• バッファローが発表したWi-Fi 6対応無線LANルータ3モデル。ハイエンドからエントリーまで、最新規格の無線LANルータが選びやすくなった

バッファローは6月4日にWi-Fi 6対応ルータ3モデルの発表会を開催。2019年10月に発表したWi-Fi 6対応ルータの商品構成をエントリーモデルまで拡大しました。発表された製品は以下の通りです。

製品名 発売予定時期 市場想定価格(税抜) 特記事項
WSR-1800AX4 7月上旬 9,000前後 エントリー機。黒+白の2モデル
WSR-5400AX6 7月上旬 16,500前後 ミドルハイクラス。黒+シャンパンゴールドの2モデル
WXR-5700AX7S 8月下旬 28,000前後 パフォーマンス機。外付けアンテナを調整可能
  • エントリー製品のWSR-1800AX4。黒モデル(WSR-1800AX4-BK)と白モデル(WSR-1800AX4-WH)の2モデル構成(記事内の画像はバッファロー提供)

  • プレミアム製品のWSR-5400AX6。マットブラックモデル(WSR-5400AX6-MB)とシャンパンゴールドモデル(WSR-5400AX6-CG)の2モデル構成

  • パフォーマンス製品のWXR-5700AX7S。昨年10月に発売されたフラッグシップ製品よりもややスペックを押さえているが10G WAN対応。この製品のみ8月下旬発売開始

20周年を迎えるAirStationの歴史

バッファロー 取締役 事業本部 コンシューママーケティング部 部長の石丸正弥氏が、同社の無線LANブランド「AirStation」の歴史を紹介しました。

AirStationという無線LAN製品を発表したのは2000年2月で、この2020年で20周年。発表当時、コーポレートステートメントを「パソコン、もっと使いやすく」から「インターネット、もっと使いやすく」に変更するほど戦略的な製品だったといいます。以降、バッファローは無線LAN製品を他社に先駆けて商品化していったとのこと。

  • バッファロー 取締役 事業本部 コンシューママーケティング部 部長の石丸正弥氏

20年の間に無線LANの規格もIEEE802.11bからg、a、n(Wi-Fi 4)、11ac(Wi-Fi 5)、11ax(Wi-Fi 6)と進化。しかし、同社の製品はこれらの規格を追うのが目的ではなく、あくまで使いやすさや利便性を追求するための手段だったと説明しました。

昨今の市況に関しては、一般家庭でも10台以上の子機と製品の多様化がみられるほか、動画やテレワークと言った高負荷利用が当たり前になっており、AirStation製品は「繋がりやすく、安定的で、使いやすい」を徹底追及するといいます。

Wi-Fi 6は普及が早いのも特徴。Wi-Fi 5製品は出してから8カ月で出荷の1%程度しか達しなかったところ、Wi-Fi 6の製品はすでに5.6%に達したと、普及の速さを強調しました。

  • 2020年2月にISDNやxDSL環境に向けたWLAR-L11-Lシリーズを発表。以降無線LAN製品を他社に先駆けて投入してきた

  • 実際の家庭環境で性能を検証すべく、バッファローではモデルハウス「Wi-Fi Connected Home」で製品をテスト。現在70台ほどのWi-Fi対応機器を置いているそうだ

  • 近年、IoT機器や在宅勤務などで家の多くの場所で同時に無線LANを利用する変化が出てきた

  • Wi-Fi 6では離れた場所でも速度が出る上、多数の子機も同時接続できる。さらにAirStaionならではのサポートを追及

1年後にはWi-Fi 6製品が市場の過半数を占める

新商品に関してはバッファロー 事業本部 ネットワーク開発部 部長の田村信弘氏と、同コンシューマーマーケティング部 BBSマーケティング課 課長の下村洋平氏が説明しました。

  • バッファロー 事業本部 ネットワーク開発部 部長の田村信弘氏

  • バッファロー 事業本部コンシューマーマーケティング部 BBSマーケティング課 課長の下村洋平氏

2人がまず強調したのが「家庭内のネットワーク利用量が大幅に増えた」事です。平日昼の通信量が39%増えたというNTTコミュニケーションズの資料を引用して、新型コロナウイルス発生に伴い、在宅勤務や在宅学習が増えたと紹介。テレワークをした事がある人の半数が、2020年4月の緊急事態宣言を受けてテレワークになったであろうと話しました。

  • 在宅勤務のためにリビングにある無線LANから離れた場所で作業を行ったり、多数の接続で支障が出たりする可能性が増した

  • 5月25日週の平日昼間の通信量は、2月25日週と比べ39%増(約1.4倍)と大幅に増加したという

  • 緊急事態宣言を受けて4月からテレワークを開始した人は多い

これに伴い、無線LANルータの売上や構成も変化。5月は前年同月比139%と大きく販売を伸ばしたほか、主流製品が従来の(アンテナが2本の)2×2から(アンテナが4本の)4×4に入れ替わったと言います。宅内で同時に利用する人が増え、さらに部屋によってはあまり電波が届かないので、よりアンテナ数の多いモデルに買い換えたのだろうとの分析でした。

新しいWi-Fi 6規格は従来よりも速いだけでなく、同時に複数の子機へデータを送るOFDMAと、使っていないときに電波を弱めるTWTというメリットがあると紹介し、さらに、第2世代iPhone SEなどWi-Fi 6対応子機も今年4月から大きく増えていると説明しました。

  • 非常事態宣言に伴う在宅ワークが影響したのか4月からWi-Fiルーターの売上が急増。今年に入って一番売れる製品が2ストリームから4ストリームへ変わった

  • Wi-Fi 6(11ax)にする事で、単に速度が速くなるだけでなく、同時に多数の子機へデータが送れ、さらに使わないときの消費電力を抑える事が可能となる

  • Wi-Fi 6対応デバイスも今年の4月から増加した

Wi-Fi 6ルータ製品が拡充、新製品の特徴は?

今回バッファローから登場した新製品は、エントリーモデルの「WSR-1800AX4」、プレミアムラインの「WSR-5400AX6」、高性能モデル「WSR-5700AX7S」の3製品。

パフォーマンスモデルのWXR-5700AX7Sは、2019年のハイエンド製品を引き継ぐ10Gbps対応WANポート、外部回転型アンテナを持ちながらコンパクトに仕上げた製品となっています。カスペルスキーのネット脅威ブロッカー Premium一年分のライセンスも同梱しており、独自設計で熱源の分離や通気性がよい筐体を採用しています。

  • AirStation Wi-Fi 6対応モデルのチャート。今回の発表で一気にラインナップを充実させました

  • WXR-5700AX7Sは従来のハイエンド製品の10G WANと回転外付けダイポールアンテナを引き継ぎつつ、若干小型化を実現

  • 熱源となるLSIを分離した設計や、高排気効率のケースなどコダワリの設計

  • アンテナを調整することで、電波の飛びを調整できるのはハイエンド製品ゆずり

  • ネット脅威ブロッカーPremiumの一年分ライセンスが付属。なお、この機能は後日のファームウェアアップデートで対応予定

プレミアムモデルのWXR-5400AX6はパソコン利用に向く5GHz 160MHzチャネル対応で、5GHz帯の4ストリームによってビームフォーミングの効果が高く「遠くも近くも速い」事をメリットに挙げており、筐体に合わせた大型ヒートシンクをカスタム設計。さらに壁掛けにも対応し、このモデルだけシャンパンゴールドのカラーリングを含めた2色構成です。

  • プレミアム製品となるWSR-5400AX6。5GHz帯は160MHzと4ストリームに対応しているのが特色

  • 4ストリームのメリットとしてビームフォーミングの効果が高まり、遠い部屋でも速度が落ちにくいのが魅力

  • ケース筐体に合わせた専用設計のヒートシンクを採用するなど、こちらもコダワリの設計

  • アンテナ調整ができないので「家の(物理的)センターにおいてほしい」との事

Wi-Fi 6対応スマホユーザーに向けたエントリーモデルWXR-1800AX4は従来のAirStationを踏襲したアンテナ内蔵のスリムデザインで白黒の2色構成となっています。

  • エントリー製品のWSR-1800AX4。Wi-Fi 6でも5Ghzは80Mhzで2ストリームなので、スマホやIoT機器向けの製品

  • アンテナ内蔵でムラなく放射状に電波が飛ぶ設計

3製品ともWi-Fi 6 CERTIFIEDを取得予定となっており、多くの機器との相互接続性を担保するほか、最新のWi-Fiセキュリティ規格であるWPA3 Personalに対応。また、主要なIPv6通信方式(OCNバーチャルコネクト、v6プラス、IPv6オプション、transix)に対応しているのも見逃せません。

  • Wi-Fi Allianceによる認証「Wi-Fi 6 CERTIFIED」を取得予定で多くの機器との相互接続性を担保し、最新のWPA3 Personalのセキュリティにも対応。国内設計ゆえに日本のIPv6のIPoEサービスにも幅広く対応

  • AirStationのWi-Fi 6対応製品は一気に拡大。これまでよりも速いペースでWi-Fi 6化を実現しようという意思が感じられる

余裕でギガ超え、旧製品との比較デモ

今回のWi-Fi 6対応ルータと旧製品の比較デモでは、パフォーマンスモデルでは3Gbps超えの数値もたたき出したほか、オンライン会議中に他の端末が負荷をかけた場合の速度低下も少なく会議に支障が出ない事をアピールしていました。

  • Wi-Fi 5対応の前モデルWXR-2355DHP2では最大937Mbpsしか到達できないのに対し、WXR-5700AX7Sでは最大3,175Mbpsと余裕のギガ越え

  • パソコンを想定としたファイル転送ではWi-Fi 5対応の前モデルWSR-25335DHP3では最大625Mbpsしか到達できないのに対し、WSR-5400AX6では最大1,351Mbpsとこちらもギガ越え

  • スマホを想定としたファイル転送ではWi-Fi 5対応の前モデルWSR-1166DHP4では最大582Mbpsしか到達できないのに対し、WSR-1800AX4では最大847Mbpsとなりました

  • 3階建の一戸建てで、WSR-5400AX6を1Fに設置し、3Fでオンライン会議をするという想定でテスト。2Fで他に通信していない状況では、旧製品のWSR-1166DHP4でも余裕でオンライン会議が可能

  • しかし2Fで、別の端末で高速ダウンロードを開始すると、旧製品では大幅な速度低下となり、支障が出る結果となった

前述の通り、今後に関してはWi-Fi 5よりもWi-Fi 6対応デバイスが速く普及すると予想しており、1年後にはWi-Fi 6対応ルータが市場で過半数を占めると予想。このため同社のWi-Fi 6対応ルータは年間100万台程度の販売を見込んでいます。ただ、10G光回線対応製品は全体の2割程度と想定しているようです。

  • Wi-Fi 5では販売台数が旧製品より多くなるまで2.5年かかっていましたが、WXR-5950AX12の発売比率がすでに1%に達している事から今後1年でWi-Fi 6対応製品が過半数に達すると予測

質疑応答では「子機がWi-Fi 6機でない場合の新製品のメリットはあるのか?」という質問に対しては「4ストリーム以上の製品ではビームフォーミングの効果がよりある」と回答。また最近製品が増えたメッシュルーターに関しては「実装を検討しているが、Wi-Fi 6で一つの機器でカバーできる範囲が広がっている」ということでした。