アンカー・ジャパンは11月29日、メディア向けイベント「Anker Power Conference」にて、多数の新製品を発表しました。

  • アンカー

    アンカーといえば、モバイルバッテリーやUSB充電器の定番。ですが最近はオーディオやロボット掃除機でもメジャーになりつつあります

アンカー・ジャパンの主な販売チャネルはAmazon.co.jp、楽天、Yahoo! ショッピング、アンカー公式オンラインストア。このほか、ビックカメラやヨドバシカメラ、ヤマダ電機などでもアンカー・ジャパン製品の取り扱いがあります。さらに12月上旬には、東京・南青山に常設のアンカー公式ストアがオープンします。

  • アンカー

    アンカー・ジャパンの主な販売チャネル。2018年からは、エディオン、上新電機、ヤマダ電機、ノジマが取扱店に加わりました

アンカー・ジャパンには、モバイルバッテリーなどの「ANKER」、家電製品をラインナップする「eufy」、オーディオ製品をそろえる「soundcore」と、大きく分けて3つのブランドがあります。Anker Power Conferenceでは、すべてのブランドで新製品が予告されたので、写真で紹介していきましょう。

  • アンカー

    アンカー・ジャパンにおける3つの主要ブランド。「ANKER」ブランドには、ドライブレコーダーの「ROAV」、モバイルプロジェクターの「NEBULA」も含まれます

USB充電器、モバイルバッテリー

ANKERブランドでは、世界ではじめて(アンカー調べ)次世代の半導体素材であるGaN(窒化ガリウム)を使ったUSB急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」や、57,600mAhのバッテリーを備えた大容量モバイルバッテリー「Anker PowerHouse 200」などが登場しました。

  • アンカー

    USB急速充電器「Anker PowerPort Atom PD 1」。USBの電源供給に関する規格「Power Delivery」に対応したUSB Type-Cポートを備え、出力は5V/3A、9V/3A、15V/1.5A、20V/1.1A。本体サイズは38×41×35、重さは約65gとコンパクトで軽量ながら高出力を実現しています。2019年第1クオーターに発売予定で、価格は未定です

  • アンカー
  • アンカー
  • 10,000mAhのバッテリーを内蔵したUSB充電器「Anker PowerCore Fusion 10000」。USB Type-Cポート(5V/3A出力)とUSB Type-Aポート(5V/2.4A出力)を備えます。2ポート同時使用の場合、出力は合計15W。本体サイズは80×76×45mm、重さは約235g。2019年第1クオーターに4,999円(以下すべて税込)で発売予定です

  • アンカー

    大容量モバイルバッテリー「Anker PowerHouse 200」

  • アンカー
  • アンカー
  • Anker PowerHouse 200の本体サイズは190×139×120mm、重さは約2.7kg。手で持つとずっしり重たさを感じますが、57,600mAhのバッテリーを備え、キャンプや災害時に役立つこと間違いなしでしょう。DC出力(12V/5A)やAC出力(100W)が可能なほか、USB Type-Aポート(出力は5V/3A)、USB Type-Cポート(出力は5V/3A、9V/3A、15V/2A、20V/1.5A)を備えています。発売は2019年第1クオーターで、価格は39,800円の予定です

ロボット掃除機、LED電球

eufyブランドからは、シリーズではじめてWi-Fiに対応したロボット掃除機「Eufy RoboVac 30C」とAmazon Alexa対応のLED電球「Eufy Lumos 2.0 Smart Bulb」が発表されました。

  • アンカー
  • アンカー
  • シリーズではじめてWi-Fiに対応したロボット掃除機「Eufy RoboVac 30C」。掃除の終了や開始の設定がスマホアプリから行えます。パッケージにはバーチャルウォールも付属。2018年11月30日に34,800円で発売します

  • アンカー

    Amazon Alexa対応のLED電球「Eufy Lumos 2.0 Smart Bulb」。音声による調光が可能で、アンカー・ジャパンのAlexa対応スマートスピーカー「Eufy Genie」と組み合わせて使えます。販売開始時期、価格はともに未定

完全ワイヤレスイヤホン、Bluetoothスピーカー

Soundcoreブランドからは、完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air」や「Zolo Liberty S」、Bluetoothスピーカー「Soundcore Model Zero」など、多数の製品が発表されました。

  • アンカー
  • アンカー
  • Bluetooth 5.0でスマホとつながる完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Liberty Air」。対応コーデックはSBCとAAC。ケースで充電しながら使うと、20時間の連続再生が可能です。IPX5の防水性能も備えました。2019年第1クオーターに、7,999円で発売します

  • アンカー
  • アンカー
  • Soundcore Liberty Air。イヤホンケースを含めて、重さは60g。非常に軽く、写真で見るよりも実物は小さく感じるはずです

  • アンカー
  • アンカー
  • 完全ワイヤレスイヤホン「Zolo Liberty S」。Amazon.co.jpなどで大人気の完全ワイヤレスイヤホン「Zolo Liberty」シリーズのアップグレードモデル。充電ケースで充電しながら使うと、なんと100時間も音楽を楽しめます。Bluetoothのバージョンは5.0で、対応コーデックはSBCとAAC。IPX5の防水性能も備えます。2019年第1クオーターに販売予定で、価格は未定

  • アンカー
  • アンカー
  • Bluetoothスピーカー「Soundcore Model Zero」。最大出力は60Wで、音がずんずん鳴ります。重さは3.9kgで、持つとかなりズシンときました。ですがハイレゾ再生にも対応するため、外出先でもいい音で音楽を聴きたい人にはオススメ。連続再生時間は最大10時間、Bluetoothのバージョンは5.0で、IPX5の防水性能も備えます。2018年12月4日に19,800円で発売します

  • アンカー

    Bluetoothスピーカー「Soundcore Motion+」。発売時期、価格ともに未定です。最大12時間の連続再生が可能で、出力は15W×2。ハイレゾ再生に対応するほか、IPX7の防水性能も備えました。サイズは257×79×81mm、重さは約1,000g

  • アンカー

    Bluetoothスピーカー「Soundcore Icon」。IPX7の防水性能を備えるほか、耐衝撃性能も優れています。サイズは181×60×52mm、重さは約350gで、アウトドアで持ち運びやすいサイズ、重さといえるでしょう。連続再生時間は12時間、Bluetoothのバージョンは5.0で、出力は5W×2。2019年第1クオーターに発売する予定で、価格は未定です

  • アンカー

    Bluetoothスピーカー「Soundcore Icon Mini」。発売時期、価格ともに未定。コンパクトなBluetoothスピーカー「SoundCore Sport」の魅力を受け継ぐ製品だといいます。サイズは95×76×36mm、重さは約180g。連続再生時間は8時間で、Bluetothのバージョンは5.0、出力は3Wです

ドラレコ、モバイルプロジェクター

ANKERブランド内の「ROAV」からは、アンカー・ジャパンのドライブレコーダーのフラッグシップモデル「Anker Roav DashCam C2 Pro」がお披露目。このほか発売は少し先になりますが、「NEBULA」のAndroid TV搭載モバイルプロジェクターの最新モデル「Anker Nebula Capsule Ⅱ」も展示されていました。

  • アンカー

    ドライブレコーダー「Anker Roav DashCam C2 Pro」。Wi-Fiに対応し、アンカー・ジャパンのドライブレコーダーではフラッグシップモデルとなります。夜間でもナンバープレートをしっかりと捉える「NightHawkテクノロジー」を採用。フルHDでの録画にも対応します。2018年12月下旬に、13,800円で発売予定です

  • アンカー

    Android TV搭載のモバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule Ⅱ」。2019年第2クオーターに発売予定で、価格は未定です

  • アンカー
  • アンカー
  • OSとしてAndroid TVを搭載し、スマートフォンやPCを使わなくとも、YouTubeやNetflix、Amazonプライム・ビデオなどを楽しめます。前モデル「Anker Nebula Capsule」よりも高解像度な1,280×720ドットで映像を表示可能。本体サイズは150×80×80mmと、ほぼビール缶サイズなのも魅力でしょう

ユニバーサル ミュージックとの共同プロジェクト

このほか、アンカー・ジャパンはオーディオブランド「Soundcore」と、ユニバーサル ミュージック合同会社によるコラボ企画「Soundcore by Anker × Universal Music Special Live」を発表しました。ユニバーサル ミュージック所属アーティストのライブ企画や、アーティストとのコラボ製品の開発を共同で実施するプロジェクトとなります。

  • アンカー

    「Soundcore by Anker × Universal Music Special Live」

プロジェクトの第1弾として、韓国の人気アイドルグループ「SUPERNOVA」のライブを2018年12月22日に東京・新木場で実施。Bluetoothスピーカー「Soundcore Motion B」のSUPERNOVAオリジナルモデルがセットになった「スペシャルチケット(1階スタンディング、2階座席指定)」も用意されています。チケットの一般発売は12月12日10時からですが、一部チケット販売サイトでは2018年11月29日以降に先行抽選も行います。スペシャルチケットの価格は9,680円から。

  • アンカー

    Bluetoothスピーカー「Soundcore Motion B」のSUPERNOVAオリジナルモデル。SUPERNOVAファンとしては見逃せないアイテムでしょう