スマホゲーム『クラッシュ・ロワイヤル(クラロワ)』を運営するSupercellは、「クラロワリーグ 世界一決定戦2018」を12月1日に幕張メッセで開催することを決定した。

記念すべき第1回大会が日本で開催。会場は幕張メッセだ

「クラロワリーグ」は、世界から44のチームが参加する『クラッシュ・ロワイヤル』のプロリーグ。北米、欧州、ラテンアメリカ、中国、アジアの5つの地区で行われている。各地区の優勝チームと、開催国である日本の成績トップチームの計6チームが「クラロワリーグ 世界一決定戦2018」に進出し、頂点の座を争う。日本からはGameWith、FAV gaming、PONOS Sports、DetonatioN Gamingの4チームが「クラロワリーグ アジア」に参戦している

昨年も「クラロワ 世界一決定戦」は行われていたが、アマチュアによる個人戦だったこともあり、プロによる団体戦は今回が初めてとなる。その栄えある第1回大会に日本が選ばれたわけだ。

昨年の「クラロワ 世界一決定戦」の様子
スマホアプリ『クラッシュ・ロワイヤル』

チケットはわずか2時間で完売! その理由は?

今回「クラロワリーグ 世界一決定戦2018」のチケットは、販売からわずか2時間という短時間で売り切れた。まだ、eスポーツ観戦が根付いているとは言い難い状況下において、短時間での完売はまさに快挙と言える。

『クラッシュ・ロワイヤル』と同社の『クラッシュ・オブ・クラン』を合わせたデイリーアクティブユーザーは世界で1億人を突破しており、日本の『クラロワ』ダウンロード数は北米に次いで多い。また日本は、プロ資格を得るためのチャレンジである「クラロワリーグ20勝チャレンジ」を突破したプレイヤーが多かった国としても知られている。いかに日本のヘビーユーザーが多いかという証明にもなった。プレイヤー、オーディエンスともに熱量の高いファンが多いことから、この短時間での完売に繋がったのだろう。

2018年10月5日に行われた「クラロワリーグ アジア」シーズン2 Week7の試合前会見で、クラッシュ・ロワイヤル アジア担当の殿村博氏は「1カ月くらいかけてチケットを売ることを考えていましたが、2時間で完売したことは驚きです。『クラロワ』ファンの熱量の高さを感じました。(開催する側の立場として)襟を正して対応しないといけませんね」と答えた。

有料チケットとはいえ、1450円と手頃な価格と『クラロワ』の人気キャラクター・プリンセスのフィギュアが来場者プレゼントとしてもらえるのであれば、ファンからすると当然の結果と言えるのかもしれない。

Supercell eスポーツアジア担当の殿村博氏

日本での開催にあたり、コー選手(DetonatioN Gaming)とシュン選手(GameWith)、RAD選手(FAV gaming)の3選手からも、選手を代表してコメントをもらった。

「日本で世界一決定戦が開催されることで、これまで以上に決定戦に出たいという気持ちが強くなりました。クラロワリーグ アジアで優勝すれば、(開催国枠と合わせて)日本が2チーム出場できる可能性もあるので、全勝を目指し、決定戦に出られるようにがんばります。また、チケットがすごく人気で、買えなかった人も多かったと思います。僕の家族も買えませんでした。もっと大きなホールで開催できるようにしたいですね」(シュン選手)

「日本の幕張メッセで開催するということで、注目度が高く、(動画)の視聴数も多くなると思います。これから世界一決定戦に向けて盛り上げていかないと。ここが、がんばりどころです」(コー選手)

「(チケットが2時間で完売し)そんなに注目されているのかと驚きました。もっと多くの人に観てもらえるようにしたいですね。日本で開催するので、チャンスだと思います。負けて世界一決定戦に出場することができず、他の日本チームが出場しているところは見たくありません」(RAD選手)

左からシュン選手、RAD選手、コー選手

残念ながらチケットは完売してしまったが、追加のチケットが販売される確率はゼロではない。また、クラロワリーグ アジアのシーズン1の決勝では、GameWithがパブリックビューイングを実施していたこともあり、優勝チームもしくはSupercellがパブリックビューイングを行う可能性もあるだろう。どれもがかなわなかったとしても、ストリーミング配信を行うので、そちらで楽しむこともできる。せっかく日本で開催するので、現地に行けないとしても盛り上げたいところだ。

(岡安学)