最近よく「e-BIKE」という言葉を聞きます。これは、スポーツ系自転車、とくにクロスバイクやマウンテンバイクなどに電動アシスト機能を搭載した製品のこと。北米などを中心に人気が広がり、最近は日本でも大きな展示会が開かれるほど注目度が高くなってきました。

このe-BIKE、多くのメーカーがシマノやボッシュなどのアシストユニットを導入しているのですが、ユニットからすべて自社開発している国内メーカーもあります。その1社がパナソニックです。

そんなパナソニックがe-BIKEの魅力を発信するため、長野県白馬にe-BIKEをレンタルして体験できるコースを監修しました。街乗り自転車(通称ママチャリ)しか乗らない筆者は「スポーツサイクルなのにアシスト機能をつける意味はなんなのか?」と疑問だったのですが、これはe-BIKEの魅力を知るためのよいチャンスかも!と、さっそく体験してきました。

  • パナソニックのe-MTB(電動アシストマウンテンバイク)最上位機種「XM-D2」。角度によって青にも紫にもみえる特殊な偏光カラーを採用。街中でも乗り回したいスタイリッシュさです
  • パナソニックのe-MTB(電動アシストマウンテンバイク)最上位機種「XM-D2」。角度によって青にも紫にもみえる特殊な偏光カラーを採用。街中でも乗り回したいスタイリッシュさです

初めてのマウンテンバイクコースはジェットコースターより怖かった!

おじゃましたのは、長野県の白馬岩岳マウンテン リゾートにある「白馬岩岳 MTB PARK」。ここはマウンテンバイクの聖地ともいわれる場所で、日本全国からマウンテンバイク乗りが集う人気スポットです。うれしいのは自転車と一緒に山頂まで登れるゴンドラが運行していること。つまり、上り坂の苦しさを味わうことなく、雄大な景色のダウンヒルを楽しめるのです。

  • 白馬岩岳マウンテン リゾートのゴンドラは、自転車を積むことも可能です。一日券やダウンヒルコース用の片道回数券などもあるので、降りてはゴンドラに乗り、何度もダウンヒルを楽しめます

体験したパナソニックのレンタルe-MTB(電動アシストマウンテンバイク)は、ゴンドラを下りてすぐの場所にレンタルスペースを用意。手ぶらでゴンドラに乗って気軽にe-MTBを体験できます。

ただし、このダウンヒルコースは比較的初心者向けの簡単なコースでも、7km弱あるロングコース。マウンテンバイクを乗ったことがない人や、マウンテンバイクは街でしか乗ったことない人、マウンテンバイクは好きでもe-BIKEが初めてという人が、いきなり挑戦するには不安な長さです。そこで登場するのが、今回紹介するパナソニック監修の体験コースなのです。

  • 爽快な下りだけを楽しめる白馬岩岳 MTB PARKをゴンドラから見下ろしたところ。初心者用コースから上級者用の激しいコースまで。もちろんパナソニック以外の自転車も持ち込めます

  • ゴンドラから降りてすぐのe-MTBレンタルスペース。レンタル料はコース利用料込みで1時間2,000円です

パナソニックのe-BIKEといえば、「Xシリーズ」と呼ばれる本格派マウンテンバイク。現在は「XM1」「XM2」そして、2019年3月発売の最上位機種「XM-D2」という3モデルがあります。

山頂で借りられるのはXM1とXM2の2種類。どちらもフロントサスペンションタイプのマウンテンバイクで、大きな違いはXM1が外装10段のギアを搭載しているのに対し、XM2は内装2段、外装10段の合計20段のギアがあります。初心者としてはどのモデルを借りるか悩むところですが、とりあえずレンタル料金が同じなら高いモデルを借りるか! という単純な考えでXM2を借りて乗ることにしました。

  • 山頂でレンタルできるのは、フロントサスペンションを搭載したe-MTBの「XM1」(写真右)と「XM2」(写真左)。ギア以外にも、XM2のほうがバッテリースタミナ性能が高いなどの細かな違いがあります。希望小売価格(税別)はXM1が330,000円。XM2が380,000円

  • お借りしたXM2は内装2段変速。左手の電子シフトスイッチで内装ギアを切り替え。右手のレバーで外装10段のギアを切り替えます。マウンテンバイク初心者の筆者はギアの切り替え方法さえ最初はわかりませんでしたが、試乗前にスタッフがていねいに教えてくれるので心配ありません

e-MTBを借りたら、さっそく試乗です。このコースは休憩しなければ片道10分もかからない短いコース。とはいえ、途中で小さなアップダウンがあったり、終盤に急な坂が出現したりと、なかなか起伏に富んでいます。

文章で書くと簡単そうですが……マウンテンバイクのコース初心者の筆者にとっては非常に怖い! 普段の生活は街乗り自転車なので、今回の試乗も「多少デコボコ道があっても所詮は自転車だし」などと思っていましたが、サスペンションで衝撃の多くが吸収されているのにも関わらず転びそうな恐ろしさが。マウンテンバイクを楽しむ人は、このスリルを楽しむんでしょうね。

  • ノンストップなら10分ほどで往復できる、パナソニックが監修した体験コース。短いコースながらデコボコ道あり、急坂あり、30cm近くジャンプできるようなアップダウンあり、景色の良いスポットありの、起伏に富んだコースでした。写真は撮影する余裕のあったなだらかな田舎道

動けなくなった筆者にパナソニックが情けを?

体験コースの終盤には、このコース最大の難所である急坂が登場します。この坂、そこまで長くはないのですが、マウンテンバイク初心者で運動能力低めの筆者にとって、突入をためらう難易度。

そんな筆者を不憫に思ったのか、パナソニックのスタッフが持ってきてくれたのは、パナソニックの最新e-MTB「XM-D2」です。こちらは前後にサスペンションが搭載されたフルサスペンションタイプのマウンテンバイク。車体の前後で衝撃を吸収する構造になっているので、より滑らかな走行が可能なのです。

  • パナソニックのe-MTB最新モデル「XM-D2」。なんと100台限定生産で、メーカー希望小売価格は600,000円(税別)です。このモデルは山頂ではレンタルできないのですが、白馬岩岳マウンテン リゾートのゴンドラ麓にあるレンタルショップ「スパイシーレンタル」で4,000円(1時間)で借り、ゴンドラで山頂まで持って上がれます

  • フロントのほか、サドル下部にリアサスペンションも搭載しているのが最大の特徴

【動画】「XM-D2」のサスペンション、構造全体で衝撃を吸収しているのがわかります
(音声が流れます。ご注意ください)

「いやいや、自転車を代えたくらいでこの恐怖はなくならないでしょう!」と思った筆者でしたが、実際に乗ってみるとまったく違う! サスペンションの効きが違う! かなりの段差でもふわっふわっと雲の上を滑るような乗り心地。荒れた道でもハンドルがとられることもありません。

【動画】フルサスペンションタイプのXM-D2で立ち乗りバウンス
(音声が流れます。ご注意ください)

【動画】フロントサスペンションのXM1で立ち乗りしてバウンス。上の動画と見比べてみてください。XM-D2のほうがバランスを取りやすいのがわかります
(音声が流れます。ご注意ください)

デコボコ道などの衝撃を吸収するためか、走行時の安定感も別物。このため、それまでは「怖いから手で押して降りようかな……」などと思っていた急坂も、ためらうことなく降りることができました。自転車の性能でここまで恐怖感が払拭されるとは思っていなかったので、正直かなり驚愕しました。

しかも、マウンテンバイクとコースに対する恐怖がなくなると、とにかくコースを走るのが楽しくなります。コース内に溝があれば、わざとギャップが深いエリアにいったり、ガタガタ道を探して移動したりと、コースの「より荒れているエリア」を探して走るようになりました。筆者は絶叫マシンが大好きなのですが、そういったアトラクションと似た楽しさと中毒性があります。

  • 急坂もためらうことなく降りていく筆者。道具が良いと不安を感じなくなるものなんですね

  • コース終点まで自力でたどり着いてドヤ顔。どこを走っても景色が良いので、とにかく楽しい気持ちで試乗できました

とにかく楽ちん、e-BIKEは初心者にも安心

今回の体験コースは、終点でコースを折り返して戻る必要があります。つまり、行きは基本的に下り坂でしたが、帰りは上り坂。しかも行きで躊躇した急坂もあります。ここで力を発揮するのがアシスト機能です。

基本的にどんな坂でも座ったまま楽々と上っていけるので、体力のない筆者でもほとんど疲れません。また、街乗り自転車と違うな、と感じたのは走り始めのパワー。とくにわかりやすいのは坂の途中から発進するタイミングです。最初にグッと走りをサポート(アシスト)してくれるので、景色のよい場所で写真を撮影したあと、上り坂の途中から走り出すのも簡単でした。

  • 今回のプレス向け体験ツアーでは、参考までにアシスト機能を持たないマウンテンバイクも用意されていました。この坂、アシスト非搭載バイクだと、サイクル雑誌の専門ライターも地面に足をつく場面が。しかし、XM-D2に乗った初心者の筆者は座ったまま楽々と上りきることに成功。とにかくどんな場面でもすごく楽!

  • 唯一といえるデメリットは車体が重いこと。XM-D2の車体は26.2kgもあります。乗車時は良いのですが、手で引くときにはかなり重く感じます

  • 体験コースで自信がついたら、そのまま本格的なダウンヒルに挑戦することも。こちらは山頂からひたすら降りるだけ!下りの爽快さを楽しむコースです。休憩しながらだと、40分ほどのコースになります

結論、e-BIKEは楽しかった!

今回のe-MTB体験でわかったのは、スポーツサイクルにe-BIKEは大アリということ。とくにダウンヒルのスリルを楽しむ目的なら、上り坂の苦しさを軽減してくれるアシスト機能は本当に便利。筆者みたいな初心者だと、急な上り坂などは経験者と同じスピードで走るのが難しいのですが、アシスト機能が補助してくれれば大きく後れをとることはありませんでした。

e-MTBは、サイクルの楽しい部分を良いとこ取りでき、さらに初心者と経験者の差を埋めてくれると感じました。これからマウンテンバイクを始めたい人、あるいは昔マウンテンバイクを楽しんでいたけれど、久しぶりに再開する人にとって、心強い相棒になるでしょう。