ゲーム実況は、特別な機材を用意しなくても、PlayStation 4(PS4)の「Share」機能から行えます。ですが、画面レイアウトなど、いろいろと細かく設定したい人には、パソコンを使った配信がオススメ。今回は、実際に配信ソフト「OBS Studio」を使った設定方法を紹介します。

  • OBS Studioの公式サイト。Windows版とmacOS版、Linux版の3種類があります。基本無料のうえ、使える機能も充実しているので、オススメ

複数のレイアウトをシーンに保存しておくべし

ソフトをダウンロードしたら、まずは左下の「シーン」を選びます。

シーンとは、配信画面のレイアウトなどを「お気に入り」のような形で保存しておけるもの。一度設定しておけば、同じレイアウトで何度も配信できます。

また、いくつかシーンを設定しておくと、一瞬で配信画面のレイアウトを変更できるので便利。例えば、「ゲーム画面のみが映っているシーン」と、「配信者の顔とゲーム画面が映っているシーン」を作っておけば、「普段は配信者の顔を映しておき、ゲームが盛り上がる場面でゲーム画面だけを配信する」といった使いかたができるでしょう。

シーンを新たに追加する場合は、下部にある「+」をクリック。また、削除する場合は、項目を選んでから「-」をクリックしてください。なお、追加と削除は、右クリックからでも行えます。

  • シーンを複数用意しておけば、状況によって切り替えられます

次に、シーンの横にある「ソース」を選択。ここでは、映像や音をどこから取り込んでくるか設定できます。これも「+」のアイコンか右クリックで作成しましょう。

追加できるのは、以下の通りです。

  • ウインドウキャプチャー:現在デスクトップ上で開かれているブラウザのウインドウを表示します。
  • ゲームキャプチャー:PC上で起動しているゲームの画面を表示します。
  • シーン:登録したシーンのレイアウトに瞬時に切り替えます。
  • テキスト:任意の文字を表示したり、文字色を変えたり、文字を流したりできます。
  • ブラウザ:特定のサイトを表示します。
  • メディアソース:PC内の映像や音楽などを再生します。
  • 映像キャプチャデバイス:PCと接続しているカメラやキャプチャーボードなどから取り込んだ映像を表示します。
  • 画像:PC内の画像を表示します。
  • 画像スライドショー:PC内の画像をスライドショーで表示します。
  • 画面キャプチャー:PCのデスクトップ画面を表示します。
  • 色ソース:背景の色を指定します。
  • 音声入力キャプチャー:PCと接続しているマイクなどを選びます。
  • 音声出力キャプチャー:音を出力するデバイスを選びます。
  • ソースは配信する映像や音声、画像などの供給元を設定します

  • 「+」アイコンをクリックすると追加するデバイス、ソースの一覧が表示されます

実際に、PS4のゲーム映像と、ウェブカメラで撮影した配信者の姿、マイクによる音声入力を行ってみました。

まず、シーンを新しく選択。わかりやすい名前を付けておくと、あとで混乱することもないでしょう。次にソースから映像キャプチャデバイスを選びます。デバイスの横の項目をクリックするとプルダウンで選べるソースの一覧が出るので、そこから表示させたいデバイスを選択。今回はHDMIキャプチャーの「GV-USB3_HD」を選びました。これでOKを押します。

続いて、配信者の顔を表示させるために、もう1度ソースを追加します。映像キャプチャデバイスを選び、今回はウェブカメラを指定。ソースの追加直後はどちらも最大の画面サイズになっているので、サイズを調整するとともに、配置場所を決めます。配信者の顔は、ワイプのようにゲーム画面上に載せてもいいですし、ゲーム画面を少し小さくして余白に流すのもいいでしょう。

  • シーンを追加し、名前を決めます

  • ソースのデバイスで「HDMIキャプチャー GV-USB3_HD」を選びます。これでGV-USB3_HDに接続しているPS4の映像データが表示されます

  • もう一度ソースで映像キャプチャデバイスを追加。今度はウェブカメラの「HD Webcam C270」をデバイスに選びます

  • それぞれの映像キャプチャデバイスの表示枠をドラッグするとサイズを変更できます。それぞれの画面の縦横比率は基本的に変わりませんが、ALTキーを押しながらドラッグすると比率を変えてサイズ変更ができます。4:3の配信者のカメラ映像を、ほぼ正方形に変えて、左上に移動させるとこんな感じです

  • ゲーム画面を小さくして、余白部分を作り、そこに配信者の顔を入れてみると、こんな感じになりました

マイクとゲームの音だけをしっかり取り込むべし

次に音声です。ソースの右隣にある「音声ミキサー」で、配信する音をセットしてください。

音声ミキサーには、デスクトップ音声とマイクの2種類が最初から入っています。今回は接続した2つの映像キャプチャデバイスの項目も増えているはずなので、そのなかから使用したい音声を選びましょう。

配信に必要なのは、声を拾うマイクとゲームの音声である映像キャプチャデバイスの2つ。まずは、マイクの項目にある歯車アイコンをクリックし、プロパティを選んでください。デバイスのプルダウンメニューからPCと接続したマイクを選びます。

続いて、不要な音声をミュートにします。それぞれの項目のボリュームの脇にあるスピーカーアイコンをクリックすると音声のオンオフを切り替えられるので、配信者を映すカメラの映像キャプチャデバイスなどはオフにしておきましょう。マイクを内蔵したウェブカメラもあるので、二重で声を拾うことを避けます。これでとりあえず配信ができる状態になりました。

テキストや画像を追加して、見栄えよく整えるべし

レイアウトを見ると、ちょっと余白を持て余している感じがしたので、チャンネル名や配信者の情報を載せてみましょう。文字はテキストを使用し、写真は画像を使用しています。

  • ソースからテキストを追加。プロパティが表示されるので、テキストの枠に自由に文字を書き込み、フォントやサイズ、色などを決めます

  • ソースで画像を追加し、PC内にある写真を選べば、ちょっとした宣伝も

  • 使用するソースをすべて登録したら、レイアウトを調整して完成です。ゲーム画面と配信者のワイプのみのPS4の配信に比べ、情報量が多く、凝った作りになりました

配信先のストリームキーを取得せよ

次は配信サービスとの連携です。ゲーム実況を配信をするには、配信サービスのストリームキーが必要なので、確認しておきましょう。

設定には、シーンやソースの段の一番右にある「コントロール」の「設定」を選択。ポップアップした設定の左側の項目から「配信」を選び、配信先を選んでください。サーバーは自動(推奨)のままでOK。ストリームキーを入力し、OKを押せば設定完了です。

  • ストリームキーの設定には、画面右下の「コントロール」から「設定」を選びます

  • 設定画面から左側にある「配信」を選びます

  • 「サービス」から配信先を選び、「ストリームキー」に配信サイトでコピーした「ストリームキー」を貼り付けます。あとはOKを押せば連携完了です

  • ついでに録画の設定も行います。「コントロール」の「設定」から「出力」を選び、「録画タブ」を開きましょう。「FFmpegの出力の種類」を「ファイルに出力」にし、ファイルパスまたはURLを録画データを保存するフォルダを選択します。ストリーミング配信ではなく、録画後に編集してから配信サイトにアップロードしたい人は、録画を使って記録します

ストリームキーは各配信サービスで確認します。サービスごとにストリームキーの確認方法が違うので、以下にまとめておきます。

YouTube Live:右上のアカウントのアイコンの近くにあるビデオカメラアイコンをクリックし、「ライブ配信を開始」を選びます。YouTube Studioに画面が切り替わるので、そこでエンコーダ配信をクリック。エンコーダ配信の必要項目を記入したのち、画面が切り替わると、左側にストリームキーが表示されます。コピーをクリックし、OBSのストリームキー入力にペーストすればOKです。

Twitch:右上のアカウントアイコンをクリックし、クリエイターダッシュボードを選びます。画面が切り替わったら左上の「≡」から設定をクリックし、チャンネルを選びましょう。プライマルストリームキーが表示されるので、コピーしてOBSのストリームキー入力に貼り付けます。

Facebook Live:Facebook Liveのページに移動し、「ライブストリーミングを作成」をクリック。画面が切り替わったら右側にストリームキーが表示されます。

ニコニコ動画:アカウントをクリックし、「ニコニコマイページ」から生放送マイページを選択。画面右上の「放送する」をクリックすると、ストリームキーが表示されます。ニコニコ動画は「プレミアム会員」に登録しないと放送できないので注意しましょう。

あとは「コントロール」の「配信開始」もしくは「録画開始」をクリックすると、配信や録画が開始されます。ちなみに、配信をしながら録画をすることもできるので、自分で見返すためにも、録画しておくといいでしょう。