『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開を前にして、NHK BS4Kが4月18日から『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作を、4Kリマスターした最新の映像と5.1chサラウンドで3週連続の予定で放送している。今回は、5月2日23時から『:Q』(3作目)が放送されるのを前に、4K化された『:破』(2作目、4月25日放送済み)を、東芝の4K有機ELテレビ「REGZA 55X920」で録画して観てみた。

  • NHK BS4K ヱヴァンゲリヲン新劇場版

    NHK BS4Kで『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作品の4K & 5.1chサラウンド放送が行われている
    (C)カラー

  • NHK BS4K ヱヴァンゲリヲン新劇場版

    4Kヱヴァを東芝の4K有機ELテレビ「REGZA 55X920」で録画して観てみた

「4Kヱヴァ放送と聞いて!」

いわゆる“旧劇場版”(『シト新生』・『Air/まごころを、君に』)を観て衝撃の映像に度肝を抜かれ、そこからオタクライフの第一歩を踏み出した筆者にとって、庵野秀明監督自らがTV版を再構築するという触れ込みで始まった『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズは色々と思い入れのある作品だ。

今回取り上げる『:破』(2009年公開)は、当時劇場で何度も鑑賞し、箱根の廃校で行なわれた「NOGUCHI Ver.」の上映会まで足を運んだ記憶も(ぼんやりとだが)頭の片隅に残っている。BD化された「2.22」バージョンよりも、「2.0」(追加シーンがなかったり、ミサトが「アイハラくん」と呼んでしまったりする劇場上映バージョン)のほうが映像のテンポが良かったなぁ、などと思い出したりする程度のマニアだ。

とはいえ『:Q』(2012年公開)で、これまで築いてきた流れをぶった切って振りまわすような展開に半泣きになりながらBlu-ray/DVDを買った後、私は一度もヱヴァンゲリヲンシリーズを観た記憶がない。実家から引っ越したり仕事が忙しくなったりと色々言い訳はあるのだが、心のどこかで「完結編が出るまでは観ないからな」と体操座りのウジウジシンジくん状態になっていて、観るのを避け続けていたのだと思う。あ、2015年に発売されたTV版エヴァのBlu-ray/DVDの方は買ってひととおり観ておりますが、それはそれ、です。

  • NHK BS4K ヱヴァンゲリヲン新劇場版

    「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズのBlu-ray/DVDたち。なぜか1.11のBD版を持っていないことに今さら気付いた

筆者が“ヱヴァから逃げている”間も、完結編に向けた動きはいくつかあった。2014年には、ドワンゴとカラーによる共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」において、『:Q』の世界観を引き継いだような『until You come to me.』というタイトルの短編アニメが公開されたほか、漫画版「新世紀エヴァンゲリオン」の最終巻となる単行本14巻で、明らかに新劇場版へとつながるであろう重大なネタがさらりと披露されたことも。

そしてようやく2018年、完結編の公開年が2020年であることが明らかになり、2019年7月の『シン・エヴァンゲリオン劇場版』冒頭映像解禁イベントを経てついに、公開日が「2020年6月27日」に決定した……のだが、ご存じのように新型コロナウイルス感染症の影響で公開が延期され、「近日公開」となってしまった。製作陣もファンにとっても残念な知らせだが、こればかりは致し方ない。

前置きが長くなったが、今回の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作品の4K & 5.1chサラウンド放送は、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の公開延期とは関係なく3月に発表された試みだ。完結編の新しい公開日は執筆時点では未定だが、何にせよ長きにわたった「エヴァンゲリオンの再構築」がついに終着点にたどり着くことに変わりはなく、「4Kリマスターでヱヴァを放送」と聞いて筆者も過去3作を見直す気力が沸いてきた。4K化されたヱヴァンゲリヲンの映像とは、はたしてどのようなものなのだろうか?

パッと見でわかる、4Kリマスターのありがたみ

新型肺炎の影響を受け、カラーは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作品をYouTube公式チャンネルで無料公開している。4月29日23時59分までの期間限定だが、スマートフォンさえあればいつでもどこでもヱヴァの世界を楽しめるということで、配信開始から約15時間で100万回再生を突破するほどの人気ぶりだ。

いきなり4Kヱヴァの映像に圧倒されて心の臓を止められるのもちょっと怖いので、まずはYouTubeバージョンで『:序』、『:破』のストーリーをおさらいしよう。

  • NHK BS4K ヱヴァンゲリヲン新劇場版

    『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ3作の、YouTubeでの無料公開は4月29日23時59分まで
    (C)カラー

舞台は「セカンド・インパクト」と呼ばれる未曾有の大災害から復興しつつある日本。14歳の少年・碇シンジは、疎遠だった父・碇ゲンドウのいる第3新東京市(箱根)に呼び出され、人型兵器「エヴァンゲリオン初号機」に乗って「使徒」と呼ばれる謎の巨大生命体と戦うことになる。内向的なシンジはエヴァに乗る理由を見いだせず、大人の前から逃げ出すこともあったが、直属の上司であり保護者役も買って出た葛城ミサトや、同じエヴァパイロットの綾波レイと関わりあい、襲い来る使徒を倒していく中で、“戦っているのは自分一人だけではない”ことを知る。ここまでが『:序』だ。

『:破』ではさっそく第7の使徒が襲来するも、真紅のエヴァンゲリオン2号機を操る勝気な少女、式波・アスカ・ラングレーがまたたく間にこれを殲滅。シンジとアスカはミサトの命で彼女の家に同居する事になり、レイを加えた3人で使徒殲滅のミッションを完遂するなど、行動を共にしながら交流を深めていき、それぞれに“これまでに感じたことのない感情”を抱くようになる。

  • NHK BS4K ヱヴァンゲリヲン新劇場版

    真紅のエヴァンゲリオン2号機を操る勝気な少女、式波・アスカ・ラングレー
    (C)カラー

  • NHK BS4K ヱヴァンゲリヲン新劇場版

    第8の使徒殲滅のため、第三新東京市を疾走するエヴァンゲリオン初号機
    (C)カラー

そんな中、シンジの学校にマリと名乗る少女(真希波・マリ・イラストリアス)が登場。マリも北極の施設で第3の使徒を倒したエヴァパイロットだが、シンジたちとは別行動を取るなど、謎多き人物だ。さらに、開発中のエヴァ3号機が米国から日本に持ち込まれ、アスカがテストパイロットとして志願して搭乗する。しかしそこでは、誰も予想しなかった過酷な運命が待ち受けていた……。

  • NHK BS4K ヱヴァンゲリヲン新劇場版

    北極の施設で第3の使徒を倒した、謎多きエヴァパイロット、真希波・マリ・イラストリアス
    (C)カラー

  • NHK BS4K ヱヴァンゲリヲン新劇場版

    『:破』ではUCCやローソン、パナソニック(Let’s note)、NTTドコモといったさまざまな企業がコラボし、貴重なヱヴァグッズを多数生み出した。シンジやアスカ、ミサトが劇中で使っていたヱヴァケータイ「SH-06A NERV」もそのひとつ
    (C)カラー

おさらいを済ませたところで、いよいよ4K放送版の『:破』を観てみよう。筆者宅にある、55V型の4K有機ELテレビ「REGZA 55X920」につないだ外付けHDDにDR画質(放送と同じ画質)で番組を録画しており、追加カットなどから考え合わせると内容はBD版「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION 2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.」とほぼ同一だ。

再生にあたって映像メニューは「映画プロ」、画面の明るさは「70」で、倍速モードは「オリジナル」にセット。ピュアダイレクトをオンにし、色温度を10段階のうち中間「5」に調整したほかは、デフォルト設定のままとした。

4Kヱヴァの映像をパッと見て分かるのは、青い空や赤い海、光沢感のあるエヴァ本体の色などがとてもクリアに描写され、ざわざわとしたノイズが目立たないこと。空や海、キャラクターの顔など淡いグラデーション部で出やすい濃淡の縞々(バンディング)もほぼ見当たらない。描線はすっきりとして違和感がなく、アプコンで目立ちやすいギザギザ(ジャギー)も、画面から1m程度離れた視聴距離からでは皆無と言えそうだ。冒頭のエヴァ仮設5号機と第3の使徒の壮絶バトルなど、暗い空間での描写も上々。今までのBD版の映像から1、2枚薄皮が剥がれ、白っぽさが取れたような印象を受けた。

  • NHK BS4K ヱヴァンゲリヲン新劇場版

    55X920に入力された信号情報をチェック

また、考察大好き人間(筆者)としてうれしかったのが、街中の看板から校舎内の備品やキャラの私物、エヴァの状況をモニタリングする各種グラフィックスにいたるまで、劇中のあちこちに現れる文字やテキストが、再生しながらそのまま読めるようになったこと。ものによってはカッチリしたCGで描かれていることもあり、テキストの見え方が劇的に向上した、というわけではないが、一時停止・コマ送りなどをしなくてもさまざまな情報がすっきり見えやすくなった。これも4Kリマスターの恩恵といえるだろう(もちろん、X920が備えるさまざまな映像補正も効いているものと思われる)。

率直に言えば、既に高い完成度をもつ2K BDの映像と比べてそこまで大きな差はないだろう……と思っていたのだが、今回の4Kヱヴァには良い意味で裏切られた形だ。こんなことなら、TVが壊れたら見られなくなるUSB HDDではなく、BDに書き出せる4Kレコーダーを買って録画すればよかったわね、ペンペン。。。

なお、映像がクリアで見通しが良くなったことで、街中や校舎内の引きのシーンにいるモブキャラの3DCGっぽい動きが目立つようになったが、個人的にはそこまで気にはならない。むしろ、セルアニメに本格的な3DCG表現を取り入れてきたカラーによる、映像の進化の過程が垣間見られる!という点で美味しい。

ちなみに、4Kヱヴァの映像は単純に4Kアップコンバートされただけかと思いきや、信号情報を見ると、より幅広い色表示ができるBT.2020規格の広色域表現に対応しているようだ。しかし、元の映像の色域はおそらく従来のBT.709のハズ。HDR信号を受信したときに表示されるHDRマークも出ていないので、4K/SDRの映像ということだろう。

色味に関しては、映像表示の設定をできるかぎり近づけた上で、シャープのBDレコーダー「BD-UT2200」から1080p出力したBD版の映像とも見比べてみた。しかし、明確な差はないようで、研究施設の配管の間や、明かりを落とした夜のシンジの部屋といった、暗部の見通しが若干良くなったように感じる程度だ。

  • NHK BS4K ヱヴァンゲリヲン新劇場版

    シャープのBDレコーダー「BD-UT2200」からアプコンなしで、55X920に入力された2K BDの信号情報をチェック。4K Ultra HD Blu-rayも再生できる設定にしているため、一部の情報は実際の信号情報とは合っていないようだ

バトルシーンが鮮明じゃない!? 今後の修正&4K BD化に期待

ただし、今回の4Kヱヴァ放送を手放しで歓迎できるか?というと、そうとも言えない。理由は主にふたつある。

ひとつは、「ビットレートの低さとブロックノイズ」。筆者の録画・再生環境ではそこまでひどくはなかったが、『:序』の山間部において大量の砲撃を浴びせられる第5の使徒(イカのようなカタチの彼)のシーンで、盛大なブロックノイズが目立ったところが何カ所かあった。ネット上の書き込みを見ているとこの他にも、ゼーレのモノリスたちと碇ゲンドウらが話し合っている暗めのシーンなどでブロックノイズが目立った……という声をいくつか見かけた。

筆者のREGZAでは録画データのビットレートをきっちり確認できたわけではないのだが、今回の4Kヱヴァのビットレートは4K放送のレート(最大33Mbps)よりもかなり低かったのでは?という見方もあるようだ。

もうひとつは、「一部のバトルシーンが鮮明ではない」問題。使徒やエヴァがATフィールドを展開したり、砲爆撃が繰り返されるシーンでは画面上の光の点滅が非常に激しくなるのだが、そういったシーンが今回の放送ではグレーにくすんだ映像になってしまい、本来迫力のあるバトルが非常に“ネムい”、低コントラストな映像になっていたのだ。

他にも、初号機が第三新東京市に落ちてくる使徒に向かってしゃにむに疾走するシーンで、エヴァの足元(地面付近の情景が素早く流れる画面下のあたり)が暗くマスキングされるといった修正もされていた。これらはBD版や公式YouTube版にはない、4K放送版のみの修正ポイントのようだ。

実は今回、NHKでは4Kヱヴァの放送にあたって「光点滅等の映像手法が視聴者の健康に及ぼす影響を防止するためガイドラインが定められており、本作品もそのガイドラインに沿った修正をしている」と事前に案内していた。俗に言う“ポケモンショック”対策のことと思われるが、NHKと民放各社が定めた「アニメーション等の映像手法に関するガイドライン」に則った編集であるのでこれは致し方ない。

筆者は最初、これに気付いていなかったので『:破』序盤の第7の使徒(水飲み鳥みたいなアイツ)対アスカ戦で、映像の鮮やかさが一気に失われたのを見て「あれ? うちのREGZA壊れたかな?」と焦り、電源オン/オフや画質調整を試みながら数時間を費やしてしまったが……。

どちらも、高画質な4Kヱヴァに期待したいちファンとしてはガッカリなポイントではあるが、「映画館で何気なく見ていたあのバトルシーン、実はこんなに光の明滅が激しかったのか」という新しい気付きを得られ、放送局側としても人気コンテンツの4K化・放送にあたってさまざまな知見を得られたのではないか……とポジティブにとらえることにした。

  • NHK BS4K ヱヴァンゲリヲン新劇場版

    カラー公式YouTubeチャンネルに上がっているヱヴァ本編を55X920で再生しつつ、信号情報を確認。Webサイト上でチェックしたところビットレートは15〜20Mbpsで、地デジ並みかそれ以上の画質といった印象。4K画質には及ばないものの十分楽しめる画質で、スマホでヱヴァ本編をサクッと見られる時代になったことに改めて驚いた

シン・エヴァンゲリオン劇場版の公開がいつになるか、新型肺炎の影響が収まらない現状では想像もつかない。だが、年単位でエヴァンゲリオンの新作を待ち続けてきた(若干逃げていたが)筆者にとっては、劇場公開できる状態までこぎ着けたことが分かっているだけでも安心できるというもの。「作ったけど公開はやめます」とか「この現状を終息させた勇者にのみ完結編の鑑賞券を与える」などと無情な宣告を言い渡されているわけではない。皆でStayHomeしつつ、各々できることをこなせばいずれ終息させられるはずなのだ。

未曾有の大災害の先にシンジが、彼らを取り巻くキャラクターたちがいったいなにを見出すのか。筆者はそれが明らかになるであろう『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の新たな公開日発表を引き続き待っている。そして劇場公開まで、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 4K Remastered (true) 2』だとか『The End of ヱヴァンゲリヲン新劇場版 ∞(Infinity)』といったような、“高画質ヱヴァ”の実現に向けた追求が続けられることにひっそり期待している。

  • NHK BS4K ヱヴァンゲリヲン新劇場版

    真希波・マリ・イラストリアス(右)は、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』でも重要な立ち位置のキャラクターとなりそうだ。漫画版エヴァの設定が映画とどうリンクするのか、興味は尽きない
    (C)カラー