「左右2つの鍋でカレーとごはんを同時に調理できる」――というインパクトのある内容で大きな話題を呼んだのが、ショップジャパンを展開するオークローンマーケティングが発表した自動調理鍋「ツインシェフ」。19,800円(税別)というお手ごろな価格もあって、ショップジャパンでは入荷待ちの状態が続いているほど。「ホントに使えるの!?」という疑問に答えるべく、家電のプロレビュアーとして知られる石井和美さんにレビューしていただきました。

あのツインシェフがやってきた!

2019年は、さまざまなメーカーから電気圧力鍋が相次いで発売された。43年前から電気圧力鍋を販売している草分け的存在のパナソニックもリニューアル。自動調理鍋「ホットクック」を発売しているシャープも、少人数用のコンパクトなタイプを発売。共働き世帯が増え、料理に手をかけられないが栄養のあるものを家でゆっくり食べたい……という世帯のニーズにマッチした電気調理鍋や電気圧力鍋は、現在注目されているジャンルの家電といえる。

ほったらかしで調理ができる調理家電が続々と発売されるなか、すい星のごとく現れたのが、ショップジャパンの「ツインシェフ」である。2つの鍋でごはんとおかずが1度に調理でき、蒸しトレイを使えば同時に4品作ることも可能だ。これまでは、1つの鍋で最大2品という製品がほとんどだったが、ツインシェフは材料を入れてボタンを押すだけで4品まで料理ができる。蒸しトレイは周囲にスリットが入っており、下の内鍋に入れた水や食材からの蒸気が上に回るようになっている。

  • すごいインパクトの「ツインシェフ」。4品まとめて同時調理ができる

  • 横幅は41cm。ちょっと大きめだが、自動調理鍋を2つ並べるよりは小さい

  • 背面。上蓋のヒンジ部分が見えている

  • うれしいのは、電源コードが1本なので電源が1つで足りるところ

調理内容別のクイックメニューは白米炊飯、玄米炊飯、炊き込みご飯、雑炊、おかゆ、スープ、煮込み料理、蒸し料理、ケーキ、ヨーグルトの10種類を用意している。いずれも、それぞれのメニューに合わせた最適な火加減と時間がプリセットされている。

調理温度と時間は手動での調整も可能。温度は35~130度まで、時間は5分単位で1分~12時間で、保温機能や温め直し機能も搭載している。内なべにはフッ素コーティングが施されているが、お米を内鍋で洗うことはできない。

調理家電を2つ並べるよりも場所をとらない

ツインシェフで同時調理できるメリットは、なんといっても場所をとらないこと。ツインシェフのサイズは幅410mm×高さ210mm×奥行300mmで、一見大きく見える。しかし、ヘルシオ ホットクック(2.4L)は幅が395mmもあり、その差はたった15mm。2台並べるよりも省スペースで済む。

幅を抑えられた工夫は、内鍋の構造だ。容量1.8L(満水容量は2.5L)の内鍋が2個付属しているが、それぞれの鍋は円ではなく「D」の形をしているのがポイント。それぞれ、直線部分を向かい合わせるようにしてセットするため、丸い形の内鍋をそのまま2つ並べるよりも横幅がコンパクトに収まるのだ。最近はキッチン家電も増え、置き場所や電源問題で悩む人も多いが、同時に4種類の調理ができて電源が1つで済む、というのはうれしい。

  • 内鍋と蒸しトレイをセットした状態

  • 内鍋をセットした状態

  • 内鍋はDの形をしている

さらに、同じ形状で底が浅い蒸しトレイ(600mL)が2個付属している。上に蒸しトレイを置くことで、炊飯や調理をしながら野菜やシュウマイなどを蒸すことができる。ただし、ヘルシオ ホットクックのような攪拌機能はない。

  • 蒸しトレイも2個付属。周囲には、蒸気を通すためのスリットが入っている

  • しゃもじ、おたま、計量カップも付属

  • ヘルシオ ホットクック(左、2.4L)と比較。実は15mmしか横幅に差がない

消費電力は合わせて900W、ごはんは美味しく炊けるのか?

白米は4合まで、玄米は3合まで炊飯できる。仕様書を見て気になったのが消費電力だ。合わせて900Wで、片側だと450Wしかない。同じ4合炊き炊飯器の場合、象印の高級モデル「炎舞炊き NW-ES07」は1140W。5合未満のエントリーモデルでも700W前後あるので、比較すると消費電力は低めだ。

一般的に、炊飯器は高い火力で一気に沸騰させることでうまみを引き出せ、甘みも増す。また、内鍋はある程度ゆとりがあるとお米が対流してふっくら炊き上がるが、ツインシェフの内釜は4合タイプとしては小さめだ。火力が弱く、内鍋も小さめなので、炊飯器として使用するのは少々不安を感じた。

カレー+蒸しトレイの同時使用は無理だった

実際に美味しく調理できるのか、最初に炊飯とカレー、蒸しトレイで蒸し野菜を同時に作ってみることにした。

高級炊飯器は内鍋で米を研げるが、ツインシェフは内鍋で米を研ぐことができないため、手持ちのボウルを使用した。計量カップは付属しているので、そちらを利用する。

  • お米は内鍋で洗えないので、別にボウルを用意して洗米

  • 左に白米4合、右にカレー6人分をセット

  • 左の蒸しトレイにはブロッコリーとしめじ、右の蒸しトレイにはれんこんとカボチャを入れて蒸した

2つの鍋は、向かって左が「1」、右が「2」で、調理する鍋を選択する。左右はそれぞれ独立しているので、同時または別々に調理を行うことも可能。片方を調理中でも、もう片方の鍋を設定できる。

調理メニューは「1」または「2」をタッチして選択する。「1」は、4合の白米を研いでセットして「炊飯」を選び、「2」はカレーの材料をセットして「煮込み」を選択し、初期設定の40分でスタートした。調理時間は炊飯では変更できないが、煮込みは変更できる。すべて設定したのちに「OK」をタッチすると調理が始まった。

  • 左の炊飯をセット中。時間は表示されない

  • カレーは「煮込み」を選択。初期設定の40分で作ってみた

蒸しトレイは、ごはんの上にブロッコリーとしめじ、カレーの上にはかぼちゃとレンコンをセットした。頭の中で思い浮かべていたメニューは、カレーライスと根菜サラダだ。

調理中は一般的な炊飯器のような蒸気が出ることもなく、音は驚くほど静かだった。調理は、どちらも40分ほどで終了した。

  • 調理中は音が静か。蒸気も出なかった

さあ、いよいよフタをオープン! ……すると、右側のカレーと一緒に蒸しトレイで調理していた根菜類が、カレーに浸かっていた!

カレーは粘度が高いため、フタをした状態でぐつぐつと沸騰した際に蒸しトレイのスリットを伝ってカレーが入ってしまったらしい。蒸し野菜として食べようと思っていたレンコンとカボチャがカレー味に変わってしまっていた。これはちょっとショック……。

このあたりの組み合わせの可否や注意事項については、二段調理ができるタイガー魔法瓶の「タクック」や、シャープの「ホットクック(1L)」では、取扱説明書にちゃんと明記してある。しかし、このツインシェフでは記載されていないので、最初は戸惑うかもしれない。

  • フタを開けた瞬間に「アッ!!」と声が出てしまった。右の根菜がカレーまみれに……

  • 蒸しトレイを外すと、ごはんとカレーができていた。ごはんは炊けていたが、いささか潰れてしまっている

炊飯のほうにセットしておいた蒸しトレイのブロッコリーとしめじは、火が通りすぎていた。もう少し短い時間で取り出したいところだが、蒸しトレイの温度や時間は調整できないため、途中で取り出すなど自分で調整する必要がある。

ツインシェフは圧力をかけているわけではないので、途中で簡単にフタを開けることはできる。ただ、炊飯中はフタを開けて温度を下げてしまうと美味しく炊くことができないため、炊飯と蒸し野菜の組み合わせは相性が悪いと感じた。煮物調理などと一緒に炊飯調理し、途中で様子を見ながら途中で取り出したい。

また、最大の4合で炊飯してしまったため、蒸しトレイで空間が狭くなり、ごはんが潰れていたのは気になった。ツヤやもっちり感もいまひとつで、甘みも薄い。蒸しトレイを併用して調理する場合は炊飯の量を少なめにし、1~2合で炊くと変わるのかもしれない。次回はごはんを少なめにして挑戦したい。

  • ごはんは少し硬め。甘みは薄く、粒感もいまひとつ。4合でめいっぱい炊くよりも、少なくしたほうが美味しく炊けるのかもしれない。次回、少なめで炊いてみることに

いつも高級炊飯器で食べ比べをしている子どもたちは、ごはんが変わったことに目ざとく気付いたようで、「いつもより美味しくない気がするんだけど」と言われてしまった……。

ただ、カレーは大成功! 最大6皿分のカレーを作ることができたので、1~2人の少人数世帯でも作り置きで翌日まで楽しめる。じゃがいもやにんじんもしっかり火が通っており、それでいて焦げることもなく、家族にも好評だった。

  • カレーは大成功! じゃがいもも、ちょうどよく火が通っている

  • 根菜がカレーに浸かっていたので根菜カレーに。これはこれで美味!

次回はさまざまな調理に挑戦!

今回はファーストインプレッションとしてカレーとごはん、蒸し料理を試してみたが、実際に調理してみると電源が1つで同時調理ができるのは思いのほか便利だった。横長ではあるが、一般的なレンジラックなどの棚にも置けるサイズ感もうれしい。

次回は、中華丼やローストビーフ、シューマイなど、本格的な調理を行ってみたい。

石井和美

著者プロフィール
石井和美

白物家電のレビューを行う家電プロレビュアー。 2018年より家電をレビューするためだけの一軒家「家電ラボ」を開設。自身でも「家電Blog」を運営する。