NTTドコモやKDDI(au)が5月下旬以降に発売を予定する「Xperia 10 II」。同機は、Xperiaシリーズ特注の縦長ディスプレイを搭載し、背面には超広角を含むトリプルカメラを搭載します。話題の5G通信にこそ非対応ですが、その分端末代金を抑えられる選択肢として有力。執筆時点で価格は未公表ですが、4~5万円前後での取り扱いが予想されます。

今回、ドコモから販売前の試用機「Xperia 10 II SO-41A」をお借りできたので、数日間使ってみた印象について紹介します。

  • Xperia 10 IIは、21:9の縦長ディスプレイが特徴な4Gスマホ

細部にこだわった配慮あるデザインは好印象

現行のXperiaシリーズは、1~10までのナンバリングで性能差を表します。性能が高いほど数字が小さくなり、「10」は価格を優先して機能を抑えたミッドレンジモデルを指します。

同ラインには、2019年2月に発表された「Xperia 10」が存在しましたが、これまでは海外向けの展開のみで、日本国内では取り扱われていませんでした。そのため、本稿で紹介する「Xperia 10 II(エクスペリア・テン・マークツー)」が「10」シリーズとしての国内初登場モデルとなります。

Xperia 10 IIは、性能を抑えたとはいえ、Xperiaシリーズ特有の縦横比21:9の有機ELディスプレイを搭載。インチ数は6.0で、上位機種と比べると一回り小さいものの、表示領域は十分ゆったりと感じました。ノッチがないので横向きに倒したときのビューワーとして違和感がない点は◎。上限のベゼルの広さにも、偏りはほぼありません。

  • 普段筆者が使っているiPhone 11 Pro(右)と並べると、やや細長い

もちろん、最上位の「Xperia 1 II」と比べると、解像度が4KではなくフルHD+であったり、DCI-P3相当の色域を再現できないなど、劣る点はあります。しかし、クリエーター志向な作業を行わなければ、普段使いで気になることはまずないでしょう。ディスプレイは充分綺麗です。

  • 今回レビューした「ブラック」は落ち着いた色。ドコモの場合、カラーバリエーションは「ホワイト」「ミント」「ブルー」も展開

本体サイズは、W69mm×H157mm×D8.2mm。板状のフラットなデザインを採用しており、背面カメラ周りのみ少しだけ隆起しています。従来機の「Xperia 10」では、2眼が横に並んでいましたが、Xperia 10 IIでは3眼が左上で縦並びに。なお、フロントおよびバックパネルには、Corning社のGorilla Glass 6が採用されており、落としても割れにくい点は安心です。

  • 質量は約151g。フレーム部には樹脂素材を使用

実際に手で持ったときには、サイズ感の割に軽い印象を受けます。また、ミッドレンジモデルでありながらも、フレーム部や四隅など、滑らかに角がとられており、心地よく扱えるよう、こだわってデザインされているのは、Xperiaらしい部分でしょう。

  • ディスプレイの上下は長いものの、幅が70mm未満に収められているので、筆者の手では、片手でしっかりと握れます。そのためか、特に扱いづらさは感じませんでした

  • 右側面には指紋センサーを兼ねた電源キーと音量上下キー

  • 上側面には3.5mmイヤホンジャック

  • 左側面にはSIMカードとmicroSDカードスロット(最大1TBのmicroSDXCまで対応)

  • 下側面には、USB Type-Cポートを備えます

マルチウィンドウの使い勝手もよし

さて、縦長ディスプレイが活きる長所は主に2つ。動画コンテンツやゲームなどをゆったり表示できること。そして、マルチウィンドウで複数アプリを同時利用できることです。

Xperia 10 IIの場合、ディスプレイ自体は綺麗なのですが、内蔵スピーカーは下側にしか備わっておらず、横持ちでは音が偏るという弱点があります。ビューワーやゲーム用に使う場合には、有線またはワイヤレスイヤホンを使うのがオススメです。

  • RAMは4GB、ROMは64GB、SoCにはSnapdragon 665を搭載。試しに「PUBG Mobile」をプレイしてみても、不便は感じず。筆者が確認した範囲では、「Game Enhancer」機能も見当たらず

一方、マルチウィンドウを目当てに活用するならば、UIの使い勝手は優れていると思います。まず、これまでミッドレンジ帯モデルで採用されてきた「サイドセンスバー」が使用可能。アプリのショートカット起動が素早く行えるほか、上下のスワイプ操作でマルチウィンドウの起動や、戻る操作にも対応します。

  • 縦長画面でのマルチタスクは、ながら操作や調べ物に最適

また、上位モデルと同じく「マルチウィンドウスイッチ」に対応していることも重要なポイント。マルチウィンドウを起動した後に、表示するアプリを容易に切り替えられます。例えば、上半分で「YouTube」を視聴しながら、下半分で「LINE」をしていたときに、ちょっと情報検索をしたいと「YouTube」を「Chrome」に切り替えるような操作が簡単に行えるのです。

  • 境目に表示されるアイコンをタップすると(左)、マルチウィンドウスイッチ画面が表示され、上下の画面で起動するアプリを左右スワイプで選択できるように

こちらはXperiaシリーズのユニークな機能なので、ビューワー利用時のサウンドの臨場感を重視せず、マルチタスク目当てで買う方には、お手頃価格で狙い目な機種と言えるかもしれません。

  • IPX5/IPX8の防水性能、およびIP6Xの防塵性能をサポート。タッチディスプレイは水で濡れても誤動作しずらいので、小雨がふる屋外や水回りでしっかり操作できる点も魅力

3眼カメラはシンプルでも「映える」仕上がり

背面のトリプルカメラは、超広角(焦点距離16mm相当、約800万画素)、標準(焦点距離26mm相当、約1200万画素)、望遠(焦点距離52mm相当、約800万画素)となっています。上位モデルと比べると、超広角や望遠での解像度が控えめです。

  • Xperia 10 IIのカメラを用い、それぞれの倍率で撮影した画角を比較

カメラアプリのUIでは、デジタルズームを含めた0.6X~10Xまでの倍率変更を一つの操作でつなげて行えます。カメラごとにボタンをタップして切り替えるような操作も必要なく、片手でもズーム操作を行いやすい点は◎です。

  • 0.6~10xのズームアウト・インをスライダ操作で行える

静止画撮影では、シリーズお馴染みの「プレミアムおまかせオート」によって最適な設定が自動で適用されます。ミッドレンジといえども、深く考えずにパシャパシャ撮って、それなりに見栄えする写真に仕上がるのは、今ドキの機種ですね。

  • 夕食の麻婆豆腐を撮影。シズル感はバッチリ

  • 風で揺れるタンポポの綿毛を撮影

なお、静止画・動画を問わず21:9の比率で撮影できることも特徴です。端末のディスプレイにぴったり表示したい写真を撮影したり、動画素材として使用するならば、扱いやすいという人もいるでしょう。ただし、処理としてはデータがトリミングされていることになりますので、サイズが少し小さくなる点はご留意を。

  • 21:9のアスペクト比に合わせた動画・静止画を撮影可能。比率はカメラアプリの設定から変更できます

上位モデルが対応する「Cinema Pro」や「Photograpy Pro」といったアプリ、「瞳AF」といった最新機能には非対応です。連写性能については、約10コマ / 秒で、AF / AE追従はありません。

「まだ4Gでいい」人には狙い目のミッドレンジ機

いよいよ5G通信の商用サービス提供がスタートし、対応端末が多く登場して盛り上がっていますが、対応エリアはまだまだ限定的です。新型コロナウイルス感染症(Covid-19)の影響で外出自粛が続く中、まだ5G端末は不要かなという人も多いはず。おサイフケータイが使えて、防水防塵対応、ディスプレイが綺麗で、マルチタスクが行いやすい――。そんな日常使い重視の端末選びならば、Xperia 10 IIはぜひ候補に入れておきたい端末。4~5万円前後という予想価格帯は、4月15日に発表されたiPhone SEと近く、ライバル機にもなりそうです。

繰り返しになりますが、ドコモもKDDIも販売時期は5月下旬以降を予定。今後発表されるであろう価格にも注目しておきたいところです。

Xperia 10 II SO-41A(ドコモ版)の主な仕様

  • OS: Android 10
  • CPU: Qualcomm Snapdragon 665/2.0GHz+1.8GHz(オクタコア)
  • 内蔵メモリ: 4GB
  • ストレージ: 64GB
  • 外部ストレージ: microSDXC(最大1TB)
  • サイズ: W69×H157×D8.2mm
  • 重量:約151g
  • ディスプレイ(解像度): 約6.0インチ 有機EL(2,520×1,080ドット) メインカメラ: 約800万画素+約1,200万画素+約800万画素 インカメラ: 約800万画素
  • Wi-Fi: 〇
  • Bluetooth: 5.0
  • バッテリー容量: 3,600mAh
  • 連続待受時間: 未定
  • 通信速度(4G): 受信最大500Mbps/送信最大75Mbps
  • 防水/防塵: ○/○
  • 生体認証: ○(指紋認証)
  • ワンセグ/フルセグ: ―/―
  • 接続端子: USB Type-C
  • カラーバリエーション: Black、White、Mint、Blue