最近はSNSで誕生日をお祝いすることも珍しくなくなりましたね。メッセージで「お誕生日おめでとう!」と送るのもいいのですが、せっかくのお祝いですから、LINEのバースデーカード機能を使ってみてはいかがでしょうか。とても喜ばれますよ。

LINEのバースデーカードは、前日にカードを登録しておけば、誕生日当日に本人に公開される仕組み。もし誕生日前日にバースデーカードを送り損ねても、当日以降にバースデーボードの「カードを書く」から送ることができます。

なお、この機能は誕生日を登録している人だけに適用されます。もし、自分が誕生日をお祝いしてほしいなら、「設定」の「プロフィール」で誕生日を設定し、「誕生日を公開」をオンにしてください。

それでは、バースデーカードの使いかたを説明します。

バースデーカードを投稿する

LINEのバースデーカードは、タイムラインに表示されるカード状のデザインをした投稿。誕生日を迎えた人は、複数の友だちから寄せられたカードがツリー形式で連なる「バースデーボード」としてまとめて見られるようになります。

でも、自分が送ったバースデーカードをほかの人に見られたくない人もいるでしょう。その場合、「非公開モード」に設定すれば、友だちと自分だけしか見られないカードにすることができます。

  • 誕生日を登録している友だちがいる場合、誕生日前日にタイムラインに通知が届くので、タップしましょう

  • バースデーカードの画面が表示されるので、「バースデーカードを書く」をタップします

  • 「カードデザインを選択」をタップします

  • デザインを選択して、メッセージを入力したら、送信ボタンをタップ。非公開モードにしたい場合は「非公開に設定する」にチェックを付けてから送信します

  • 作成したバースデーカードが、友だちのバースデーボードに登録されました。まだ本人は見られません

バースデーカードを見る

LINEに誕生日を登録している場合、誕生日当日にタイムラインに通知が届きます。その通知をタップ、またはタイムラインを開くと、バースデーボードが表示されます。バースデーボードには友だちから送られたバースデーカードがツリー状に並びます。

バースデーボードは本人だけでなく、友だちからも見えます。また、カードを送らなくても、バースデーボードの風船ボタンをタップしてお祝いできるので、当日友だちの誕生日に気づいた場合にお祝いしてみてはいかがでしょうか。

  • 誕生日当日に本人にバースデーボードが公開されます。「お祝いを見る」をタップします

  • 友だちからのバースデーカードが表示されます。スクロールするとほかの友だちからのカードを見ることができます

  • バースデーボードで「すべてのお祝いを見る」をタップします

  • 風船を送ってくれた人、カードを送ってくれた人を確認できます。これを見ることができるのは本人だけです