能。スマホカメラのシャッターとして使える機能も備えています。バッテリー駆動時間は10日間。

ノートPC

Intel製のCPUとMicrosoftのWindows OSは、まだ搭載できるHUAWEI。ノートPCシリーズとして、MateBook X、MateBook、MateBook Dという3ラインナップを用意しています。

  • MateBookのラインナップ

  • 新型のMateBook X

今回発表の新型MateBook Xは、ディスプレイの額縁を極限まで削減したフルビューディスプレイをアピール。画面占有率は90%に達し、解像度は3,000×2,000ドット、sRGBカバー率100%、輝度400nitというLTPSディスプレイを採用しました。

  • ほぼ全面がディスプレイの画面占有率

  • ディスプレイの仕様

13インチサイズながら、A4用紙よりも省スペースを実現。重さは1kgと軽量化し、最厚部でも13.6mmという薄型化も図っています。ボディはマグネシウム-アルミニウム合金のユニボディで高級感をまとい、シルバーフロスト、フォレストグリーン、インターステラーブルー、サクラピンクという4色を用意しています。

  • 薄型のボディを実現

  • 4色のカラー

従来比26%増と大型化したタッチパッドは、感圧式で触覚フィードバックも搭載。HUAWEIHUAWEI製スマホをタッチするだけでデータ転送などができる、HUAWEI Shareのタッチエリアとしても使えます。そのHUAWEI Shareでは、スマホ画面をPC上に表示するマルチスクリーンコラボレーションに対応。スマホビデオ通話の着信があった場合、PC側のWebカメラで受信して通話することもできます。

  • 大型化してHUAWEI Shareにも使えるタッチパッド

  • スマホの着信をPC側で応じることも。ビデオ電話もそのままPCで行えるほか、通話中にワンタッチでスマホに戻って、通話を継続するといった使い方もできます

キーボードでは大型のキートップを採用。キーストロークは1.3mmで、打ちやすさに配慮しています。サウンド面では、2つのツイーターと2つのウーファーを内蔵し、4つのモードによるサラウンド再生をサポート。また、内蔵のデュアルマイクはAIがリバーブやエコーを削減して音質を向上。ビデオ会議で威力を発揮しそうです。

スペック概要ですが、第10世代Intel Core i7プロセッサを搭載し、Wi-Fi 6をサポートします。ヒンジ部に熱を逃がす構造でファンレスを実現しました。従来通り、電源ボタン一体型指紋センサーを搭載しています。付属の充電器は65Wで、バッテリー駆動時間は連続ビデオ再生で9時間です。

Core i7、メモリ16GB、ストレージ512GBの上位モデルが1799ユーロ、もう1モデルはCPUがCore i5となる以外は同等で1599ユーロ。いずれも10月発売です。

  • 新型MateBook Xの主な機能とスペック

「HUAWEI MateBook 14」も発表されました。14インチで2,160×1,440ドットのディスプレイを備え、sRGBカバー率100%、コントラスト比1500:1、画面占有率90%といった仕様です。

  • MateBook 14

  • 占有率の高い高解像度ディスプレイ

CPUはAMD Ryzen 4000 Hシリーズ。新たな「HUAWEI Shark Fin Fan」を搭載することで、ブレードを40%薄型化しながら、ブレード数を49%増やしたデュアルファン、およびデュアルヒートパイプ構造によって、効率よく本体を冷却するそうです。

  • Ryzenシリーズを採用

バッテリー駆動時間は10時間の連続ビデオ再生、USB 3.2 Type-Aポート×2基、HDMI×1基、USB Type-C×1基と、薄型ながら複数のポートを搭載して使い勝手を高めています。

Ryzen R7 4800Hにメモリ16GB、ストレージ512GB、タッチスクリーンを搭載した最上位モデルが1049ユーロ、Ryzen R5 4600Hに16GBメモリと512GBストレージのモデルが949ユーロ、Ryzen R5 4600Hに8GBメモリと256GBストレージのモデルが8490ユーロ。発売は10月です。

  • HUAWEI MateBook 14の主な機能

新たに、MateBook用にバックパックとスリーブケースも用意されました。バッグの「HUAWEI Classic Backpack」は、フォレストグリーンとグラファイトブラックの2色2サイズで99ユーロ。スリーブケース「MateBook X Laptop Sleeve」は2色展開で39ユーロ。いずれも10月発売です。

  • 新たなオプションはバックパックとスリーブケース

HUAWEIは、スマートフォンの開発でGMS(Googleモバイルサービス)を搭載できず、中国外でのAndroidスマホ販売に陰りが見えています。GMSに代わるHMS(HUAWEIモバイルサービス)によってカバーしようとしていますが、普及には起爆剤も必要でしょう。今回の発表会では、IoT向けOSとして開発されてきたHarmony OSをスマホ向けに活用するという発表もあり、こうした取り組みの一環と言えそうです。

1+8+N戦略は米国の制裁前からの戦略ですが、ユーザーの生活全般をカバーする製品群をトータルで提供し、シームレスに接続するという戦略は、現在の状況下では今後さらに重要になってくるでしょう。今回はそうした戦略のスタートとなるタイミングのため、まだ将来像は定かではありませんが、これからのHUAWEIがどのようにして苦境に挑むかが注目されます。