レノボ・ジャパンは11月27日、タワー型のゲーミングPC「Lenovo Legion T730」と、キューブ型のゲーミングPC「Lenovo Legion C730」を発表しました。どちらもCPUにIntel Core i9-9900KとNVIDIA GeForce RTX 2080を採用したハイエンド製品です。Lenovoオンラインストアで11月30日に発売開始し、価格はT730が288,100円前後、C730が273,000円前後(いずれも税別)となっています。

あわせて、すでに発売しているLenovo Legion Y530(15インチノート)とLenovo Legion T530(タワー型)を全国の小売店経路にて12月7日から発売を開始すると発表しました。価格はY530が179,800円(希望小売価格:税別)、T530が17,2800円(希望小売価格:税別)となっています。

  • Legion

    Lenovo Legion T730。Core i9-9900K+RTX 2080というゲーミングPCとしては十分なスペックのタワーマシン

  • レノボ・ジャパン

    Lenovo Legion C730。T730とほぼ同等のスペックですが、小型キューブケースを採用

  • T730のサイドはアクリルパネルで、外すとこのように。左上に光っているのは液冷CPUクーラー

  • T730には本来DVDスーパーマルチドライブが含まれていますが、今回は試作器ということでなし。フロントパネル上部をスライドさせるとアクセス可能

  • C730はトップが強化ガラスで、中が見える

  • C730はワンタッチでカバーを外すことができる。前面の2つのファンで左右に分かれた領域を冷やす「デュアルチャネル冷却機構」を採用。右側に見えるのがマザーボードを含むロジック部分

  • 反対側は電源とストレージが収められており、ストレージ部も工具なしでワンタッチでアクセス可能

  • Lenovo Legion Y530は12月7日より小売店でも販売を開始する

  • TGS2018 Legionブースの展示から、T530。今回のT730と全く同一デザインでライティングだけ赤いのが違い

  • TGS2018 Legionブースの展示から、C530。これもC730と全く同じデザイン

ゲーミングPCを幅広い層へ。親子間の交流にも

「Legion」発表会では、レノボ・ジャパン社長のデビット・ベネット氏が市場動向と戦略を説明。日本のPCゲーマー層が2015年から2017年にかけて1.3~1.5倍に伸びたことを紹介し、その背景にPUBG等のヒットタイトルが登場したことや、国内でのeSportsの認知が拡大したことを挙げました。

  • レノボ・ジャパン社長のデビット・ベネット氏

  • レノボ・ジャパンがゲーミングPC市場に再参入して以降、2年間でPCでのみゲームをプレイするゲーマー人口は1.3倍に

さらにマルチプラットフォームのゲームタイトルが増加し、スマートフォンやコンソールから、より高いプレイ環境を求めてゲーミングPCに移行するゲーマーが増加していると言います。

また2017年から2018年にかけe-Sportsへの参加者数は1.4倍に伸び、ゲームプレイの配信プラットフォームとして知られるTwitch配信視聴者数も、日本が世界3位と大きく伸びている事をアピール。Lenovoは2015年からゲーミングPC市場に再挑戦していますが、このタイミングで、さらに利用者層を広げたいと説明しました。

  • 日本でのeSportsの盛り上がりは参加者数や、視聴者数の伸びでもわかります

eSportsというと、メインプレイヤーが「10代の男性」というイメージがありますが、アメリカでは男女比が6:4となっており、さらに各年代で一定のプレイヤーがいるというデータが示されました。

レノボ・ジャパンとしては親子の対話ツールとしてのゲームを提唱。このため、プロチームと協業し、PCゲームの楽しさを伝えるオンライン・オフラインイベントを、2019年以降に実施する予定といいます。すでにスポンサーとなっている東京ヴェルディに加え、新たにCrest Gamingと匠Festivalとも協業スタート。親子を含む10万人にPCゲーミングの楽しさを伝えることを、2019年の目標として掲げていました。

  • PCゲーミングは子供のものととらえがちですが、親子のコミュニケーション手段としてゲームを切り口にする方法があると言います。ベネット社長も親子でゲームを楽しむそうです

  • ゲーミングPC市場をコアゲーマー、プロゲーマーだけでなく、カジュアルゲーマーにも広げたいと考えています

  • その一環としてプロチームのスポンサードを拡大。2016年に東京ヴェルディeスポーツチームスポンサーになっていますが、今回Crest Gamingと匠Festivalともスポンサー契約しました。契約は「つい最近」(広報談)で、本日の発表を持って両チームともTwitterで報告しています

強力なライバルは「BTOパソコン」

続いてレノボ・ジャパンのコンシューマ製品部 プロダクトマネージャーの藤井宏明氏が新製品に関して紹介しました。

新製品のデザインを考えるにあたり、レノボは自社の旧製品、今回の製品、実用性重視(全部入り系)のデザインという3パターンに加え、競合するゲーミングPCメーカー3社のデザインを加えた6デザインについて、反応を調査したといいます。

その結果、実用性重視のものや、奇抜でも設計に意図のないものには否定的だったいう結果となり、新製品には機能美を追求したミニマリズムデザインを採用する事になりました。下位製品でも同一デザインを採用しています。

  • レノボ・ジャパン コンシューマ製品部 プロダクトマネージャーの藤井宏明氏

  • ユーザー調査から、ゲーミングPCにありがちな奇抜なデザインは目を惹くものの、設計に意図のない機能は不要という結果に。無駄を省いた機能美「ミニマリズムデザイン」が採用されました

一方、最新CPUを生かすためには優れた冷却機構が必要で、C730ではデュアルチャネル冷却機構、T730では水冷ユニットを搭載しました。T730/C730共にCPUにはIntel Core i9-9900Kを採用。GPUはNVIDIA GeForce RTX 2080を搭載。CPUとGPUに関しては将来ラインナップを増やす予定となっています。

なお、筐体デザインは変わりませんが、従来のT530/C530は赤一色のLEDイルミネーションでしたが、T730/C730はフルカラーLEDイルミネーションに変更。T730の水冷ユニットもLEDイルミネーション付となっています(イルミネーションは設定で変更できるので消灯すればシンブルなPCになります)。

  • 新シリーズの特徴は冷却のアップ。T730は標準で水冷搭載

さらにプロゲーマー・コアゲーマーだけでなく一般のユーザーにも対応すべく、T530/C530は小売チャネルでの展開を実施。幅広いユーザーへの訴求を狙います。

発表会のあとで聞いたところ、日本のゲーミングPC市場での強力なライバルはメーカーPCでなく、BTO製品であると言います。彼らと正面からぶつからないよりカジュアルな層を開拓する手段として、ゲーミングPCの店頭販売というチャレンジを行ったと話していました。

  • 本日の発表でLegionのポートフォリオは3筐体5製品へ

  • 本日発表のT730/C730はLenovoオンラインストア販売のみで、すそ野を広げるLegion T530(T730と同じ筐体の下位モデル)や、Legion Y530(ノートPC)は小売店舗での販売を12月に実施します

Lenovoデビット社長とR6Sで対戦!

発表会ののち、ソフマップAKIBA②号店パソコン総合館「e Sports Studio」で、Lenovoベネット社長との対戦権を賭けたメディア対抗ゲーム大会が実施されました。

ゲームタイトルは、Lenovoがグローバルスポンサーとなっている「Rainbow six Siege」。本来は5対5で行うタイトルですが、今回は1対1での特別戦。8媒体による勝ち抜き戦で、マイナビニュースからは編集部・村田が参加するもあえなく一回戦で敗退。見事勝利に輝いたのは、前回優勝のASCIIを破ったファミ通さんでした。

ファミ通さんのプレイヤーは今回のために特訓したのではなく、PlayStation4時代から3年間プレイしたという実力派。対抗戦では相手の頭を狙い一撃で倒す「ヘッドショット」を華麗に決めつつ、ベネット社長戦では防弾盾を持つ(ちょっと特殊な)キャラクターを選択するなど、経験と実力の差を見せつけました。

  • 「ゲーマーベネット」との対戦権を賭けたメディア対抗戦も行われました。マイナビニュースはPC Watchさんと対戦、力及ばず敗退に。優勝は前回の勝者ASCIIさんを破ったファミ通さん

  • かくしてファミ通さん VS ベネット社長のエキシビションマッチが開催! 準備中のベネット社長

  • とはいえファミ通の選手さんは3年の経験を持ち、この回では正面から撃っても有効にならない盾オペレーターで盛り上げる!

  • エキビションマッチも勝ったファミ通さん(左)とベネット社長(右)。後ろにいるのが今回の実況を務めた匠Festivalの方