日本HPは12月4日、13.3型コンバーチブルPCとして世界最小(同社調べ)のフットプリントを実現した「HP Spectra x360 13」など、プレミアムノートPCの4製品を発売しました。「つくり」にこだわった新モデル、銀座のBARNEYS NEWYORKにてショーウィンドウに並びます。

  • 日本HPの個人向けプレミアムノートPCは、スタイリッシュなデザインを重視

4製品はすべてコンバーチブルタイプの2in1 PC。ポセイドンブルーとアッシュブラックの2色で展開する13.3型「HP Spectra x360 13」、パームレストとタッチパッドにウォルナット材を採用する15.6型「HP ENVY x360 15 Wood Edition」、同じく13.3型「HP ENVY x360 13 Wood Edition」、そして日本限定モデルとなる13.3型「HP ENVY x360 13 セラミックホワイト」です。

最小構成価格は、HP Spectra x360 13が139,800円から(以下すべて税別)、HP ENVY x360 15 Wood Editionが122,800円から、HP ENVY x360 13 Wood Editionが92,800円から、HP ENVY x360 13 セラミックホワイトが89,800円からとなっています。

  • HP Spectra x360 13

    HP Spectra x360 13のポセイドンブルー

  • HP Spectra x360 13

    HP Spectra x360 13のアッシュブラック

  • HP ENVY x360 15 Wood Edition

    HP ENVY x360 15 Wood Edition

  • HP ENVY x360 13

    日本限定モデルとなる、HP ENVY x360 13のセラミックホワイト

クリエイティブ志向の高いユーザーに向けたデザイン

日本HPのプレミアムノートPC(2019年モデル)は、ラグジュアリー路線をさらに進めたといえそうです。新製品の発表会は、銀座「BARNEYS NEWYORK」で行われました。2020年1月7日からはここで、新製品のウィンドウディスプレイも予定しています。銀座のファッションブランドと並べても見劣りしない、事務機器からの完全脱却を果たした新世代パソコンの姿をアピールする狙いです。

日本HP 専務執行役員 パーソナルシステムズ事業統括の九嶋俊一氏によれば、「ワールドワイドでは、ミレニアム世代よりさらに若いZ世代(現在22歳未満)でPC利用が拡大しています」とのこと。九嶋氏は、現在23歳~28歳前後のミレニアム世代のPC利用時間は週に27時間程度である一方、Z世代では32時間になっているとの調査結果を示しました。

ミレニアム世代は、スマートフォンに慣れたためPC離れが進んだとの見方もあります。そこで九嶋氏は、「Z世代はクリエイティブ志向が強くなり、スマートフォンよりも大きく見やすいPC画面でクリエイティブな作業を行うニーズが高まっているのではないか」と分析。日本国内でもPCを利用するユーザーが増加していくと予測します。

「PCをクリエイティブな作業に使う人ほど、PCにも自分のセンスに合ったデザイン性を求める傾向があります。SpectreとENVYはそこにマッチする製品であり、プレミアムシリーズだけで見ると前年比で68%の成長という、当社PCの牽引役になっています」(九嶋氏)

  • 日本HP 専務執行役員 パーソナルシステムズ事業統括の九嶋俊一氏

    日本HP 専務執行役員 パーソナルシステムズ事業統括の九嶋俊一氏

Windows Hello対応の極小カメラ採用で本体の奥行きを22.5mmも縮小

プレミアムシリーズのデザインを手がけるのは、米国HP パーソナルシステムズ デザイン部門 グローバル責任者のステイシー・ウルフ氏。ウルフ氏がデザインするときは、「PCのデザインがどうあるべきか、遠い未来の姿を想像してから、そこに至る過程となる近い未来を想像して、プロダクトデザインに落とし込んでいく」そうです。

  • 米国HP パーソナルシステムズ デザイン部門 グローバル責任者のステイシー・ウルフ氏

    米国HP パーソナルシステムズ デザイン部門 グローバル責任者のステイシー・ウルフ氏

そんなウルフ氏にとって、Spectreは事務用品ではなく、工芸品といって良い完成度を持つとのこと。

HP Spectra x360 13の2019年モデルは、2018年モデルと比べて、画面サイズはそのままで本体の幅を1mm、奥行きは22.5mmも小さくしました。厚みは2.5mm増していますが、フットプリントが小さくなったことで可搬性は大きく向上しています。重さも1.32kgから1.24kgへと軽くなりました。

  • HP Spectra x360 13

    HP Spectra x360 13の2018年モデルと2019年モデルの大きさを比較したイメージ

2019年モデルで採用したウルフ氏の自慢の技術は、超小型のWebカメラ。2.2mmの極小サイズのカメラモジュールで、狭額縁化に大きく貢献しています。このサイズでありながら、Windows Helloの顔認証機能にも対応しているのは驚きです。ウルフ氏は「米粒サイズ」と表現しましたが、実際のところ米粒よりも小さいです。

  • HP Spectra x360 13

    HP Spectra x360 13(アッシュブラック)を正面から見たところ。画面を囲む狭額縁がよく分かります

  • HP Spectra x360 13

    画面上部を拡大してみましょう。小さな白い四角の部分がWebカメラです。サイズは2.2mm!

  • HP Spectra x360 13

    これがWebカメラの機構です。黒い部分にWebカメラのレンズが組み込まれています

細部までこだわったモノづくり

日本HP パーソナルシステムズ事業統括 コンシューマー事業本部 本部長の沼田綾子氏は、「Spectreは常にひとつ、最上級を意味する『est』を目指してきました。2019年モデルでは、13.3型コンバーチブルPCとして世界最小のフットプリントを実現。よりコンパクトになったことで、女性用のカバンでも出し入れが簡単になりました」と話します。堅牢性も高く、500kgf超の耐圧試験をパスし「満員電車も怖くない」と。

  • 日本HP パーソナルシステムズ事業統括 コンシューマー事業本部 本部長の沼田綾子氏

    日本HP パーソナルシステムズ事業統括 コンシューマー事業本部 本部長の沼田綾子氏

画面は、反射を減らしてコントラストと透過率を高めるアンチリフレクションディスプレイを採用。非光沢ディスプレイは表面が粗くなるので、アクティブペンを使ったときにペン先が摩耗しやすい問題があるそうですが、アンチリフレクションディスプレイにはそうした問題もなく、指紋も目立たず、コストも抑えられるそうです。

  • 2019年モデルでは、アンチリフレクションディスプレイを採用

4K有機EL(OLED)を搭載するモデル(パフォーマンスモデル)では、コントラスト比100,000:1を実現。直射日光の下でも快適に映像が見られます。

本体側面には、物理的にWebカメラをOn/Offする、カメラキルスイッチを搭載。また、F12キーにマイクミュートの専用ボタンを設け、ミュートがスマートに利用できるなど、細部にもこだわっています。

また、DSI mobileのSIMMカードを同梱するLTE対応モデル(WWANモデル)もラインナップ。最大3カ月間、無料で7GBまでのデータ通信を使えます。加えて、2020年早春に搭載を予定するプライバシーモードも紹介しました。これは画面を横から見たときに暗くなるようにするという、のぞき見を防ぐ機能です。

HP Spectra x360 13の主なスペックは、CPUがIntel Core i5-8265UかCore i7-8565U、メモリは8GBか16GB、ストレージは256GB・512GB・1TB SSD(PCIe NVMe M.2)。ベーシックモデル以外は、Intel Optaneメモリー 32GB(NVMe M.2)も搭載します。バッテリー駆動時間は最大22時間。本体サイズはW307×D194.5×H16.0~18.5mm、重さは1.24kgです。

  • HP Spectra x360 13

    HP Spectra x360 13(アッシュブラック)のタブレットモード。画面占有率は90%。ほぼ画面だけになります

  • HP Spectra x360 13

    HP Spectra x360 13(アッシュブラック)の右側面。2018年モデル同様、コーナーにもUSB 3.1 Type-C Gen2(Thunderbolt 3、電源オフチャージ対応)を搭載することで、側面の端子が使いにくいシーンをフォロー。microSDカードスロットの右にはプライバシースイッチ(カメラキルスイッチ)があります

  • HP Spectra x360 13

    HP Spectra x360 13(アッシュブラック)の左側面。コーナーは電源ボタン。ヘッドフォン/マイクコンボポートの横はUSB 3.1 Type-A(電源オフチャージ対応)

1台ずつ個性を持つ本物の木目を持つPC

HP Spectra x360 13とともに、プレミアムシリーズを構成する「HP ENVY x360 13」は、「Mixed Materials」(素材の混合)が図られました。本体を構成する部材として「木」を採用したのです。

  • HP ENVY x360 13 Wood Edition

    HP ENVY x360 13 Wood Edition

  • HP ENVY x360 13 Wood Edition

    HP ENVY x360 13 Wood Edition(左)、HP ENVY x360 15 Wood Edition(右)のサイズ比較

ステイシー・ウルフ氏は、「ENVYは『折り紙』に触発され、3Dの折り曲げる感覚をデザインに取り入れることから始まったプロダクト。現在はMixed Materialsのもと、ウォルナット材を使うことになりました。これは見栄えだけが理由で使っているのではありません。自然が持つユニークな特徴を取り入れたいからなのです」と語ります。

ウルフ氏のいうユニークな特徴とは、すべてのPCが異なる木目のデザインを持つこと。均一の製品を提供するメタルソリューションだったPCが、1台ずつ違った個性的な製品になるという意味なのです。

ウォルナット材はテクスチャとして機能するだけでなく、パームレストの中にタッチテクノロジーを組み込んでナノコーティング。これにより、木の触感を保ったままPCを操作できるようになっています。

  • HP ENVY x360 13 Wood Edition

    HP ENVY x360 13 Wood Editionのタッチパッド。スベスベしていて、とても心地よい感触です。新しいドライバによって操作性も向上しているそうです

HP Spectra x360 13はAMDのCPU、HP Spectra x360 15はIntelのCPUを採用しています。またHP ENVY x360には、2018年モデルで実装されたプライバシーモードを継続して搭載(HP Spectra x360 13で搭載予定のものとは異なります)。F1キーを押すと画面を白く濁らせて、周囲からののぞき込みを防ぎます。

  • HP ENVY x360 13 Wood Edition

    F1キー押下で画面を白濁させ、視野角を狭めてプライバシーを守ります

  • HP ENVY x360 13 Wood Edition

    HP ENVY x360 13 Wood Editionの右側面。左からプライバシースイッチ(キルカメラ)、MicroSDカードスロット、USB 3.1 Type-C Gen1、USB 3.1 Type-A(電源オフチャージ対応)、電源コネクタ

  • HP ENVY x360 13 Wood Edition

    HP ENVY x360 13 Wood Editionの左側面。左からUSB 3.1 Gen1、ヘッドホン/マイクコンボポート、電源ボタン

HP ENVY x360 13 Wood Editionの主なスペックは、CPUがAMD Ryzen 3 3300U・Ryzen 5 3500U・Ryzen 7 3700U、メモリは8GB・16GB、ストレージは256GB・512GB SSD(PCIe NVMe M.2)。バッテリー駆動時間は最大14.5時間。本体サイズはW306×D212×H14.5~16.0mm、重さは1.28kgです。

HP ENVY x360 15 Wood Editionの主なスペックは、CPUがIntel Core i5-10210U・Core i7-10510U、メモリは8GB・16GB、ストレージは512GB SSD(PCIe/NVMe M.2)およびOptaneメモリーを32GB(NVMe M.2)。バッテリー駆動時間は最大13時間。本体サイズはW359×D245×H17.0~18.0mm、重さは1.98kgです。

和のテイストただよう純白のENVY

HP ENVY x360には国内市場向けの特別エディションとして、セラミックホワイトモデルが用意されます。微細なところまでセラミックライクなコーティングを施し、タッチパッドとも調和の取れた、フルホワイトの美しいたたずまいです。国内市場の反応次第では、海外にも展開する可能性もあるとのこと。

ちなみに、Wood Editionは都市部の家電量販店での取り扱いを予定していますが、セラミックホワイトモデルは家電量販店では扱われないそうです。

HP ENVY x360 13 セラミックホワイトモデルの主なスペックは、CPUがAMD Ryzen 3 3300U・Ryzen 5 3500U・Ryzen 7 3700U、メモリは8GB・16GB、ストレージは256GB・512GB SSD(PCIe NVMe M.2)。バッテリー駆動時間は最大14.5時間。本体サイズはW306×D212×H14.5~16.0mm、重さは1.28kgです。

  • HP ENVY x360 13

    HP ENVY x360 13 セラミックホワイトモデルを正面から見たところ

  • HP ENVY x360 13

    バックライトでWindowsキーが青く光るギミックはとてもカッコイイ。ですが、実際の製品版でこの仕様になるかは未確定だそう。ぜひこのまま実装してほしい!

  • HP ENVY x360 13

    HP ENVY x360 13 セラミックホワイトモデルの背面。ほかのモデルはヒンジなどでゴールドを採用していますが、すべてホワイトになっており、まさしく真っ白

  • HP ENVY x360 13

    HP ENVY x360 13 セラミックホワイトモデルの右側面

  • HP ENVY x360 13

    HP ENVY x360 13 セラミックホワイトモデルの左側面

  • HP ENVY x360 13

    HP Spectra x360 13とHP ENVY x360 13で共通の同梱するアクティブペン

銀座の認めるラグジュアリーPCが、BARNEYS NEWYORKのショーウィンドウに

冒頭でも触れましたが、銀座のBARNEYS NEWYORKにて、ショーウィンドウにHP Spectra x360 13とHP ENVY x360 13が並びます(2020年1月7日から1月27日まで)。もともと「プレミアムシリーズを展示するなら、BARNEYS NEWYORKのようなオシャレなショップに飾ってほしい」との声が日本HPの社内にあり、たまたまトントン拍子で話が進んだそうです。

BARNEYS NEWYORKで製品を購入できるわけではありませんが、2020年1月14日から1月19日までは、店内のカフェに常時4台以上のPCを設置してタッチ&トライできるようにし、カタログやリーフレットも置く予定です。先着100名にはコーヒー1杯無料のサービスも行うとのこと。

まだ具体的な展示は構想段階だそうですが、銀座が認めるラグジュアリーPCのディスプレイ、どのようになるのかぜひ見てみたいですね。

  • 銀座 BARNEYS NEWYORK

    銀座のBARNEYS NEWYORK。正面入口

  • バーニーズ ジャパン 取締役 クリエイティブディレクターの谷口勝彦氏が描いた展示デザイン案