年末の風物詩となった冬のコミケ(コミックマーケット)がいよいよ開幕しました。「新刊を用意できたけど、時間がなくてギリギリで大変だった…」という同人作家さんも多かったのではないでしょうか?

そのような忙しい作家さんの間で密かに話題になっているのが、キヤノンが無料で提供している「おうちでつくる同人誌」のサービス。コミケの直前まで自宅のインクジェット複合機で同人誌が簡単に印刷できるとあって、注目を集めています。満足できる内容なのかどうか、本業の傍ら趣味で同人誌を作っている筆者が実際に試してみました。

  • 自宅のインクジェット複合機を使えば、印刷所に依頼して作るオフセット印刷の同人誌にはない魅力を持つ同人誌が作れる! コミケ当日の早朝まで粘って作れるのも見逃せない

「あなたのおうちが印刷所」になる

イベントカタログのサークルカットに堂々と書かれた「新刊あります!」の文字。しかし、日々の雑務に追われ、時間的に余裕があったはずのイベントが気付くと目前に迫っている……ということも少なくありません。そのようなお尻に火がついた状況でも、「印刷所に入稿する時間はないけれど、オンリーイベント(内容を限定して実施する即売会)だし何とか新刊を出したい!」「初ジャンルだし部数も読めないから、最初はコピー本で……」「ノベルティとしてオマケ本を作ろう!」と考える同人作家さんも多いはず。そのような作家さんの心強いミカタとなるのが、家庭用インクジェット複合機(インクジェットプリンター)を使った同人誌製作です。

プリンターメーカーはいくつかありますが、同人作家活動を積極的にプッシュしているのが「PIXUS」シリーズでおなじみのキヤノン。同社のWebサイト内に「おうちでつくる同人誌」という特設サイトを設け、PIXUSを使って簡単&高品質に同人誌が作れる、ということを解説した独自のプロジェクト&サービスを展開しています。

  • 黄色の猫さんが同人誌をプリントしているアニメーションが印象的な、キヤノンの「おうちでつくる同人誌」の公式サイト

2018年からスタートしたこのプロジェクトでは、同人誌の編集ソフト「Booklet Print」(Windows専用)を無料で提供しているほか、イベントでの告知に最適な「お品書き」や「値札」、オマケ本に最適な「折り本」など、さまざまなテンプレートも用意。イベントに出展する作家さんにとって、うれしいサービスやコンテンツがぎゅっと詰まっています。

  • 折りたたむだけで作れる値札

  • 折り本や豆本も作れる

筆者は、ライター業の傍ら、わが家の猫との生活や、旅先で出会った猫との思い出を綴った写真&エッセイの同人誌を作って、コミックマーケットやデザインフェスタなどのイベントに出展しています。写真や文章、イラストの位置まで、1からデザインして同人誌を作る作業は、普段の仕事とは違う楽しみがあります。

ふだんは印刷業者に依頼してオフセット印刷の同人誌を注文していますが、Booklet PrintとPIXUSを使った同人誌づくりがどれほど実用的にできるのか、挑戦してみました。

  • 筆者の同人誌「大きな猫との過ごし方」。わが家の猫との生活を写真とエッセイで綴っています。左が印刷所に依頼して作ったオフセット印刷の同人誌、右がPIXUSで作った同人誌です

PDFを流し込むだけでページを自動で配置

自宅のプリンターで本を作る際に最も面倒なのが、「面付け」と呼ばれる作業です。「中とじ」による両面印刷のきれいな本を作るためには、4の倍数のページ数になるように本文を作ったうえで、順番で印刷されるようにページを並べ直さなければいけません(この作業を“面付け”と呼びます)。

面付けをひとつ間違えると、ページを順番にめくっていっても本文やマンガの内容がつながらないという悲惨な乱丁本を生み出すことになりかねません。それを恐れる筆者は、コピー本を作る際、片面印刷の紙を2つ折りにする「袋とじ」の製本を行ってきました。袋とじは失敗がないものの、本が分厚くなってしまい、ホチキス留めしづらくなるといった欠点もあります。

しかし、Booklet Printならば面付けで頭を抱える必要はまったくありません。原稿のPDFを読み込むだけで、なんと本文を自動で配置してくれるのです! 余白を調整したり、ちょっとページを入れ替えたい時も、アプリ上で該当のページをドラッグ&ドロップするだけ。初めての人でもサクサクと簡単に編集できるでしょう。また、ページを自動でめくるアニメーションが付いたプレビュー動画の作成機能もあるので、印刷前にできあがりのイメージがつかめるほか、SNSなどで告知に使うこともできます。

  • 「Booklet Print」での編集画面。面付けは自動でやってくれるので、ミスの心配はいりません。両面印刷の中とじ本の作成がこんなに簡単にできるなんて…。ページの入れ替えや余白の調整もラクチンなんです

冊子プレビューの機能を使えば、印刷前にできあがりのイメージが確認できます

筆者は写真主体の本を含め、原稿はWordで作り、それをPDFに変換して同人誌を製作しています。同人誌というと、特別なデザインソフトが必要というイメージがありますが、文字や写真が主体であればMicrosoft Officeだけでも十分に本作りが楽しめます。

  • Wordで作った原稿。これをPDFに変換すればBooklet Printに読み込めます

そのまま製本できる順番でプリントされてくる!

今回は、オフセット印刷をしたことがあるA5フルカラー32ページの猫写真本をPIXUSで印刷してみました。今回使用したのは、2019年の最新モデル「PIXUS TS8330」。写真がメインの内容なのでちょっと時間はかかりましたが、紙を入れ替える手間もなく自動で両面印刷されていく様子を見て、「今どきのインクジェット複合機、やるな……!」と感じた次第です。

  • 2019年の売れ筋モデル「PIXUS TS8330」。実売価格は税込み2万7000円前後で、3,000円のキャッシュバックキャンペーンも実施しています(2020年1月14日購入分まで)

  • プリンターの前で印刷する様子をじっと見守るうちの猫様(猫あるある)

単にきれいにプリントしてくれるだけでなく、いろいろと気が利いている点も評価したいと感じました。まず、プリントされたものがそのまま製本できる順番で出てくること。手作業で順番をそろえる必要はないので、乱丁の心配がありません。

  • Booklet Printを使えば、そのまま製本できる状態で用紙がプリントされます

  • 両面印刷もこの通り。乱丁の心配がないのはありがたいと感じます

さらに、中とじする際のホチキスの位置に自動的に印を付けてくれるのも気が利いていると感じました。失敗のリスクが減らせる配慮が随所に見られ、頭が回らない寝不足の状態で本を作ることが多い同人作家さんにはうれしい限りです。

全体に色鮮やかに、写真は精細にプリントできる

では、実際に製本したものを見てみましょう。紙は、表紙用には「キヤノン写真用紙・微粒面光沢 ラスター」を、本文用には「キヤノン普通紙・ホワイト 両面厚口」を使用しました。

左が家庭用インクジェットプリンターで印刷した同人誌、右が印刷所に発注したオフセット印刷の同人誌です。好みは分かれると思いますが、自宅のプリンターで印刷したほうが色が鮮やかに出ていることが分かります。

  • インクジェットプリンターでの印刷(左)とオフセット印刷(右)との比較。好みもありますが、インクジェットも文句なしの仕上がりです

  • 色の鮮やかさはインクジェットプリンター(左)のほうが優れていると感じます

  • 特に、写真の精細感やクオリティはオフセット印刷よりも優れています

同人誌印刷の場合、表紙の色校正で印刷所とやり取りする機会が少なく、思ったようなような仕上がりにならないこともあります。自宅のプリンターで印刷する場合は、好みの色合いになるまで何度もやり直しができる点が魅力です。

和紙やトレペなど味のある紙も使える

印刷所では扱っていないような紙を使うなど、好みの装丁にできるのも、おうちで作る同人誌の魅力です。今回は、透かし模様の入った和紙を“遊び紙”として表紙と中表紙の間に挟んでみました。和紙以外にも、トレーシングペーパーを入れたり、長めの紙を折り込んでピンナップにするなど、個性を出した装丁が楽しめます。

  • 表面に凹凸のある和紙にもプリントできます。ホチキス留めの目安が自動でプリントされているのも分かります

  • 表紙と中表紙の間にかわいい和紙を入れてみました

写真中心の本だけでなく、文章主体の本も作ってみました。文章主体の本は見た目が地味になりがちなので、本文用にクラフト用紙を使い、ハンドメイド感を出してみました。クラフト用紙でも色が薄めのものを選んだので、文字の可読性も悪くありません。

  • 文章メインの本でも、紙質を変えるだけで雰囲気がぐっと良くなります

  • 文字色とのマッチングも上々。内容に応じて紙選びできるのも、おうち同人誌づくりの魅力です

おうち同人誌づくりの際に注意したいのが、インクヘッドの調整やクリーニング。これらを済ませておかないと、インクジェットプリンター特有の筋が入ってしまうことがあります。本番の印刷の前に試し刷りをしてしっかり確認しておきましょう。

  • ヘッドの調整が完璧でないと、インクジェットプリンター特有の筋がうっすら見えてしまうことも

シールやマステを使ってかわいくデコレーション!

同人誌の顔ともいえる表紙にも凝ってみましょう。まず、濃い目のクラフト紙に文字のみを印刷します。次に、シール用紙に写真を印刷して表紙に貼り付けたあと、マスキングテープとシールでスクラップブック風にデコレーションしてみました。気軽にコラージュが楽しめるのも、おうちで作る同人誌ならではの楽しみ方といえます。

  • 市販のマスキングテープやシールを用意します

  • このように、スクラップブック風のデザインにできました

  • 光沢のあるゴールドのマスキングテープが目を引きます

  • 立体感のある装飾のシールも目を引きそうです

同人誌というと、マンガやイラストが上手に描けないと作れない……と思っている方も多いのですが、実際はそんなことはありません。今はマンガやイラスト以外にも、小説、食レポ、料理レシピ、評論、旅行記、コスプレ写真集など、さまざまな形の同人誌があります。おうちプリンターで手軽に始められる「おうちでつくる同人誌」で、手作り本を作ってみませんか?

キヤノン おうちでつくる同人誌」の公式ツイッターでは、印刷におすすめの印刷用紙や、グッズ作りのアイデアなど、情報を定期的に発信しています。このサービス開発に携わっている方も現役の同人作家さんということで、同じ目線でモノ作りをしているのがひしひし伝わってくる内容となっています。ぜひチェックしてみてください。

  • 便せんなどのオリジナル小物もきれいに作れます

著者プロフィール
石山真紀

法政大学卒業後、輸入食品卸、アパレル企業にて販売の現場に携わる。その後、流通コンサル企業に転身。結婚による退職後、物流業界新聞社、流通業界雑誌社を経て、2008年よりフリーの編集・ライターへ。主な取材領域は食品、日用品、医薬品、流通業界、音楽・美術、ペット関連など。無類の猫好きで現在はノルウェージャンフォレストキャットのあーにゃと同居中。趣味で猫写真の本とハンドメイド雑貨を作っています。Twitterアカウントは「@juriism」。