• 一人暮らし向け家電

    ひとり暮らし向け家電購入の行方は果たして…?

筆者がマイナビニュース・デジタル編集部の新米編集、瀬尾俊輔氏から一通のメールを受け取ったのは、新生活シーズンをとうに過ぎ、初夏の気配が見えはじめたある日のことだった。

内容をかいつまんで説明すると「自分が近々ひとり暮らしを始めるので、必要な家電を10万円片手に買い歩く記事を作りたい。ついては記事の執筆を依頼したい」というものだ。

どうして新生活シーズンをはずしたのか疑問もあったが、そこは個人の事情もあるだろう。かんたんに打ち合わせ、家電量販店のコンシェルジュに相談に乗ってもらって、リアルな体験記事にすることに決まった。

ヨドバシカメラ秋葉原店に取材協力を依頼し、瀬尾氏には当日までに購入したい家電を優先順位付きでリストアップするよう指示。プロの立ち会いのもと、買い物に同行することになった。

いざ行かん! ヨドバシカメラの生活家電売り場へ!

  • 一人暮らし向け家電

    これが瀬尾氏だ。父ちゃん母ちゃん! オレ、男になるぜ!

瀬尾: おはようございます! 見てください! おカネ、持ってきました!


多くの人が行きかう待ち合わせの店頭で、元気いっぱいに剥き出しの万札を高々と掲げる瀬尾氏。心意気は買うが、キミは家電の前に財布を買うべきなんじゃないか。

内田さん: いらっしゃいませ。本日はひとり暮らし向けの家電探しですね。よろしくお願いします。


今回、財布も持たず万札をぎゅっと握りしめる瀬尾氏がお世話になるのは、ヨドバシカメラ コンシェルジェ第1チームの内田崇志グループリーダー。折り目正しく我々を迎えてくれ、頼もしいかぎりだ。瀬尾氏はさっそく購入したい家電のリストを渡す。

  • 一人暮らし向け家電

    ヨドバシカメラの内田崇志グループリーダー。ひたすら頼もしい

内田さん: 最低限必要なものは、ここに書かれているとおり冷蔵庫、洗濯機、レンジなどですね。テレビは実家から持参する人も多いですし、炊飯器、掃除機などは人によっていらないというケースもあって、このへんはアレンジ次第。ないと絶対に困るのは照明です。リストにないようですが、お部屋にはあらかじめ用意されてましたか?


瀬尾: はい、ありました。なので、照明は不要です


ここで瀬尾氏がなにか言いづらそうにモジモジしはじめた。「ははあ」と思いながら、「予算が決まっているんですよね?」と助け舟を出す。

内田さん: そうなんです。10万円で、本当は冷蔵庫、洗濯機、レンジを買おうと思っていたんですが、急に冷蔵庫と洗濯機が5万円で手に入ってしまって、残る5万円でレンジとトースターと温水洗浄便座を揃えたいと思っています


「ははあ」どころではない。早くも企画と話が違ってきて目が点になる。そんな筆者の不安をよそに、内田さんは「そうですか」とにこやかに応じる。

内田さん: レンジとトースターと温水洗浄便座の3点ですね。シンプルなものなら揃えられると思います。予算感をご理解いただくために、まずは温水洗浄便座を見に行きましょう


温水洗浄便座は取り付け工事費用も考えよう

内田さん: 温水洗浄便座にも機能、性能の違いでさまざまなものがあります。今回はレンジとトースターもお求めとのことですので、温水洗浄便座は2万円前後のものから選ぶといいでしょう


瀬尾: 製品ごとの違いってどんなところですか?


  • 一人暮らし向け家電

    色々な便座を吟味する瀬尾氏

内田さん: 温水洗浄便座には、貯湯式と瞬間式があります。貯湯式はタンクに溜めた水をヒーターで温めておいて、常に温水が出るようにするタイプです。瞬間式は利用するたびにヒーターで水を温めるタイプで、お湯切れの心配がなく、保温も不要なので電気代も安く済みますよ


瀬尾: ほおほお


内田さん: 同じグレードだと、貯湯式のほうが安いですね。上位モデルでは便座が抗菌加工されていたり、脱臭機能や温風乾燥機能などを備えていたりします


瀬尾: あ、抗菌とか脱臭はいらないです。ボクはアイドルなので、菌とか臭いとかないですから


サラリとアイドル宣言する瀬尾氏。そうだな、アイドルでも便座はいるよな。

内田さん: 6,500円(税込)かかりますが、取り付け工事は依頼していただくのがオススメです。水回りの製品は取り付けられなくても、開梱してしまうと返品を受け付けられません。業者なら製品の開梱前に取り付けられるかどうかを判断でき、返品も可能です


瀬尾: わかりました。自分でできるとはとても思えないのでお願いします。ところで、パナソニックのやつに書いてある「ステンレスノズル」ってなんですか?


内田さん: ノズルがステンレスだと汚れが付きづらいんですよ


瀬尾: え。これ、汚れるんですか?


内田さん: ええ。ここは定期的にお掃除していただいたほうがいいですね


瀬尾: このノズルって……。もしかして、ボクが掃除するんですか?


ほかに誰が掃除するんだよ。

固まる瀬尾氏に気付いてか気付かずか、内田さんはにこやかに説明を続ける。

内田さん: 上位モデルだと自動洗浄機能を搭載していますが、下位モデルにはないですね。自動洗浄機能といっても、ノズルを水でじゃーっと洗う程度なので、上位モデルでも定期的なお掃除は必要ですよ


瀬尾: アイドルのボクがノズル掃除……


どうやら瀬尾氏、実家でトイレ掃除はしてこなかったようだ。お母さん、過保護はよくない。

  • 一人暮らし向け家電

    まさかボクが掃除? それはちょっと……ないんですけど

ひとり暮らし初心者が心奪われがち、「一点豪華主義」の響き

心が折れかけている瀬尾氏を見かねて、便座は一旦保留して電子レンジを見に行くことにする。

内田さん: レンジは取っ手が上に付いているものと、右に付いているものがあります。冷蔵庫の上に置く場合、取っ手が上だと開けづらいので気を付けてください。それと、レンジの上にものを置くのは基本的にNGなので、レンジの上にトースターを置く、といったレイアウトを考えているなら、台かなにかで放熱空間を作るべきです


瀬尾: わかりました


通気性に優れたERECTAのラックのように、網状の棚がよさそうだ。

内田さん: さきほどの話ではレンジとトースターがほしいとのことでしたが、レンジでもトーストは焼けますよ


瀬尾: えっ。そうなんですか!?


内田さん: トースターのほうが早く焼けて、比較的安いものでもおいしく焼けます。ただ、レンジでもおいしく焼けるものはあります。たとえば今回は予算的に少し厳しいですが、シャープの「ヘルシオ グリエレンジ」は、ひとり暮らしの人によくオススメしています


瀬尾: その理由とは


内田さん: 食材を温めるレンジ機能と、ヘルシオのウォーターオーブン機能が付いているので、トーストも本当においしく焼けますし、唐揚げなどの料理も作れます。一点豪華主義でこれを選ばれる人もいます。ご家族よりもひとり暮らしの人にオススメしたい製品です


瀬尾: いいいいいいいい一点豪華主義……。ほしい……


  • 一人暮らし向け家電

    「一点豪華主義」の響きに目が輝き出すバカ

ヘルシオ グリエレンジは4万円強。これを買うと温水洗浄便座の導入は無理だ。奥歯を喰いしばりながら断念する。

パン好きはトースターに憧れる

瀬尾: ボク、パンが好きなんです。すごくすごくすごく好きなんです。なので、最低限でいいので、トーストがおいしく焼けるほうにお金をかけたいです。バルミューダのトースターって、実際のところどうなんですか?


内田さん: バルミューダはとても人気で、在庫も残りわずかです


瀬尾: えっ。そんなに人気なんですか!


内田さん: シンプルでデザインも優れ、本当においしく焼けるので、発売以来ずっと人気ですね。私も試しましたが、あまりのおいしさに感動しました。ただ、バルミューダ自体がそんなに大きな会社ではないので、あまり大量に生産できないのです。ほかに、Aladdin(アラジン)の「グラファイトグリル&トースター」もいいですよ。バルミューダの半額くらいですが、こちらもトーストがおいしく焼けます


瀬尾: バルミューダは人気なんですね。どうしよう。しばらく考えていいですか?


  • 一人暮らし向け家電

    「憧れ」のバルミューダのトースターに心が揺れる

悩む瀬尾氏。せっかく内田さんがAladdinもおいしく焼けると説明してくれているのに、視線はバルミューダの「BALMUDA The Toaster」から動かない。とはいえ、2万円台半ばの値段がじっと見つめているだけで下がるなんてことは、大人の世界ではありえない話だ。レンジをあきらめ、温水洗浄便座を1万円台のものにすれば工事費をいれても5万円でまとまる。どうすべきか。

内田さんがそっとアドバイスする。

内田さん: レンジか温水洗浄便座を今回はガマンして、来月以降の給料で買うのもアリですね


瀬尾: ええっ! 便意を1カ月もガマンするんですか? 意味がわからないです


意味がわからないのはキミだよ。

ひとり暮らしにはコードレス掃除機がオススメ

内田さん: ところで炊飯器やクリーナーはいりませんか?


頭を切り替える内田さん。接客のプロだけに、少しくらいヘンなお客でも動じる様子はない。さすがプロである。

瀬尾: そういえば、このあいだ仕事で触ったクリーナーはいいなぁって思いました


内田さん: どれですか?


瀬尾: シャープのサイクロン式です。ピンクと黒のデザイン、カッケーっす


内田さん: コードレススティック掃除機「RACTIVE Air」ですね。軽くてよくゴミを吸うし、充電池を交換しながら長時間運転できるのが魅力です。ひとり暮らしなら、コードレススティックが最適だし、この掃除機はとてもオススメです


瀬尾: そうなんですよ~全部やめてこれにしようかな~


内田さん: えっ!?


  • 一人暮らし向け家電

    このピンクがいいんです!

瀬尾: あ、でも、ボクはアイドルだし、アカもフケも落ちないんでした。あと回しあと回し


内田さん: ですね。それがいいと思います


内田さんもだんだん対応に慣れてきたようだ。

買わない家電も選び方が知りたい!

瀬尾: せっかくなので、冷蔵庫や炊飯器、洗濯機、テレビ、あと除湿機の選び方も教えてください


「買わない」と宣言している家電まで、ずうずうしく説明を求める瀬尾氏。しかし、内田さんはこころよく答える。このヘンテコリンな自称アイドルも、いつかリピーターになるなら安いものである。

内田さん: 初めて冷蔵庫を買うときに注意したいのが、扉の開く向きです。左開きと右開きがあるので、間取りに合わせて選ぶ必要があります。置き場所によっては扉が全開できない、人の立つ位置を確保できないといったことになりかねないので気を付けてください


瀬尾: たしかに。冷蔵庫はもう買っちゃったのに、なんでもっと早く教えてくれなかったんですか!!


逆ギレもいいところである。

内田さん: 容量は200L前半か150L前後の小型のものがいいでしょう。毎日のように自炊する人や、お酒をたくさん冷やしておきたいという人でも、300Lあれば十分。自炊はする予定ですか?


瀬尾: パン焼きは自炊に含まれますか?


内田さん: 炊飯器はひとり暮らしだと、みなさん3合炊きを選ばれますね。ご飯を一度にたくさん炊いて、冷凍して使いたい人だと、5合炊きにする人もいます。炊飯器にはIH式とマイコン式がありますが、マイコン式は熱源が底面だけに付いていて、下からの熱だけで炊飯します。IH式は底面だけでなく横にも熱源が付いていて、内釜全体を加熱して炊飯するので、炊きムラが少なくなります


瀬尾: なるほど……、価格はマイコン式のほうが安くなってます?


内田さん: でも味はIH式のほうが断然おいしいです。ちょっとでもこだわるのであれば、小さくてもIH式をオススメしますよ


瀬尾: パン好きで、味覚にも自信のあるボクみたいなタイプは、IH式を選ばなくちゃいけないってことですね


パン焼きを自炊に換算しようとする瀬尾氏の発言をなかったことにし、冷静に説明を続ける家電コンシェルジェのお手本のような内田さん。それに対抗するのは、「パン好きで味覚に自信があるボクはIH式」なんてぶっ飛んだ論理を展開する瀬尾氏。もはや異次元の戦いだ。

  • 一人暮らし向け家電

    炊飯器のお手入れは基本的に内釜と内蓋になる。内釜の重さも確認しておきたい

内田さん: 洗濯機はひとり暮らしだと、容量が5kgか6kgのものが標準です。週末などにまとめ洗いするなら、7kgの洗濯機もアリですよ。基本的に縦型です。ドラム式は小型のものがほとんどないので、ひとり暮らしではあまり使われません。女性の場合、外干しができないという理由でドラム式を選ぶこともありますね


瀬尾: 女性の衣類を部屋干しすることになる可能性も考えておけってことですね


多分違うぞ。

内田さん: ひとり暮らしで使うテレビは以前なら、23インチや26インチ、大きくても32インチでした。でも最近は40インチを買う人が増えています。40インチでも安価なものが増えていますし、30インチ前後のものとの価格差があまりないですから。AVにこだわる人はワンルームでも、大型の4Kテレビを選ぶケースがありますよ。テレビにこだわるのは男性がほとんどですが、女性でも映画が好きという理由で奮発していきます


瀬尾: 女性と映画を見ることになる可能性も考えておけってことですね。さすが内田さん、ナイスアドバイス(ウインク)


だから瀬尾氏、違うぞ。

内田さん: 梅雨どきに一番ニーズが高まるのが除湿機。部屋干し用として通年で使う人も増えています。コンプレッサー式のほうが電気代が安くファンもいいいので、梅雨のときだけ使うならコンプレッサー式がオススメです。ただ、コンプレッサー式は冬だと効果を発揮しづらいので、通年で使うならデシカント式か、両方を切り替えて使えるハイブリッドタイプを選ぶべきでしょう。動作音はデシカント式のほうが静かです。あとは部屋の畳数に合わせて選びましょう


瀬尾: 夜中も使いたいならデシカント式がよさそう


  • 一人暮らし向け家電

    除湿機は方式の違いを理解して、使い方に合わせて選びたい

バルミューダを一点豪華主義で購入!

結局、一点豪華主義でバルミューダのトースターを買うことにし、予算はオーバーするものの、レンジと温水洗浄便座も一番安いものから選んで揃えることにした。レンジは総庫内容量20Lで700Wの加熱に対応する約11,000円の製品だ。温水便座は展示されている中で最安の16,320円だった東芝の貯湯式に決めた。

  • 一人暮らし向け家電

    レンジは冷蔵庫の上に置く予定なので、取っ手が右に付いていて横開きの「RE-T3-W5」(シャープ製)をチョイス。2015年の製品だ

  • 一人暮らし向け家電

    温水洗浄便座は東芝の貯湯式「SCS-T175」を選んだ

いよいよ金額の計算だ。一点豪華主義のためなら、多少のオーバーは生活費を切り詰めて調整しようと腹をくくる。

内田さん: 温水洗浄便座の設置費(取り付け工事費)込みで、58,520円(税込)になります。予算オーバーしていますが大丈夫ですか?


瀬尾: 端数の8,520円って安くなります?


内田さん: それ、端数なんですか(笑)


内田さんが気の毒になってきた。

  • 一人暮らし向け家電

    端数がなければ5万円に収まる!?

いよいよ、クロージングだ。住所を伝え、配達と取り付けの日取りを決め、代金を支払って買い物終了となる。気を揉む場面もあったが、どうにか必要な家電は揃えられたといえるだろう。

  • 一人暮らし向け家電

    クロージングの風景。新しい住所は未だ覚えていないのでスマホにメモしてきた

瀬尾: 住所は文京区の千駄木です。東大や芸大に近い文化的な地区なので、ボクにピッタリなんですねえ


内田さんに配達先を伝える瀬尾氏。千駄木といえば明治の文豪・森鴎外の住居のあった町だ。夏目漱石、高村光太郎、江戸川乱歩ゆかりの史跡も近い。いわゆる「谷根千」の千、千駄木には高級住宅地のイメージを持つ人も多いかもしれないが、表通りから奥に入った細い路地の裏には、築年数を重ねたリーズナブルな物件も実は少なくない。

筆者としては、瀬尾氏が住民になることで千駄木のブランドが毀損されるのではないかという心配は残ったが、それは本稿の主旨とははずれる話。今日のところは内田さんのお陰で家電がつつがなく揃ったことに感謝して、ヨドバシカメラをあとにするのだった。