シャープから肩に乗せて使う、Bluetooth対応のウェアラブルスピーカー「AN-SS2」が7月18日に発売されます。約88gという軽さの魅力に加え、IPX4相当の生活防水にも対応。活躍のフィールドが広がった「AQUOSサウンドパートナー」入門機の魅力に迫ります。

  • AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

    シャープのウェアラブルスピーカー「AQUOSサウンドパートナー AN-SS2」

今回は、AN-SS2の商品企画を担当したシャープの永沼広行氏、スピーカー・音響設計に携わった長田俊彦氏と半澤淳氏に、新製品の開発で気を配ったところなどをビデオインタビューで教えていただきました。

ウェアラブルスピーカーならではのリスニングスタイル

今年の春は新型コロナウイルス感染症の影響を避けるため、主に自宅で過ごしていたという方も多いと思います。普段は一人になれる時間に好きな音楽を聴いたり、テレビや映画などの動画を見てリラックスしていたという方々から、いつもよりも長い時間、近い距離で家族と一緒に過ごすようになって、趣味の時間が持てずに苦労したという声も聞こえてきました。

耳を塞いでしまうヘッドホンやイヤホンは、家族の呼びかけや周りの環境音が聞こえなくなるため、一人のとき以外にはなかなか使いづらいアイテムです。かといってスピーカーで音を鳴らすと環境音に紛れてしまい、家事などをこなしつつ“ながら聴き”を楽しむ用途にはふさわしくありません。リビングなど家族の共有スペースで音楽を聴くとなれば、家族間の趣味の違いもハードルになります。

「AQUOSサウンドパートナー AN-SS2」(オープンプライス、税込17,500円前後)は、耳を塞がず、肩に乗せてワイヤレスで映画や音楽コンテンツのサウンドが楽しめるウェアラブルスピーカーです。スピーカーの音の出口が耳の直下に配置されているため、音がとても聴きやすいところも特徴です。

  • AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

    AN-SS2を肩に乗せたところ。約88gという軽量設計で、長時間使っても疲れにくいところが大きな魅力

本体が約88gととても軽いので、肩に乗せて1時間前後過ごしていてもさほど苦になりません。筆者の周りの女性にも試してもらいましたが、重くて辛いという感想はありませんでした。

要望に応えて防滴対応に進化、キッチンでも使える

本機は2018年に発売された「AN-SS1」の後継機種になりますが、進化したポイントのひとつにIPX4相当の防滴対応になったことが挙げられます。商品企画を担当した永沼氏は「防滴対応がAN-SS1のユーザーのほか、AQUOSサウンドパートナーに注目していただいた方々から最も多く寄せられた要望のひとつ」だったと話しています。

設計を担当した長田氏によると、ふつうの箱形のスピーカーと違ってAN-SS2は特殊な形状をしているうえ、ネックバンドの部分がある程度柔軟に曲がるようになっていることから、水滴が内部に侵入しない設計にすることがとても大変だったと振り返っています。

  • AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

    AN-SS2(左)と、従来機種のAN-SS1(右)。AN-SS2に付属するBluetooth送信機(左端)は新機能が加わった分、サイズが大きくなった

永沼氏によると、前機種のAN-SS1からAQUOSサウンドパートナーを「テレビの音を聴きやすくするためのワイヤレススピーカー」として楽しんでいるユーザーが数多くいるそうです。

筆者もテレビのニュースを見ながらキッチンで片付けものをしたいときに、AQUOSサウンドパートナーをよく使っています。イヤホンで耳を塞ぎたくないし、テレビにペアリングしたワイヤレススピーカーを近くに置いても、水仕事を始めると結局音が聴きづらくなるため、耳元でクッキリとした音を聴かせてくれるAQUOSサウンドパートナーがベストだと感じるからです。これまでは音量をアップダウンするときなど、濡れた手でスピーカーに触れないように神経を尖らせていました。防滴対応のAN-SS2は大歓迎です。

テレビとはBluetoothで接続します。シャープのAQUOSシリーズのテレビは、近年発売されたAndroid対応のスマートテレビならほとんど、Bluetoothオーディオ機器を直接ペアリングできます。念のため、Bluetoothオーディオ接続のためのプロファイルである「A2DP」をテレビがサポートしているか、テレビの仕様を確認しておきましょう。A2DP対応のテレビであれば、シャープのAQUOS以外の製品でも直接ペアリングできます。

A2DPプロファイルを搭載しない旧型のテレビでも、AN-SS2のパッケージに同梱されているBluetooth送信機をテレビの3.5mmアナログ音声出力、または光デジタル音声出力につなげば、ウェアラブルスピーカーで音を聴けます。

  • AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

    AN-SS2のBluetooth送信機

  • AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

    Bluetooth送信機は、3.5mmアナログ端子と光デジタル端子でテレビ側から音声入力できる

  • AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

    テレビにつないだところ。市販のUSB ACアダプターのほか、テレビのUSB端子からも給電できる

Bluetooth送信機はワイヤレスによる音声伝送時も遅延が少ない、クアルコムのaptX Low Latency(aptX LL)コーデックをサポートしており、テレビとAN-SS2をBluetoothで直接ペアリングするよりも、映像と音のタイミングのズレが少なく抑えられます。より快適な動画視聴を楽しむためにはぜひ使いたいアイテムです。

またBluetooth送信機は同時に2台のAN-SS2本体をペアリングして、音声信号を同時にストリーミングすることもできます(編注:2台のAN-SS2本体を同時接続するときはaptX LLには非対応)。大きな音を出せない夜の時間帯でも、リビングにふたりそろってテレビで映画やドラマを楽しむようなシーンにも最適です。

ただし、スピーカー部分の単品販売はしておらず、送信機を含めて2台のAQUOSサウンドパートナーを購入する必要があります。スピーカーの単品販売か、2台のスピーカーを同梱するペアリスニングセットを商品化してほしいものです。

人の声が聞きやすいボイスクリア機能、ビデオ会議にも最適

今回、AN-SS2の実機を借りて、さまざまなコンテンツの音を確認してみました。

テレビやタブレット、スマホで楽しむ映画やドラマには、やはり相性抜群のワイヤレススピーカーだと思います。音のバランスはボーカルや人の声の帯域が最も引き立つようにチューニングされています。

それだけでなく、スピーカーからの音がユーザーの耳へ効率よく届くように、という狙いから、スピーカーの音の出口をAN-SS1から改良しています。長田氏は、音を反射させて耳に向ける「リフレクター機構」が鍵を握っていると説明しており、AN-SS2はこの機構を採用したことで、肉厚で力強い音が再現できるようになりました。AN-SS1と聴き比べてみると、音の明瞭度に差を実感できます。

  • AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

    スピーカーの開口部を上に向けて配置。耳元へ直接音が向かうようにリフレクター機構を採用

  • AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

    リフレクター機構のイメージ

新機種のAN-SS2にはさらに、人の声を聞き取りやすくする「クリアボイス機能」が付きました。設計に携わった半澤氏は「信号処理で中高域の周波数帯域にある音成分(スペクトル)を増幅する機能です。特に人の声の聞き取りやすさを左右すると言われている子音の明瞭度を上げることに腐心した」と説明しています。コンテンツに含まれる音の中から、人の声だけをピックアップして明瞭度を高める機能は、テレビのAQUOSシリーズに搭載されている「音声くっきり」の開発資産もベースにしているそうです。

  • AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

    ソフトウェア処理によって音声の帯域を聴きやすくする「クリアボイス機能」を搭載、左の青いボタンを押してオン/オフを切り替える

筆者はスマホのオーディオブックコンテンツで外国語学習の教材を再生して、自分の声を聞きながら発音練習を繰り返すときにもクリアボイス機能が有用だと感じました。

また、AN-SS2は本体にマイクを内蔵しており、ビデオ会議にも最適なツールだと思います。耳を塞がないので、1時間を超える会議に参加したときの疲労感が少なく、クリアボイスをオンにしておけば相手の声がクリアに聞こえてストレスが少なくなります。自宅でテレワーク中に玄関のチャイムが鳴っても、環境音が聞こえてくるので気が付きます。

バッテリーは約2時間半でフル充電になり、そこから約16時間の連続音楽再生ができるスタミナを備えています。使い込む頻度にもよると思いますが、バッテリー残量はいつも気にしながら使う必要はないでしょう。電源を投入するたびに、日本語対応のボイスガイド機能がバッテリー残量を音声で教えてくれるので安心です。

  • AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

    AN-SS2の本体を裏返すと左側に、充電用のmicroUSB端子(防水仕様)がある

重低音再生できる「AN-SX7A」との2枚看板に

シャープの永沼氏は「AQUOSサウンドパートナーのラインナップには、迫力のある低音再生に対応するシアター向けの『AN-SX7A』(2019年発売)という製品もあり、重低音再生時には本体が振動する没入感の高いシアター体験が楽しめます。カジュアルに“ながら聴き”を楽しめるAN-SS2との使い分けもぜひ楽しんでもらいたい」と話していました。

  • AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

    AQUOSサウンドパートナー「AN-SX7A」

AQUOSサウンドパートナー AN-SS2はとても軽量で、なおかつ防滴対応も実現しているため、あまり音量を上げ過ぎなければ、屋外をウォーキングしながら音楽を聴く用途にも使えると思います。ヘッドホンやイヤホンとはまたひと味違う、ウェアラブルスピーカーの魅力が気軽に楽しめる製品としておすすめです。

  • AQUOSサウンドパートナー AN-SS2

    AN-SS2のカラーバリエーション。(左上から時計回りに)ブラック、ホワイト、レッド、ローズゴールドの4色展開