エミライは、米Noble Audioの完全ワイヤレスイヤホン「FALCON」の発売日を10月25日に決定した。取扱店舗で10月18日16時から予約受付を開始し、ビックカメラやヨドバシカメラ、e☆イヤホン、フジヤエービックではFALCONの先行展示を行う。価格はオープンで、店頭価格は税別16,800円前後。製品発表会が行われ、発売に先がけてFALCONの実機の音を聴くことができた。

  • Noble Audio「FALCON」

    Noble Audio「FALCON」

  • Noble Audio FALCON

    FALCONを装着してスマートフォン「OPPO Find X」と組み合わせたところ

既報の通り、米国のイヤホン専業メーカー・Noble Audio(ノーブルオーディオ)の初となる完全ワイヤレスイヤホン。クラウドファンディングのMakuakeで日本発売に向けた支援を募ったところ(現在は募集終了)、目標金額の50万円を大幅に超える約1,424万円が集まったという。

クアルコムのチップ「QCC3020」を採用し、Bluetooth 5.0対応で、コーデックはAACとaptXをサポートする。音が途切れないよう独自のアンテナ設計技術を組み合わせて接続品質を向上させたほか、左右イヤホンにそれぞれデータを伝送する「TrueWireless Stereo Plus(TWS+)」にも対応した。

  • Noble Audio FALCON

    FALCONのイヤホン本体

音質にこだわり、6mm径のダイナミック型ドライバー「Dual-layered Carbon Driver(D.L.C.Driver)」を搭載。さらに、Noble Audioのカスタムインイヤーモニター(IEM)などの設計ノウハウを生かし、Noble Audioの創業者であるジョン・モールトン博士が音質をチューニングした。

IPX7防水対応で、イヤホン単体の連続再生時間は最長10時間。付属の充電ケースと組み合わせて、最長40時間聴ける。また、紛失安心補償サービス(税別8,000円)を用意するなど、国内販売に向けたサポート体制を整えた。

  • Noble Audio FALCON

    耳に装着したところ。イヤホンのサイズはやや大ぶりだ

音を聴いてみる

実際にFALCONと、手持ちのスマートフォン(Xperia XZ1 Compact)を組み合わせて音を聴くことができた。イヤホン本体ではコーデックを確認できないが、Xperiaでは接続時に「aptX対応Bluetooth機器に接続しました」とメッセージが出るので、今どのコーデックで音を聴いているかすぐ分かる。

Spotifyでダウンロードしたエド・シーラン「How Would You Feel(Paean)」を聴いてみると、ボーカルやギター、ピアノの音がくっきりしており、音の広がり感はほどよく、完全ワイヤレスとは思えないくらい自然で聞きやすいサウンドが印象的だった。

特に低域の沈み込みがしっかりしており、腰が据わっていて安定感がある。それでいて、ダフト・パンク「Get Lucky」やClean Bandit「Baby (feat. Marina & Luis Fonsi)」のようなダンスミュージックを聞いても、低音がズンズンと強調されて下品に響くことはない。とにかくきっちり鳴らしていく印象だ。

  • Noble Audio FALCON

    FALCONの音を、手持ちのスマホと組み合わせて聴いた

筆者が使っているTaoTronicsの完全ワイヤレスイヤホン「SoundLiberty 77」(実売7,000円前後)のスッキリした音も好きだが、FALCONを一度聴いたあとは、しばらく色々なジャンルの曲を流して「こっちはFALCONが好き、あれはSoundLiberty 77のほうがいい」などと聞き比べに没頭してしまった。

安いモデルでも1万円台後半、ハイエンドでは約27万円もする製品を取り揃えるNoble Audioは、オーディオマニアには言わずと知れた有名ブランド。そこが完全ワイヤレスイヤホンを出すと聞いたときは「いったいどんな音がするのだろう?」と思っていたが、実際に聴いてみるとワイヤレスでも想像以上に気持ちのいい本格派サウンドが楽しめ、「これは欲しくなる音だ……」と物欲をかき立てられた。

FALCONで唯一気になる点と言えば、音の話ではないのだが、ハウジングに刻印されているNoble AudioロゴのLEDが約7秒おきに白く点滅することだろうか。クールなロゴではあるが、後述するスマホアプリ(年内提供予定)から消灯させられるようになれば嬉しいのだが……。

ハイエンドなNobleの設計ノウハウを投入

FALCONの開発には約2年をかけ、Noble Audioの創業者にしてオーディオロジスト(聴覚学者)でもある、ジョン・モールトン博士が音をチューニング。ワイヤレスイヤホンに起きやすい、音の途切れを無くす「接続品質(の高さ)」と、ハイエンドメーカーであるNoble Audioにふさわしく、同社の有線イヤホンに匹敵する「音質」、ユーザーにストレスを感じさせない「使いやすさ」を追求したという。

  • Noble Audio FALCON

    Noble Audioのジョン・モールトン博士。製品発表会にあたりビデオメッセージを寄せた

ワイヤレス接続の品質を高めるため、クアルコムのチップ「QCC3020」を採用。他の完全ワイヤレスイヤホンでも採用例の多いチップだが、FALCONは最新の制御用ソフトを導入。さらに、独自のアンテナ設計技術「High Precision Connect Technology」を組み合わせて、スマホなどのBluetoothデバイスとの接続安定性を向上させた。具体的には、イヤホンを耳に装着したときのアンテナの位置や角度などを最適化し、アンテナ基板の取り付け位置にもこだわった。これにより、混雑した駅構内など電波干渉の多い状況でも、スマホなどのデバイスとFALCONの接続を切れにくくしている。

  • Noble Audio FALCON

    クアルコムのチップ「QCC3020」を採用

  • Noble Audio FALCON

    独自のアンテナ設計技術「High Precision Connect Technology」で音切れを抑える

6mm径のダイナミック型ドライバー「D.L.C.Driver」は振動板に工夫があり、PETの樹脂層の上にカーボンファイバー層を重ねて接着した特殊な二層構造となっている。分割振動や機械的な変形など音質への影響を排除し、既存の完全ワイヤレスイヤホンで採用例が多いグラフェン系ドライバーと比べて歪みを約半分に抑えつつ、伸びやかな高域表現を可能にするという。また、このドライバーによって完全防水設計が可能になり、水没にも耐えるIPX7の防水性能を備えている。

  • Noble Audio FALCON

    イヤーピースを外したところ。6mm径のダイナミック型ドライバー「D.L.C.Driver」が奥に入っている

  • Noble Audio FALCON

    D.L.C.Driverの内部構造

新開発のドライバーの特性を生かし、最適なアコースティックダンパーを選んで音圧の強さなど物理的なチューニングを実施。また、Noble Audioの有線イヤホンの特性を計測したデータを元に、クアルコムが用意したツールを用いてDSPの信号処理によるチューニングも行った。このアコースティックダンパーとソフト処理の掛け合わせによって「理想的な特性」を目指した。

そしてサウンドの最終的なチューニングは、モールトン博士がオーディオロジー(聴覚学)の知識に基づいて行った。発表会で流れたビデオメッセージの中で、モールトン博士は「『マスクキングの上方拡大』という現象があり、低音のレベルが大きくなるほど、高域までの幅広い帯域の音がマスキングされる(聴こえづらくなる)。多くの完全ワイヤレスイヤホンを含む音響機器でこの現象が見受けられ、私はそれを『音の濁り』と呼んでいる。FALCONではこれを回避するために超低域をかなりシャープに減衰させ、音の明瞭度への影響を抑えた」と説明した。

付属のイヤーピースは、完全ワイヤレスイヤホン用に設計されたePro audio製「Horn-Shaped Tips」。ドライバーの音を効率的に外耳道に届ける、特殊な形状を内部に採用しており、耳から外れて落ちないようフィット感も高めている。

  • Noble Audio FALCON

    ePro audio製のイヤーピース「Horn-Shaped Tips」が付属

  • Noble Audio FALCON

    ドライバーの音を効率的に外耳道に届ける、特殊な形状を内部に採用した

使い勝手の面では、イヤホン単体で約10時間聴けるロングバッテリーライフや、15分の充電で約2時間使える急速充電対応、前述したIPX7防水性能などを実現。さらに、FALCON専用のiOS/Androidアプリを年内に提供予定で、イヤホンのハウジングに備えた物理ボタンの機能割り当て変更や、イコライザー調整が可能になるという。将来の機能追加も可能なOTAファームウェアアップデート機能に対応する。

  • Noble Audio FALCON

    FALCON専用のiOS/Androidアプリを年内に提供予定

FALCONを取り扱うエミライでは、国内展開にあたってユーザーのサポート体制を整えた。まず、「紛失安心補償サービス」(税別8,000円)を購入者に提供し、左右のイヤホン本体やケースのいずれかを無くしても、新品1セットと交換できるようにする。また、FALCON専用のコールセンターを発売前の10月23日に開設し、ユーザーからの使い方の問い合わせや、修理などの相談に乗れるようにする。

  • Noble Audio FALCON

    有料の紛失安心補償サービスを提供

  • Noble Audio FALCON

    Noble Audio「FALCON」は10月25日発売