AMDが第3世代Ryzenの販売を解禁した。これにあわせ、新CPUの機能・性能をフル活用できる新チップセット「AMD X570」を搭載するマザーボードが、メーカー各社から続々リリースされている。

AMD X570チップセットは、従来の最上位チップセットであった「AMD X470」チップセットを代替するものではなく、さらにその上位に位置づけられる新チップセットだ。ただ、各社のマザーボードのラインナップには比較的安価モデルも見つけることができる。

AMD X570では、第3世代Ryzenで新たに実装されたPCI Express 4.0(以下PCIe Gen4)が利用可能だ。同時に発表されたRadeon RX 5700シリーズや、第3世代Ryzenに前後して登場したPCIe Gen4 x4接続のM.2 NVMe SSDをネイティブ動作させることができる。AMD X470マザーボード等でもファームウェアのアップデートによって第3世代Ryzenを動作させることはできるが、PCIe Gen4という最新かつ高速なインターフェースを利用したい場合は、AMD X570との組み合わせが必要となる。

ASRockのAMD X570マザーボード

ASRockは5モデルのAMD X570マザーボードをリリースした。ややモデル数が少ないが、ハイエンド、高耐久、エントリーゲーミングとラインナップのバランスがよい。

  • X570 Phantom Gaming X (実売価格):49,000円前後)

  • X570 Taichi (実売価格):42,000円前後)

  • X570 Steel Legand (実売価格):30,000円前後)

  • X570 Extreme4 (実売価格):35,000円前後)

  • X570 Phantom Gaming 4 (実売価格):21,000円前後)

「X570 Phantom Gaming X」が今回のハイエンドに位置する。チップセットとM.2を冷却する大型ヒートシンク「Unbeatable Heatsink Armor」を採用し、内部にファンを搭載している。また、オーディオ回路にはSound Blaster Cinema 5、2.5Gbps LAN、WiFi 6(IEEE802.11ax)対応無線LANなどを搭載している。

同社マザーボードの代表モデルとなるTaichiシリーズでは、「X570 Taichi」が投入された。「Unbeatable Heatsink Armor」はX570 Taichiも採用。オーディオ回路はPurity Sond 4、有線LANも1000Base-Tとなるが、WiFi 6対応の無線LAN機能に対応している。

「X570 Steel Legand」と「X570 Extreme4」は兄弟モデルと言えるほど基板レイアウトが似ているが、X570 Steel Legandは耐久性重視モデル、X570 Extreme4はUSB 3.2 Gen1 Type-Cピンヘッダなどを搭載している点で異なる。

「X570 Phantom Gaming 4」はエントリーモデルの位置づけで、チップセットヒートシンクがチップセット部分のみの小型のものになり、USB 3.2 Gen1/2端子はすべてType-A端子など、スペックを絞り込んでいる。

CPU用VRM回路は、X570 Phantom Gaming X、X570 Taichiが14フェーズとDr.MOS、X570 Steel LegandとX570 Extreme4が10フェーズでDr.MOSといった構成。X570 Phantom Gaming 4は10フェーズ。

同社では、これら5製品に加え、もう5製品のAMD X570マザーボードの追加投入を予告している。ハイエンドには本格水冷に対応した「X570 AQUA」や、クリエイター向けモデル「X570 Creator」、エントリー向けには「X570 Pro4」、そしてmicroATXの「X570M Pro4」、Mini-ITXの「X570 Phantom Gaming-ITX/TB3」だ。

ASUSのAMD X570マザーボード

ASUSTeKは計9モデルを発売した。すべてATXフォームファクタで、ハイエンドゲーミングにはROG CROSSHAIR、ROG STRIX、耐久性重視エントリーのゲーマー向けシリーズTUF Gamingや、スタンダードシリーズPRIMEに加え、ワークステーション向けモデルPro WSを展開している。

  • ROG CROSSHAIR VIII Formula (実売価格):65,000円前後)

  • ROG CROSSHAIR VIII HERO(WI-FI) (実売価格):53,000円前後)

  • ROG STRIX X570-E Gaming (実売価格):43,000円前後)

  • ROG STRIX X570-F Gaming (実売価格):36,000円前後)

  • TUF GAMING X570-PLUS(Wi-Fi) (実売価格):29,000円前後)

  • TUF GAMING X570-PLUS (実売価格):25,000円前後)

  • PRIME X570-PRO/CSM (実売価格):33,000円前後)

  • PRIME X570-P/CSM (実売価格):24,000円前後)

  • Pro WS X570-ACE (実売価格):38,000円前後)

最上位のROG CROSSHAIRはもちろん、ほかにも上位CPUと組み合わせることが想定されるROG CROSSHAIR HERO、ROG STRIXモデルでは、それぞれのAMD X470チップセット搭載モデルに対して電源フェーズ数を増強している。

「ROG CROSSHAIR VIII HERO(WI-FI)」は14+2フェーズ、「ROG STRIX X570-E Gaming」は12+4フェーズ、「ROG STRIX X570-F Gaming」は12+2フェーズ。また、ROG CROSSHAIR VIIIシリーズについてはフェーズダブラーを用いない回路を選択している。また、チップセット用としてM.2スロットもカバーする大型ヒートシンクを搭載する。チップセットファンを内蔵しているが、ROG CROSSHAIR VII/ROG STRIXシリーズについてはカバーによってあまり存在が目立たないようデザインされている。

「TUF GAMING X570-PLUS(Wi-Fi)」と「TUF GAMING X570-PLUS」の2モデルはWi-Fiの有無のほか、PCIe 4.0 x1スロットの数がWi-Fi有りモデルの方が1本"少ない"。同シリーズとPRIME X570-P/CSMはHDMIのバージョンが1.4bとなる。多くの方は第3世代Ryzen CPUを搭載しビデオカードを利用すると思われるが、Ryzen APUと組み合わせようという方は4K出力ではHDMI 1.4側ではなくDisplayPort 1.2側を利用する必要があるだろう。

お詫びと訂正(2019年7月12日)
記事初出時、「TUF GAMING X570-PLUS(Wi-Fi)」と「TUF GAMING X570-PLUS」の違いはWi-Fiの有無のみ、としていましたが、正しくはPCIeスロットの数でも違いがありましたので、該当部分の記載を修正いたしました。ご迷惑をおかけした読者ならびに関係者の皆様には深くお詫び申し上げます。

PRIMEシリーズは「PRIME X570-PRO/CSM」が上位モデルで、「PRIME X570-P/CSM」は映像出力端子を前述のとおりHDMI 1.4bとしたりDisplayPortを省いたり、USB 3.2 Gen 2 Type-Cを省いたり、M.2ヒートシンクを省いたりした低価格モデルの位置づけだ。

「Pro WS X570-ACE」は他社のクリエイター向けモデルに相当する。ヒートシンクはシンプルなデザインで、ブラックヒートシンク、ブラック基板の組み合わせにより落ち着いたデザイン。U.2端子を搭載するほか、LANは1000Base-TだがIntel+Realtekの2系統を搭載するといった点を特徴としている。

そのほかインターフェースでは、ROG CROSSHAIR VIII Formulaは5Gbps LAN、同 HERO(WI-FI)とROG STRIX X570-E Gamingは2.5Gbps LANに対応する。WiFi 6対応モデルはROG CROSSHAIR VIIIシリーズ2モデル、ROG STRIX X570-E Gaming。TUF GAMING X570-PLUS (Wi-Fi)はWiFiを搭載するがWiFi 5(IEEE802.11ac)対応。

これら9製品に加え、Mini-ITX(Mini-DTX)モデル「ROG Crosshair VIII Impact」や「ROG Strix X570-I Gaming」の投入予定も明らかになっている。

GIGABYTEのAMD X570マザーボード

GIGABYTEは、計4モデルのAMD X570マザーボードをリリースした。すべて同社ゲーミングブランドAORUSシリーズに属す。そして、CPU同時発売時点では唯一のMini-ITXモデルをラインナップしている。

  • X570 AORUS MASTER (実売価格):50,000円前後)

  • X570 AORUS PRO (実売価格):30,000円前後)

  • X570 AORUS ELITE (実売価格):24,000円前後)

  • X570 I AORUS PRO WIFI (実売価格):33,000円前後)

「X570 AORUS MASTER」が最上位。アルミブロックタイプのヒートシンクを搭載するモデルが多いなか、本製品はGPUクーラーやCPUクーラーで用いられるようなフィン状のヒートシンクを採用する。なお、同様の構造の「Fins Array ヒートシンク」を採用し、少し遅れて投入予定のフラグシップ「X570 AORUS EXTREME」はファンレスだが、X570 AORUS MASTERはファン搭載モデル。

X570 AORUS MASTERではそのほかにInfineon製14フェーズデジタルVRM回路を採用し、2.5Gbps LANやWiFi 6対応無線LAN機能などを搭載している。

「X570 AORUS PRO」はX570 AORUS MASTERに次ぐ高性能モデル。LANは1000BASE-T、無線LANは非搭載となり、電源回路はIR製12+2フェーズデジタルVRMとなる。

「X570 AORUS ELITE」はゲーミングエントリー向けモデル。電源回路はDr.MOS採用の12+2フェーズデジタルVRM。エントリー向けではあるが、一体型I/Oパネルを採用するなど、上位モデルの機能を取り入れている。

「X570 I AORUS PRO WIFI」はMini-ITXモデル。第3世代Ryzenのパフォーマンスを小型PCケースに収めるには現時点で唯一の製品だ。小さいながらもTDP 105WのRyzen 9 3900Xをサポートし、PCIe Gen4 x4のM.2スロットも備えている。インターフェースでは、1000Base-T LANに加えWiFi 6無線LANも搭載。一体型I/Oシールドも採用しているように、Mini-ITXでありながらスタンダードではなくあくまでAORUSシリーズという位置づけだ。

なお、GIGABYTEのAMD X570マザーボードの特徴として、チップセットヒートシンクがM.2用ヒートシンクと分離した形であることが挙げられる。一体化したものは、チップセットと同時にM.2 SSD等も冷やせることをアピールしているが、組み立て・交換の手間は大きい。分離型のGIGABYTEマザーボードの場合は、これまでどおり簡単に装着・交換ができる。なお、X570 AORUS EXTREMEは他社同様に一体型の大型ヒートシンクを採用している。

MSIのAMD X570マザーボード

MSIはASUSTeKの9製品に次ぐ7製品をリリースした。AMD X570マザーボードは各社チップセットの冷却にファンを用いているが、MSIでは同社ビデオカードのGPUクーラーで培った技術を用い、ダブルボールベアリングで長寿命・低騒音、Zero FROZRで温度が一定以下まで冷却できている際にはファンの回転をストップするといったように、静音性をアピールしている。

  • MEG X570 GODLIKE (実売価格):95,000円前後)

  • MEG X570 ACE (実売価格):55,000円前後)

  • MPG X570 GAMING PRO CARBON WIFI (実売価格):35,000円前後)

  • MPG X570 GAMING EDGE WIFI (実売価格):28,000円前後)

  • MPG X570 GAMING PLUS (実売価格):22,000円前後)

  • PRESTIGE X570 CREATION (実売価格):61,000円前後)

  • X570-A PRO (実売価格):21,000円前後)

「MEG X570 GODLIKE」がフラグシップモデルで、システムステータス等が表示できるPLEDパネル、ファンを搭載するチップセットヒートシンクからメモリスロット横を回ってVRMの熱も冷却できる拡張ヒートパイプ設計などをデザイン面の特徴としている。インターフェースはとくに豊富で、10Gbps LANカード、PCIe Gen4 x4対応スロット2基を搭載するM.2 XPANDER-Z GEN4をバンドルするほか、ボード側にKillerの2.5Gbps LAN、同1Gbps LAN、同WiFi 6対応無線LANなどを備える。

「PRESTIGE X570 CREATION」、そして「MEG X570 ACE」、「MPG X570 GAMING PRO CARBON WIFI」の4モデルもWiFi 6に対応する。全モデル共通で、VRMにはフェーズダブラーを採用。IR製デジタルPWMの電源設計にCore Boost機能を加えている。加えて、今回サーバーグレードPCBを掲げ、PCIe Gen4の高速信号回路の信頼性、マザーボード自体の耐久性等をアピールしている。

「MPG X570 GAMING EDGE WIFI」、「MPG X570 GAMING PLUS」はゲーミングミドルレンジ。「X570-A PRO」はビジネス向けという位置づけだ。

ほおかMEG X570 GODLIKE、MEG X570 ACE、PRESTIGE X570 CREATIONについてはメモリ用に4フェーズ電源回路を用意し、DDR4-5100対応を掲げている。