ASUS JAPANが9月10日、「スタイルは自由自在。」と銘打ち、スタイリッシュなデザインで高いパフォーマンスを持ち運べるという「VivoBook Flip 14(TM420IA)」を発売しました。Vivobookシリーズとしては一回りコンパクトな14.0型ディスプレイを採用し、ディスプレイを反対側に折り曲げてタッチ操作も可能な2-in-1モデルです。

デザイン志向の製品かと思いきや、CPUに最新世代のAMD Ryzenを搭載して性能もしっかり重視。さっそく試用機を入手できたので、優れたデザインと高いパフォーマンスの両立に期待できるVivoBook Flip 14の実力をレポートしてみたいと思います。

  • スタイリッシュなのにRenoir搭載で超強力!ASUS「Vivobook S15」レビュー

    ASUS「VivoBook Flip 14」

薄型ボディに14.0型ディスプレイを搭載

本製品は、14.0型フルHD(1,920×1,080ドット)ディスプレイを搭載するノートPCです。ヒンジを反対側に折り返すことで2-in-1にも対応。タッチ操作もサポートします。パネルの種類は公表されていませんが、鮮やかな画面表示が可能な光沢液晶ディスプレイを採用し、170度の広視野角が特徴とのこと。横からディスプレイを覗き込んでもしっかりと表示を確認できますが、映り込みはやや気になります。また輝度が少し低く感じるため、十分な明るさで表示するには高めの輝度設定で使うのが前提になりそうでした。

狭額縁仕様ですが、カメラとマイクをディスプレイのベゼル上部に搭載。ベゼルが狭い製品にはキーボード上にカメラを搭載するものもありますが、カメラを見下ろす格好になってしまうので、ディスプレイ上部へのカメラ搭載は嬉しいポイントです。なお、Windows Helloでの顔認証には対応しません。

  • ヒンジを折り返して2-in-1として使用可能

  • カメラはディスプレイ上に搭載

本体素材はシャーシと天板部分にアルミ合金を採用して高い剛性を実現し、表面仕上げの品質も素晴らしく高品位。サラサラした加工で指紋などがつきにくいです。サイズは359.8×233.8×16.1mm(幅×奥行き×厚さ)とコンパクトにまとまっており、持ち運びの際はバッグにしまってもかさばりません。ただ、重量は1.55kgあるので、コンパクトなサイズ感から想像するよりもやや重めという印象。持ってみると少しずっしりしています。

  • 高品位な仕上げ。サラサラしていて指紋がつきにくい

キーボードを見てみると、かな切り替えを行う「半角/全角」キーが小さいですが、おおむね標準的な103キー日本語配列と言えそう。バックライトはありません。Enterキーの右隣に何もなく、Ctrlキーが左下にある優秀な配列です。キートップは硬く、ストロークがかなり浅いタイプで、軽くぱちぱちと打鍵できて好感触でした。タッチパッド内の右上にWindows Helloをサポートする指紋認証センサーを搭載し、さっと指を当ててサインインできます。

  • 103キー日本語キーボードを採用

  • タッチパッドに指紋認証センサーを搭載

ちなみに、Enterキーには「ジブン色で、進め。」というキャッッチコピーのもと、黄緑色のカラーブロックキーキャップが採用されています。個人的には黄緑色のPCパーツといえば、どちらかというとAMDよりもNVIDIAを連想してしまいますが、Radeonをフィーチャーして赤にすると今度は別のゲーミングPCメーカーと被る恐れがあり、難しいところです。ともあれ、グラフィックスに採用されているメーカーのブランドカラーを気にするユーザーはそう多くないでしょうし、爽やかな黄緑色も目立って格好いいと思います。

  • Radeonなのに黄緑色か~と思うのは気にしすぎでしょうか

インタフェースにUSB 2.0×1、USB 3.0×1、USB 3.1 Type-C×1、カードリーダーを搭載。アダプターなしで周辺機器を使えます。この他、4K解像度で映像出力できるHDMI端子とヘッドホン出力も装備。Type-C端子はThunderbolt 3やDP altには対応しませんが、高速な外付けストレージと組み合わせると快適に使用できるでしょう。

また、オーディオにはHarman Kardon認証オーディオを採用して高品質な音楽再生が可能とのこと。本体下部に搭載している、テーブルに反射させて音を出すタイプのスピーカーはそれなりのクオリティですが、ヘッドホン出力は高音質で十分に音楽再生や動画鑑賞を楽しむことができました。

  • 左側面。USB 2.0なのでマウスやキーボード用に使うと良さそう

  • 右側面。HDMI端子からは4Kでの映像出力が可能です

プリインストールされているアプリケーションは「i-フィルター」、「McAfee リブセーフ」、「Microsoft Office」のみでした。ラインナップには「WPS Office Standard Edition」が付属する製品も用意されているので、必要に応じて選択できます。

  • 不要なアプリケーションが少ない構成

評判通りの強力な性能を発揮

それでは、AMD Ryzen 7 4700U、8GBメモリ、M.2 NVMe 512GB SSDを搭載する試用機の性能を数値でチェックしてみましょう。ベンチマークには「PC Mark 10 Extend」「CINEBENCH R20」「Octane 2.0」「CrystalDiskMark」を使用しました。

  • PCMark 10 Extend「4205」

  • Octane Score「46476」

  • CINEBENCH「CPU:2841pts」

  • CrystalDiskMark

CPUは8スレッドをSMT(Simultaneous Multi Threading)によらない物理8コアの搭載で実現しており、極めて強力なパフォーマンスを発揮しています。このクラスになってくると一般的な用途となるオフィスツールやブラウザ操作、動画視聴においてストレスになるようなパフォーマンスの低さは一切見当たりません。

次にGPUを中心にゲームプレイのパフォーマンスを試すべく、ベンチマークテストとして軽量級の「ドラゴンクエストX」を最高設定で、重量級の「FF14 漆黒のヴィランズ」と「レインボーシックス シージ」を最低設定で実施しました。解像度はいずれもディスプレイに合わせてフルHDに設定しています。

  • ドラゴンクエストX:とても快適

  • FF14 漆黒のヴィランズ:快適

  • レインボーシックス シージ:平均FPSは60をクリア

このように、ゲームタイトル搭載のベンチマークテストでも内蔵グラフィックスとは思えないスコアを発揮。前評判から想像していたとはいえ、ディスクリートGPUを搭載しないノートPCでゲームがそれなりに動いているのを目の当たりにすると驚きました。はじめはとにかく画質設定を下げてフレームレートを向上させようとしましたが、タイトルによっては最高設定でも十分快適に遊べると思います。

レインボーシックス シージの結果をよく見ると、重量級ゲームではビデオメモリの少なさがボトルネックになっていることがわかります。テクスチャ品質を最も下げた状態でもVRAM LOADが225%に達しており、500MBしか確保していないところに1.09GBの読み込みが発生しているようです。このあたりが専用のVRAMを搭載しない内蔵GPUの弱みと言えるかもしれません。

  • グラフィックスの設定画面。VRAMの消費量(右下に表示)をこれ以上減らせません

最後に、搭載する50Whリチウムポリマーバッテリーの性能もチェック。PCMark 10 Modern Officeモードで計測したところ、9時間38分という記録でした。電源のない場所でもだいたい一日中使える十分なスタミナ性能を発揮してくれそうです。

  • 9時間38分の連続動作が可能です

ゲームまで遊べるスタイリッシュな1台

強力なCPUに強力な内蔵GPUを組み合わせたRenoir世代のRyzenを搭載し、隙のないパフォーマンスを発揮。今回レビューした試用機の構成はRyzen 7 4700Uを搭載する上位モデルですが、税別価格118,000円とリーズナブルで、Microsoft Officeを付属しないモデルでは100,000円を切ることも可能。上位モデルでなくとも、構成の最低ラインが8GBメモリと高速で大容量なNVMe 256GB SSDに設定されているので、あまりパソコンに詳しくない人が買って失敗する、ということが起こりにくい点にも配慮されていると思います。

この他、MyASUSに製品を登録することで「故障原因問わず、絶対サポート。」を謳うASUSのあんしん保証も利用でき、万全のサポート体制を備えます。スタイリッシュなデザインに高いパフォーマンスを兼ね備え、光沢液晶ディスプレイで鮮やかな画面表示を重視したいユーザーにはイチオシの製品です。

■試用機(型番:TM420IA-EC147T)の主な仕様
CPU AMD Ryzen 7 4700U(8コア8スレッド/2.0GHz~4.1GHz/10~25W)
メモリ DDR4-3200MHz 8GB/デュアルチャネル
ストレージ M.2 NVMe SSD 512GB(PCI Express 3.0 x2)
ディスプレイ 15.6型フルHD(1,920×1,080ドット)光沢液晶ディスプレイ
グラフィックス AMD Radeon Graphics
OS Windows 10 Home 64ビット版
ネットワーク IEEE 802.11ax、Bluetooth 5.0
インタフェース USB 2.0×2、USB 3.0×1、USB 3.1 Type-C×1、
カードリーダー、ヘッドホン出力
バッテリー 3セル 50Wh リチウムポリマー
サイズと重さ W359.8×D233.8×H16.1mm、約1.8kg