ここでは、ゲーミングディスプレイ(ゲーミングモニター)の特徴と選ぶ上でのポイント、そしてオススメのモデルを紹介します。ゲーミングディスプレイは、ゲームを快適にプレイするうえで重要な要素です。144Hzや240Hzの高リフレッシュレートによるスムーズな描画、1msが当たり前の高速な応答速度、画面のズレやブレに対応するディスプレイ同期技術、よりリアルな表現を可能にするHDRなど、ゲームを高い次元で楽しむためのポイントがたくさんあります。

ゲーミングディスプレイは何が違う?

ゲーミングディスプレイは、ゲームを快適にプレイするためのチューニングが施されているディスプレイです。高速かつなめらかな画面表示を実現する技術や、画面のズレやブレをなくすための機能などを搭載しています。

  • 数多くのゲーミングディスプレイが発売されています。予算や目的に合ったものを選ぶことが大切です

画面のサイズや解像度、機能によっていろいろな製品があって、なかなか選ぶのが大変です。まずは予算やプレイするゲームのジャンルをヒントにするといいでしょう。ここでは、はじめにゲーミングディスプレイの特徴を紹介し、それからゲームジャンルごとにマッチする製品を解説します。

  • 画面サイズは20型程度から40型を超える大型まで多彩です。設置スペースを考えることも重要です

高リフレッシュレートってどういうこと?

ゲーミングディスプレイの特徴はいくつもありますが、一般的なディスプレイとの違いとして、まず高リフレッシュレートへの対応が挙げられるでしょう。リフレッシュレートとは1秒間に画面が書き換わる回数のことを指します。

一般的なディスプレイは、1秒間に60回画面が書き換わります。製品のスペックとしてこれを「60Hz」と表現することが多いです。どれほど高性能なPCを使用しても1秒間に60コマ(フレーム)以上の描画ができません。

ゲーミングディスプレイでは、これを大きく上回る144Hzや240Hzといった高いリフレッシュレートに対応しています。

  • リフレッシュレートを高く設定できれば、それだけ滑らかな描画が可能になります

1秒間に書き換えられる回数が、144回や240回と劇的に増えるため、より滑らかな描画が可能となり、アクションゲームやFPSでは相手の動きを把握しやすくなります。これが勝敗に影響することもあるため、プロゲーマーのほとんどは高リフレッシュレート対応のディスプレイを使用しています。

ただし、注意しなければいけないのはPCの性能です。144Hzや240Hzといったリフレッシュレートを活かすには、ゲームではそれ以上のフレームレート(1秒間に描画できる回数)を出す必要があるためです。最新のFPSなどは描画に高い性能を求めるため、ハイエンドのグラフィックスカードを使わなければ、高いフレームレートは出せません。

以下でゲーム画面を30fps、60fps、144fpsで撮影した動画を紹介します。フレームレートが高いほど、滑らかな動きが表示できることが分かります。

G-SYNC/FreeSyncってなに?

リフレッシュレートが高ければ描画はスムーズになりますが、別の問題もあります。ゲームの画面が描かれるタイミングと、ディスプレイの画面が書き換わるタイミングが異なると、表示にズレが起きてしまう「ティアリング」や描画にモタつきが生じる「スタッター」が発生してしまいます。これによって、画面が見にくかったり、反応が遅れるなどプレイに影響が出ることもあります。

  • 画面にズレが生じるのが「ティアリング」です。激しい動きをすると発生しやすくなります。画像内の赤線で囲った部分を見ると、上下で大きくズレていることがよく分かります

それを解消するのが「ディスプレイ同期技術」です。VRR(Variable Refresh Rate)と呼ばれることもあります。ゲーム側とディスプレイ側の描画タイミングを同期させて、ティアリングやスタッターの発生を防ぎます。これを利用するにはグラフィックスカード側とディスプレイ側の両方に、その機能が搭載されている必要があります。

NVIDIAのグラフィックスカード「GeForce」シリーズに採用されている「ディスプレイ同期技術」が「G-SYNC」です。ディスプレイ側に専用の基板が必要となるため、対応する製品が高価になる傾向にありますが、低フレームレートの追従性が高く(30fpsまで)、非常に高いリフレッシュレートの製品も存在します。これはDisplayPort接続時のみ使える機能です。

一方で、AMDのグラフィックスカード「Radeon」シリーズに採用されているのが「FreeSync」です。専用基板が不要なので、多くのゲーミングディスプレイで採用されているのが強みです。DisplayPortとHDMIの両方に対応していますが、低フレームレートの追従性はG-SYNCよりも低くなります(45fpsまで)。

最近では、NVIDIAがFreeSync対応のゲーミングディスプレイでG-SYNCが利用できるものを認定する「G-SYNC Compatible Monitors」を開始しましたが、対応ディスプレイはまだ少ないのが現状です。

  • FreeSync対応ディスプレイでもG-SYNCの利用が可能になりました

G-SYNC Compatible Monitorsに認定されていない、FreeSync対応ディスプレイでもG-SYNCは利用できますが、正しく動作しない可能性があることは覚えておきたいところです。

  • NVIDIAが認定したディスプレイは同社のWebサイトで確認が可能です

対応ゲームが増えているHDR

ゲーミングディスプレイで増えているのがHDRへの対応です。HDRはHigh Dynamic Rangeの略で、従来よりも幅広い明るさの表現ができる技術のことです。明るい場所はより明るく、暗い場所はより暗くと、ディティールがよりリアルに表現できます。

  • HDR設定が用意されているゲームは増えています。コントラストが高まり、よりメリハリの利いた映像が楽しめます

なお、HDRを体験するにはディスプレイ側とゲーム側の両方がHDRに対応している必要があります。「Battlefield V」、「Forza Horizon 4」、「Assassin's Creed Odyssey」など最近のビックタイトルの多くはHDRに対応しており、体験しやすい環境が整っています。

液晶パネルはTN、IPS、VAの3種類

液晶ディスプレイ全般のスペックになりますが、パネルの特性も覚えておくと選ぶ時の役に立ちます。ゲーミングディスプレイでは「TN」パネルが主流です。視野角が狭く、側面や上下から見ると色が変化してしまいますが、ほかのパネルよりも応答速度を高速化しやすいためです。低価格な製品が多いのも特徴と言えます。

視野角が広く、発色が美しいのが「IPS」パネルです。応答速度こそTNパネルに劣りますが、どの角度からも色の変化がないため、普段使いの快適さも重視したい人には向いています。IPSパネル採用の製品はほとんどが高価です。

最後が「VA」パネルです。採用するディスプレイの数は多くありませんが、高コントラストで液晶が苦手な黒色の表現力に優れているのが強みです。応答速度にも優れますが、価格はTNよりもちょっと高くなります。

ディスプレイサイズは24型や27型が最近の主流

ディスプレイサイズの選び方は、設置スペースとの相談にはなりますが、ゲーミングディスプレイでは、24型や27型前後が主流になりつつあります。WQHD、4Kなど高解像度のタイプが増えていることもありますが、27型以上では視野全体を画面にしやすいので没入感が高まります。

また、没入感を高めるという点では、湾曲タイプや画面比率が21:9になるウルトラワイドタイプもあります。

  • 21:9のウルトラワイドは没入感が高くなりますが、この比率に対応するゲームの数がそれほど多くありません

大画面で楽しみたいという向きにはNVIDIAが発表した「BIG FORMAT GAMING DISPLAYS」が注目です。4K解像度、HDR対応、G-SYNC対応、65型という大型ゲーミングディスプレイ規格で、現在日本での発売予定はありませんが、どこかのメーカーが投入してくれることを期待したいところです。

  • NVIDIAが推進している「BIG FORMAT GAMING DISPLAYS」。まだ1製品しか出ておらず、日本での展開は現在のところ未定です

FPS好きやスペック重視のユーザーにオススメのゲーミングディスプレイ

高速な描画がゲームの快適度や勝敗に直結するFPSでは、フルHDやWQHD解像度の高リフレッシュレートタイプがオススメです。いまのところ4Kで高リフレッシュレートの製品はそれほどありません。

ASUS VG258Q

  • ASUS VG258Q

「ASUS VG258Q」は、24.5型のゲーミングディスプレイ。1msの応答速度、144Hzの高リフレッシュレート、そしてG-SYNC、FreeSyncの両方に対応しながら、約3万円とお手頃な価格を実現しています。

ゲームや動画の残像感を減らす独自のASUS Extreme Low Motion Blurテクノロジーや入力遅延を最大限抑えるGameFast入力技術などゲームを快適にするものが詰まっています。

高さ調整や前後左右の角度調整、ピボット機能まで用意されている充実度。コストパフォーマンスのよさが光ります。

  • 解像度:フルHD(1,920×1,080ドット)
  • リフレッシュレート:144Hz
  • パネルサイズ:24.5型
  • パネル種類:TN
  • 応答速度:1ms(GtoG)
  • 輝度:400カンデラ/平方メートル
  • インタフェース:DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1
  • 本体サイズ(W×D×H):562.5×221.4×356.6~486.3mm
  • 重量:約5.1kg
  • 実売価格:30,000円前後

BenQ ZOWIE XL2536

  • BenQ ZOWIE XL2536

「BenQ ZOWIE XL2536」は、ゲーミングディスプレイでは定番であり、老舗のZOWIEブランドの人気モデルです。1msの応答速度、144Hzのリフレッシュレートといった基本スペックの高さに加えて、激しい動きのシーンでの明瞭さを高める独自のDyAc (Dynamic Accuracy)を搭載します。

暗い場面の視認性を高めるBlack eQualizer機能、本体の左右にはゲームに集中しやすいアイシールドを備え、手元に置いて設定変更などを素早く行えるS.Switchを付属するなど、ゲームに特化した機能を数多く備えています。

本モデルのほかにも、リフレッシュレート240Hzの上位モデル「ZOWIE XL2546」も用意しています。

  • 解像度:フルHD(1,920×1,080ドット)
  • リフレッシュレート:144Hz
  • パネルサイズ:24.5型
  • パネル種類:TN
  • 応答速度:1ms(GtoG)
  • 輝度:320カンデラ/平方メートル
  • インタフェース:DisplayPort×1、HDMI×2、DVI-D×1
  • 本体サイズ(W×D×H):515.43×226.04×445.75~569.94mm
  • 重量:7.6kg
  • 実売価格:45,000円前後

MSI Optix MAG271CQR

  • MSI Optix MAG271CQR

「MSI Optix MAG271CQR」は、マザーボードやグラフィックスカードでおなじみのMSIが手がけるゲーミングディスプレイ。144Hzの高リフレッシュレート、1msの高速応答、そしてWQHDの高解像度に加えて、湾曲タイプなので没入感に優れるのが大きな特徴です。

側面にヘッドセットを掛けられるヘッドセットハンガーを備え、背面には発光管理が可能なRGB LEDを搭載と使い勝手や演出を高める要素が多いのも魅力と言えます。

ディスプレイ同期技術としてFreeSyncもサポート。専用アプリを使えば、Windows上でディスプレイの設定を変えられるのも便利です。

  • 解像度:WQHD(2,560×1,440ドット)
  • リフレッシュレート:144Hz
  • パネルサイズ:27型
  • パネル種類:VA
  • 応答速度:1ms(MPRT)
  • 輝度:300カンデラ/平方メートル
  • インタフェース:DisplayPort×1、HDMI×2
  • 本体サイズ(W×D×H):612×267×560mm
  • 重量:6.63kg
  • 実売価格:55,000円前後

Acer Predator XB271HUbmiprz

  • Acer Predator XB271HUbmiprz

「Acer Predator XB271HUbmiprz」は、Acerのゲーミングブランド「Predator」シリーズに属するハイエンドゲーミングディスプレイ。27型の大型サイズ、WQHDの高い解像度、IPSパネル採用で高い視野角を確保しながら、165Hzの高リフレッシュレートを実現しています。

G-SYNCにも対応し、ブレのない映像でプレイできるほか、暗いシーンの視認性を高められる「Dark Boost」機能も備えます。

また、上下左右の角度調整、高さ調整、ピボット機能も備え、普段使いとしての使い勝手にも優れているのが特徴です。やや高価ですが、それだけの価値がある1台です。

  • 解像度:WQHD(2,560×1,440ドット)
  • リフレッシュレート:165Hz
  • パネルサイズ:27型 -パネル種類:IPS
  • 応答速度:4ms(GtoG)
  • 輝度:350カンデラ/平方メートル
  • インタフェース:DisplayPort×1、HDMI×1
  • 本体サイズ(W×D×H):612×268×401~551mm
  • 重量:約8kg
  • 実売価格:76,000円前後

家庭用ゲーム機でも使いやすい高解像度ゲーミングディスプレイ

家庭用ゲーム機との接続を考えているなら、4K解像度のゲーミングディスプレイがオススメです。PS4 Proでは4K出力に対応していますが、最大60fpsなので高リフレッシュレートは不要です。

また、MMOやMOBAのゲームではリフレッシュレートの高さよりも、4K解像度でより多くの情報を表示できた方が快適なプレイとなるケースもあります。

一方で、FPSを4K解像度で快適にプレイするには、NVIDIA GeForce RTX 2080 Tiのようなハイエンドなグラフィックスカードが必要になる点は覚えておきたいところです。

LG 27UL550-W

  • LG 27UL550-W

「LG 27UL550-W」は、27型の4K液晶としては低価格でありながら、視野角が高く発色に優れるIPSパネルを採用し、HDR 10をサポートしています。FreeSyncにも対応しており、充実の装備を備えているのが大きな魅力です。

映像の遅延を抑えるDASモードや暗いシーンの視認性を向上させるブラック スタビライザーも備えています。高さ調整や上下の角度調整、ピボットにも対応とスタンドも高機能です。専用アプリのOnScreen ControlからWindows上で設定を変更できるのも便利です。

  • 解像度:4K(3,840×2,160ドット)
  • リフレッシュレート:60Hz
  • パネルサイズ:27型
  • パネル種類:IPS
  • 応答速度:5ms(GtoG)
  • 輝度:300カンデラ/平方メートル
  • インタフェース:DisplayPort×1、HDMI×2
  • 本体サイズ(W×D×H):623×230×462~572mm
  • 重量:6kg
  • 実売価格:50,000円前後

BenQ EL2870U

  • BenQ EL2870U

「BenQ EL2870U」も同じく4Kのディスプレイとしては低価格なモデルです。こちらはTNパネルを採用しています。視野角は広くありませんが、応答速度は1msと優秀です。HDRやFreeSyncに対応し、スピーカーも内蔵しているので、音にこだわらないコンテンツを手軽に楽しめるのもポイントです。

また、目の疲れを軽減する独自のEye-Care機能やアンビエント照明センサーによって、周囲の状況に合わせて輝度と色温度を自動的に調整する技術も備えています。

  • 解像度:4K(3,840×2,160ドット)
  • リフレッシュレート:60Hz
  • パネルサイズ:27.9型
  • パネル種類:TN
  • 応答速度:5ms(GtoG)
  • 輝度:300カンデラ/平方メートル
  • インタフェース:DisplayPort×1、HDMI×2
  • 本体サイズ(W×D×H):623×230×462~572mm
  • 重量:6kg
  • 実売価格:50,000円前後

ASUS ROG SWIFT PG27AQ

  • ASUS ROG SWIFT PG27AQ

「ASUS ROG SWIFT PG27AQ」は、価格が高めですが、4Kでは数少ないG-SYNC対応のゲーミングディスプレイです。「FPS」や「Racing」などゲームジャンルごと最適な色調やコントラストに調整したプリセットを用意したり、画面上に照準などを表示するGamePlus機能などゲームを快適にする機能を備えているのが特徴です。

IPSパネルを採用し、sRGBカバー率100%と元データに忠実な色表示が可能と写真や動画の編集用途にも使えるのもポイント。上下左右の角度調整、高さ調整、ピボットにも対応します。

  • 解像度:4K(3,840×2,160ドット)
  • リフレッシュレート:60Hz
  • パネルサイズ:27型
  • パネル種類:IPS
  • 応答速度:4ms(GtoG)
  • 輝度:300カンデラ/平方メートル
  • インタフェース:DisplayPort×1、HDMI×1
  • 本体サイズ(W×D×H):619.77×237.9×552.53mm
  • 重量:約7.2kg
  • 実売価格:103,000円前後

Acer ET322QKwmiipx

  • Acer ET322QKwmiipx

32型クラスの4Kディスプレイとしては非常に低価格なのが最大の魅力です。機能面でもHDRをサポート、FreeSyncに対応とゲーミングディスプレイとして十分な機能が備わっています。スピーカーも搭載と、手軽に映像やゲームも楽しめます。

高さ調整やピボット機能はありませんが、HDMI入力は2系統あり、ゲーム機や4Kチューナーなど複数の機器を接続しやすいのもポイントと言えます。大画面を求めるならチェックしておきたい1台です。

  • 解像度:4K(3,840×2,160ドット)
  • リフレッシュレート:60Hz
  • パネルサイズ:27型
  • パネル種類:VA
  • 応答速度:4ms(GtoG)
  • 輝度:300カンデラ/平方メートル
  • インタフェース:DisplayPort×1、HDMI×2
  • 本体サイズ(W×D×H):729.7×246.7×529.4mm
  • 重量:約6.78kg
  • 実売価格:45,000円前後