この夏、うっかり手を滑らせて、新しい高級イヤフォンを買ってしまいました。手に入れたのは、米Campfire Audio(キャンプファイヤー オーディオ)から6月下旬に登場した「POLARIS II」。鮮やかなブルーが目にも涼しい新製品ですが、その見た目とは裏腹に重厚なサウンドが持ち味の個性派イヤフォンです。

  • Polaris II

    Campfire Audio「POLARIS II」

7月に東京・秋葉原で開かれた「ポタフェス」のイベント特設会場で、筆者はPOLARIS IIを64,000円(税込)で購入しました。決して安い製品ではありませんが、迫力かつキレがあってビックリするほど深く沈みこむ低域と、きらびやかな中高域が特徴的なサウンドが気に入ったのです。

ポータブルオーディオマニアに人気のケーブルメーカーが手がけている製品とあって、付属のケーブルの取り回しも良く、「これでしばらく新しいイヤフォンは買わなくていいや」と思えるくらい満足して使っています。

  • Polaris II

    POLARIS IIは個人的に満足度の高い逸品となった

Campfire Audioってどんなメーカー?

Campfire Audioは、イヤフォン向けの高品質ケーブルやポータブルアンプなどでマニアに人気の米ALO audioが、“理想のイヤフォン/ヘッドフォン”を作るために2015年に設立。Campfire Audioの製品は、独特なデザインの金属筐体とサウンドが注目を集めており、国内ではミックスウェーブが販売を手がけています。

  • Polaris II

    POLARIS II

「JUPITER」(木星)や「ORION」(オリオン座)など、星や星座の名前を製品名に採用しているのもCampfire Audio製品の面白い特徴。有名な大星雲の名を冠したフラッグシップイヤフォン「ANDROMEDA」(税別129,300円)は、製品名はそのままで何度かモデルチェンジを繰り返し、現在も人気機種のひとつとして販売されています。

都会の喧噪を離れ、静かな湖畔で満天の星空の下、ゆらめくキャンプファイヤーの炎を眺めながらゆったり音楽に浸る……。メーカー名や製品名のこだわりからは、そんなイメージが沸いてきて、「いったいどんな音がするんだろう?」と期待感が高まります。宇宙好きの筆者としても、星や天体の名が付けられた製品と知ると「おっ」と惹かれるものがあります。

  • Polaris II

    POLARIS IIのパッケージ。国内では製品名の末尾に「II」が付くが、本国では「POLARIS」と表記する

そんなCampfire Audioから新たに発売されたPOLARIS IIは、北極星(=ポラリス)の名を冠する初代「POLARIS」(2017年発売)を大幅にブラッシュアップした、第2世代モデル。外装の一部のカラーや付属ケーブルに大きな違いがあり、同社は「アイコニックな造形やブルーカラーの筐体、そしてハイブリッド型のイヤフォン設計を採用したことを除けば、すべてが新しく生まれ変わった」と説明しています。

ポタフェスで最初にPOLARIS IIの音を聞いた時は、やたらと主張する低域の強さが印象に残り、「なんだドンシャリイヤフォンか」と感じてしまったのですが、それでもロックやジャズ、クラシックにアニソンとジャンルを変えて色々聴いていくうち、時折ハッとするほどいい音が流れるのが面白くて次第に心が惹かれ、気がつけば青いパッケージを手に特設販売会場のレジに向かっていました……。

ズズンと迫る低域にキラキラ高音、ジャズや吹奏楽にマッチ

POLARIS IIの筐体は、精密にCNC加工されたセルリアンブルー(紺碧)のアルマイト加工処理アルミニウムに、ブラックカラーのPVDコーティング・スクリューとステンレススチール製ノズルを組み合わせて作られています。

Campfire Audio製品ならではの角ばった筐体デザインは、玄人好みしそうなメカニックな雰囲気があって見た目にはカッコいいのですが、「どこかにぶつけてエッジの塗装が剥げてしまわないか」と少し心配になります。裏地にウールを使った立派なレザーケースが同梱されているので、使わないときや耳から外して持ち運ぶときは都度ケースに仕舞うようにすれば、あまり神経質にならなくてもよさそうですが。

  • Polaris II

    付属のプレミアムレザー・ジッパーケース。裏地のウールはクッション性があり、イヤフォン筐体をしっかり保護する。このケースはポルトガルの小さな工房で作られている

ドライバー構成は、高域用のバランスドアーマチュア(BA)1基と、低域用の9.2mmダイナミックドライバーを1基搭載したハイブリッドタイプ。音導管(サウンドチューブ)を使用しない独自の音響設計技術「Tuned Acoustic Expansion Chamber(T.A.E.C)」を採用して高周波域のレスポンスを向上させ、BAドライバーが本来持つ周波数特性をより正確に再現できるとしています。

また、ダイナミックドライバーをスピーカーで例えると“キャビネット”のように機能させるチャンバー(空気室)を配置し、ドライバー本来のパフォーマンスを引き出すという独自技術「Polarity Tuned Chamber」も採用。これが、POLARIS IIの特徴である「雄大な低域」を生み出しています。再生周波数特性は5Hz~20kHz、感度は105dB SPL/mW。インピーダンスは17Ω(at 1kHz)で、スマートフォンなどに繋いでもそれほど音量を上げる必要が無く、比較的鳴らしやすいと感じました。

MMCX端子によるケーブルの交換もできます。端子には、新たに設計したラウンド型のベリリウム銅を採用。付属のケーブル「Litz Wire Earphone Cable」はもつれにくいツイストデザインで仕上げており、イヤフォンを耳に装着している時もストレスを感じにくい設計になっています。入力は3.5mmステレオミニ。別途、バランス接続用ケーブルと対応プレーヤーを用意すれば、音質がさらにグッと向上するバランス駆動も楽しめるでしょう。

  • Polaris II

    付属の「Litz Wire Earphone Cable」

今回は、ソニーの手頃なハイレゾウォークマン「NW-A55」(直販価格21,880円)にPOLARIS IIを繋いで音を出してみました。ベースラインやリズムの鳴り方に特徴があり、豊富な低音が耳の中で響くというより、ズズンと胸に迫ってくる感じ。

Campfire Audioが製品紹介の中で「比較的新しい音楽、例えばEDMなどととても相性が良く、強烈でインパクトの強い低域や広々とした中高音が新しいリスニング体験を届ける」と謳うとおり、普通のイヤフォンではなかなか味わえない低域の鳴りっぷりが印象的です。これまで使っていたUltimate Earsの4BA搭載イヤフォン「UE900s」とは、低音の鳴り方は比較にならないほど強く、曲のジャンルによってはプレーヤーのイコライザーで低域を若干抑えめに調節するほど。

ちなみに、イヤーピースはシリコン、フォーム、final Eタイプと様々なタイプが付属します。これを自分で付け替えて装着感や音の印象をカスタマイズできるのですが、今回は購入時に店頭で試供品として無料配布していた「SednaEarfitLight(セドナ イヤーフィット ライト)」というシリコンイヤーピースを選んでいます。

  • Polaris II

    POLARIS IIとハイレゾウォークマン「NW-A55」の組み合わせ。イヤーピースは「SednaEarfitLight」(試供品。POLARIS IIには付属しない)を使った

Eagles「Hotel California」や、RADWIMPS「前前前世」などを聴いてみても、ベースやパーカッションなどの低域は迫力がありつつキレも良く、安価なダイナミック型イヤフォンにありがちなこもった感じになったり、低域が強すぎて下品になる感じはありません。高域の抜けも良く、芯のある低音をベースとしたクリアで清々しいサウンドが楽しめます。しっとりした曲調のノラ・ジョーンズ「ドント・ノー・ホワイ」や、雄大な旋律のサラ・オレイン「Beyond the Sky」などの女性ボーカル曲も、いい感じに鳴らしてくれました。低音に個性がありつつも、音のバランスが破綻しないギリギリを攻めている感じがします。

得意ではないジャンルもあり、例えばクラシックの弦楽器などで音の余韻を表現するのは難しいようです。また、ベースやドラムが激しく鳴り響くロックは、長時間聴いていると耳が疲れてしまいそう。逆に相性がいいのは、低音が少し細り気味の古い楽曲や、トランペットとユーフォニアムの掛け合いで織りなす「愛を見つけた場所」(TVアニメ「響け! ユーフォニアム」劇中曲)のように、音数がそれほど多くない曲。他にも「宝島」のようにリズムや曲調に勢いのある吹奏楽曲などが、メリハリが効いていて楽しく聴けました。

  • Polaris II

    やや低域の出方が強く感じる時は、プレーヤーのイコライザーで調節して聞いている

実は筆者はCampfire Audio製品を買ったのはこれが初めてですが、従来機種を何度か試聴する機会があり、その時から「バランスの良いモニターライクなサウンド」というイメージをずっと持っていました。それからすると、POLARIS IIはいい意味で“Campfire Audioらしくない、尖った個性派サウンド”が面白いイヤフォンです。はじめは濃密なサウンドにやや面食らいましたが、「最近あまり聞いてないあの曲、POLARIS IIではどう鳴るんだろう?」と、音源をとっかえひっかえするのが楽しみになりました。

誰もがおいそれと買える値段のイヤフォンではないことは確かです。ですが、見た目にも価格に見合った高級感があり、安価なモデルでは決して得られない音楽リスニングが楽しめる価値も実感できたので、自分専用のリファレンスイヤフォンとして長年メンテナンスしながら使っていこうと思っています。