8月2日に閉幕した「写真甲子園2019」(全国高等学校写真選手権大会)。常連校が持てる力を発揮して上位を占める結果となりましたが、自分たちのスタイルを最後まで貫き通した初出場校がありました。群馬県立富岡実業高等学校です。

ファースト、セカンド公開審査会で、審査委員の各氏から愛のある“ダメ出し”をもらった彼女たち。それでも自分たちのスタイルを貫き通した写真甲子園の初舞台は、初登場とは思えない度胸のある内容でした。そんな彼女たちに密着取材したドキュメントをご覧ください。

  • 戦いを終え、笑顔が弾ける群馬県立富岡実業高校のメンバー。左から三ツ木夢夏さん、石井百香さん、宮下星来さんと、顧問の布目紀佳監督

経験豊富な監督が写真部の意識を変えた

「ホントに? 夢じゃないの?」――目標としてきた写真甲子園の大舞台に初出場を決めた時、群馬県立富岡実業高校のメンバーは驚きと喜びに声が出ないほどだったといいます。

2年前に富岡実業高校に異動してきた顧問の布目紀佳監督は、2014年に前任校・群馬県立藤岡北高校で写真甲子園の出場経験を持ちます。群馬県が属する北関東ブロックは、例年2校の出場枠となっており、今年も2枠を54校で争いました。「北関東ブロックは埼玉県勢の層が厚く、埼玉栄高校と埼玉県立芸術総合高校の壁を乗り越えないと本戦出場できません。さらに、群馬には新島学園高校が、栃木には足利工業高校という名だたる強豪校がひしめくブロックなんです」と布目監督は話します。

富岡実業高校に赴任してきた当初、写真部の活動はほとんど行われていなかったそう。「名前だけ所属して“帰宅部”の生徒が多かったんです。やる気のない生徒は出てこなくていいと言ったら、本当に来なくなったんですね(笑)。残った当時の1年生を中心に、カメラの操作や写真の基本から指導してきました」

  • セレクト会議のテクニカルタイム中に選手たちへアドバイスする布目監督

「今回連れてきた選手のなかには、引っ込み思案で無口な子もいました。それが、部活動で仲間と一緒に撮影したり、作品を作り上げる作業を通じて、よく笑い、話すようになったんです。もちろん、本人の嗜好と写真がマッチしたのだと思いますが、写真を撮ることで前向きになってくれたのは本当にうれしく思っています」と語る布目監督。

3人のニコパチ写真に審査員も苦笑い

そんな彼女たちが写真甲子園の本戦、ファーストステージでテーマに選んだのが「北海道を楽しむ自分たちの姿を写す」という作戦でした。

  • 富岡実業高校のファーストステージ作品『進め、止まれ、ちょっと待て。』

26回を数える写真甲子園の歴史で、自分たちを撮影した作品を提出するチームは何校かありました。ただ、この大舞台では審査員から高い評価を得ることが難しく、上位に入賞したチームは数えるほどしかありません。

ファースト公開審査会でも、審査委員の写真家・鶴巻育子氏が苦笑しつつ「ちょっと混乱しています。この作品をどう評価したらいいか悩んでいます」とコメント。審査委員長の立木義浩氏も「とても幼児性の強い作品。これが真顔で撮られていればシュールさがあって悪くはないが、ニコパチでは記念写真の域を出ない」と断じました。

「自分たちらしく」撮りたいものを撮る姿勢を貫く

翌日のセカンドステージは「モノクロ指定」。富岡実業高校の作品は、カラーでこそ生きるカラフルな作品だけに、もともとはガラッと違う作品でいこうと作戦を予定していました。しかし、富岡実業高校のメンバーは公開審査会での講評で“火が付いた”のです。布目監督が「どうする? 予定通りセカンド(ステージ)は別の作品にする?」と聞いたところ、「私たちが撮りたいものを撮りたい」。翌日、予定していた路線変更を急遽取りやめ、ファーストステージの路線を踏襲することに決めたといいます。

  • カメラのセルフタイマー機能を駆使し、自分たちが被写体となって撮影を行う

これまでにホームステイ先や街で撮りためてきた別路線の写真を使わず、自分たちが被写体となった作品を新たに撮り始めたセカンドステージ。目ざとく面白いシチュエーションの場所を探し、身体を張って撮り続けていきます。布目監督も「本人たちが納得できるのが一番。僕は彼女たちを信頼し、任せるだけです」と語ります。

モノクロで、どれだけ自分たちの世界を表現できるのか。富岡実業高校のセカンド公開審査会は、期待と不安が半々のなかスタート。提出したのは、ファースト審査会の路線を突き進めた作品でした。

  • 富岡実業高校のセカンドステージ作品『雨が降ったら、飾ってね。』

  • 富岡実業高校のセカンド公開審査が始まる

講評を担当したフォトキュレーターの小高美穂氏は「昨日の講評を受けてもこの作品を出してきた彼女たちに、ブレないメンタルの強さを感じた。モノクロだが、動きが出ていて良かったと思うので、明日も楽しみにしている」とコメントしました。

  • 審査委員の小高氏は富岡実業高校のブレないメンタルを高く評価

しかし、審査委員長の立木氏は「夢中になって撮っているのが伝わっていいとは思うが、自分たちだけが楽しんでいる感じ。こうなると、審査員の助言は不要。励ましの言葉だけを受け取って頑張れ」と厳しめの講評でした。

思いっきり楽しんだ写真甲子園3日間の成果

そして、運命のファイナルステージを迎えます。「ここまで来たら自分たちのスタイルを貫き通すしかない」と、富岡実業高校のメンバーは腹を決めました。得意のカラーで、自分たちを被写体に作品を撮る。残されたわずかな時間を新作の撮影に費やしました。

  • 青、黄色、赤の“信号カラー”ポンチョで撮影に臨む群馬県立富岡実業高校の選手たち

ファイナル公開審査会でも、自分たちのカラーを生かした作品を提出した富岡実業高校メンバー。作品がスクリーンに映し出されると、会場からはどよめきが起こります。

  • 富岡実業高校のファイナルステージ作品『1日の冒険』

講評を担当した北海道新聞社写真部次長・野勢英樹氏からは「スタイルを貫き通した姿勢は高く評価する。しかも、北海道の大自然を入れつつ、自分たちを被写体に良い作品に仕上げたと思う」。立木氏も「3日間、シンプルにカラフルな世界を表現した。彼女たちが実際に汗をかいて撮影したものが写真に出ている。初日から右肩上がりで、作品を原色にしたのも良かった。ただ、自分たちが写っていない写真も見たかった」と講評しました。

  • 立木義浩審査委員長

自分たちの撮りたいものを撮る、というスタイルを貫き通した富岡実業高校。結果は敢闘賞(実質順位は11位)でしたが、彼女たちに涙はなく、清々しい笑顔を見せてくれました。キャプテンの宮下さんは「毎日楽しく、みんなで撮影が楽しめた3日間でした」。三ツ木さんは「早起きなど大変なことも多かったけど、写真甲子園を楽しむことができたと思います」。石井さんは「正直、大変そうだし行くのをためらっていたんですが、来てみると充実していて楽しい時間を過ごすことができ、また来たいと思いました」。

作品のスタイルに関しては「講評でキツいことを言われだけど、こういう写真を撮りたかったので、何を言われても変えるつもりはありませんでした。やりたいことができたので、賞はいただけませんでしたが満足です」(宮下さん)。彼女たちには、やり切った達成感にあふれていました。布目監督も「彼女たちがやりたいと思っていたイメージ通りにできたので、今回はこれでいいと思っています。ファイナルステージの作品も、自分たちが納得して楽しんだのなら、僕はそれで良かったと思います」とメンバーをねぎらっていました。

  • 表彰式後の懇親会にて。富岡実業高校のメンバーに涙はなかった

表彰式後の囲み取材で、立木義浩審査委員長は富岡実業高校の作品にも触れ、「(ファイナルステージの作品は)その前の2日間があって、ここにたどり着いた感じがする。ファースト、セカンドの作品は少し苦笑いするような作品だったが、彼女たちは自信満々だった。そこが鼻につく感じがした。モノクロも悪くはなかったけど、やっぱりファイナルのカラー作品は三原色の色で撮影したのもいいし、控えめながらテクニカルな部分も出して8枚をまとめているのも好感が持てた。この(ファイナルステージの作品の)ために2日間があったというのは素晴らしい」とコメント。

自分たちのスタイルを変えなかったことに関しては、「ブレないという言葉をよく使うが、僕はブレてもいいし、ブレなくてもどっちでもいいと思っている。とかくブレないことを評価しがちだが、我々は良い写真を見たいだけ。セカンドステージまでだけなら、単にブレなかったというところだけが評価されただろうけど、ファイナルステージの作品があったからこそ、作品として評価することができた」と立木氏はファイナルステージの作品を高く評価していました。

こうして、群馬県立富岡実業高校の初舞台は幕を閉じました。もちろん、今回の結果は満足できるものではなかったかもしれません。でも、「自分たちが撮りたいものしか撮りたくない」という強いメンタルは、必ず今後の人生に生きてくるに違いありません。彼女たちは、まだ2年生と1年生のチーム。今回の写真甲子園出場の経験を活かし、来年また一段とレベルアップした姿で東川町に戻ってくることを期待したいと思います。

  • 敢闘賞を手にした富岡実業高校。初の大舞台で自分たちのやりたいことを表現できた満足感は、今後の生き方にもつながるはず