今から20年後を舞台にした、人間そっくりのアンドロイドと、そこに芽生える感情のようなもの

「あ。このゲーム、好き……」
前知識ゼロで始めた、このゲーム。プレイ開始後、わずか数分でこんな気持ちになったタイトルは、人生の中で何本目でしょうか。私はこのソフトに一目惚れしました。

確かに、私は映画『ブレードランナー』(1982年)が大好きで、続編『ブレードランナー2049』(2017年)公開前は落ち着かなくて、予習で『ブレードランナー』のBlu-rayを毎晩観ちゃうくらいのファンではあります。

この『Detroit: Become Human』は、『ブレードランナー』に代表されるように、「人間そっくりのアンドロイドに感情が芽生えたら、それはアンドロイドなのか? 人間なのか?」という、SFの世界では幾百回と取り上げられたことがある、決して珍しくはないテーマを扱っています。

ただし、このテーマを扱った作品は「主人公が人間」であることが多いのですが、本作の主人公は、3体のアンドロイドたち。プレイヤーは、この3体のアンドロイドに宿る「心」となり、行動を選んでいくことになります。

  • 現在のスマートフォンショップのような場所で売られているアンドロイドたち。ショールーム内に展示されたアンドロイドに対して、「こちらのアンドロイドは高額ですが、その分だけ高性能で……」などの説明が行われている

最初に言っておきます。この手のテーマが好きなら、迷わず買ってください。 近未来ディストピア好きも同様です。

このゲームのジャンルはアドベンチャーゲームで、たまにQTE(クイックタイムイベント。制限時間内に〇ボタンを押せ、とかいうイベントのこと)もありますが、QTEの難易度は設定で低くできます。

一般的な「ゲーム好き」で、このゲームニュース記事を読んでいるような人であれば、全員が最後まで遊べますから、ご安心下さい。

  • QTEの例。こうした表示が出たら、周りの白い枠が消えるよりも前に「〇」ボタンを押せばいい

ストーリーの流れにどう関与するかは、アンドロイドの心=あなたの行動次第

ゲームの流れは、一般的なアクションゲームのように左スティックでキャラクターを動かし、画面内で関与できるアイテムや場所まで移動して、ボタンや右スティックで物を拾ったり、調べたり、ドアを開けたりする……というのが基本操作です。

一応、R2ボタンを押すと、「画面内で反応がある物体や、人がいる場所はここ」という表示ができるので、アドベンチャーゲームにありがちな「次にやるべきことがわからなくて詰まる」ということはありません。考えるべきは、「行動」だけです。

  • R2ボタンを押したところ。黄色い四角アイコンが表示されているところが、拾ったり調べたりできる場所。画面中央に出ている「犯行現場を調べる」などの文字は、次にやるべきことが表示されている

3体のアンドロイドに感情を与えるプレイヤー

プレイヤーが操作することになるのは、3体のアンドロイド。それぞれのキャラクターのストーリーが交互に出現し、ストーリー的に一段落つくと、次のキャラクターのシナリオが始まる……という感じで進行していきます。

1)コナー

アンドロイドによる犯罪の捜査をサポートするために製造された、試作型アンドロイド。

  • 現場に残された人物の顔をデータベースと照会したり、証拠を調べて事件の模様をCGシミュレーションで再現するなどの能力を持っている

2)カーラ

家事手伝いなど、人間生活のサポートをするために製造された女性型アンドロイド。アンドロイドの進出によって職を失ったトッドと、その娘アリスがいる家に仕えている。

  • 部屋の掃除をし、料理を作り、食卓にいる二人のコップに水を注ぐ……という仕事をこなしている

3)マーカス

芸術家の老人を介護するために雇われた男性型アンドロイド。食事の用意や注射の接種、移動のサポートなどを行う。

  • 芸術家の老人に仕え、全幅の信頼を得ている。それだけに、老人の息子からは厄介者と思われており……

ゲームの進行を大別すると、捜査系とそれ以外との2種類

3体のキャラクターの基本操作はほぼ同じですが、持っている能力や、「できること」などはキャラクター毎に異なっています。その中でもコナーは、捜査官という立場もあり、特に豊富な能力を使ってプレイを進行していくことになります。

そこで、最初に遊ぶことになるコナーのシナリオをなぞりながら、おおよそのゲーム進行について写真を中心に解説していきましょう。

最初に、コナーがエレベーターから降りると、そこは事件現場。どうやら、アンドロイドがオーナーを殺害し、子供を人質に取って、ビルの屋上に立て籠もっている事件が起きている最中のようです。

  • 通路を歩いていくと、途中にいくつかの証拠が見つかる

  • 目についたタブレット端末を手にし、そこに映っている人物の顔をデータベースと照合。右下にいる「エマ・フィリップス」が人質。さきほど入口ですれ違ったのは、エマの母親、キャロラインだったようだ

  • 次にやるべき行動が表示された。どうやら、アラン隊長を探し、話しかける必要があるようだ。こうした命令も、アンドロイドに与えられた命令だと考えると面白い

  • 現場のリーダー、アラン隊長と会話をし、指示を仰ぐ

  • 証拠を見つけて、拡大表示したところ。△ボタンを長押しすると、その部分に関する調査が進み、新事実が明らかになる

  • 拳銃が入っていたケースを見つけ、中に入っていた拳銃の種類を特定。この拳銃は、犯人が現在手にしているものだと推理。すでにその場にないものや人は、外形線だけのワイヤー表示になる

  • 現場に残された痕跡を調査することで、そのケースの中に入っていた銃が、どのような経緯で持ち去られたかなどを推理できるのもコナーの能力。画面下部のバーは、動画再生のタイムラインのようなもの

  • 人質の部屋に落ちていたヘッドフォンを発見。彼女はヘッドフォンをしていたので銃声が聞こえず、逃げ遅れたと推理

  • タブレット端末に保存されていた写真を発見。犯人のアンドロイドは、人質となった娘の家に仕えていたアンドロイドで、関係は良好だったことがわかった

  • タブレット端末に録音されていた音声から、アンドロイドの名前が「ダニエル」だと判明。興奮した犯人を説得するためには、犯人の名前で呼びかけるのが大切だ

  • 事件発生時のCGムービーのタイムラインは、L2とR2ボタンで再生/逆再生を操作できる。特定の場所で視点を変えたり、△ボタンで詳しく調べると、新しい事実が発覚することもある

  • 地面に付着していたアンドロイドの体液。犯人も負傷しているようだ

  • もう一人の被害者、警官が犯人に撃たれた模様も動画で再現。タイムラインを操作しながら、新しい証拠を探す

  • ムービーを解析した結果、警官が使っていた拳銃がテーブルの下に落ちていることを発見。この拳銃を拾うかどうかは、プレイヤーの操作に委ねられる

  • 屋内での情報収集を終え、いよいよ犯人と対面。どう接すれば人質を救出できるのだろうか

  • 犯人は興奮している。ここからの説得で、人質を助けることも、殺すことも、コナーの行動(=プレイヤーの考え)次第で結果が変わる

  • 犯人が油断したところに、さきほど拾った警官のハンドガンで犯人を撃った。人質は救出できたが、これが正解だったのかどうかはわからない

  • シナリオを終えるごとに、自分の行動や選択を振り返ることができるフローチャートが表示される

  • シナリオを終えると、次のキャラクターのシナリオが開始。これはカーラのシナリオだが、どうやら自分(カーラ)は「車に轢かれた」レベルの故障となり、修理を依頼されていたようだ

アンドロイドに宿る、プレイヤー(人間)の心

アンドロイドの思考はコンピュータプログラムであり、仮にAIと呼ばれるレベルの高性能プログラムだったとしても、プログラムはプログラムでしかありません。でも、そのプログラムに心=感情が芽生えたとしたら? アンドロイドを操作しているプレイヤーが感情を与えたとしたら、そのアンドロイドは単なるロボットなのでしょうか。

カーラ編のあるシーンでは、主人から「そこから一歩も動くな」と指令をされた直後、すぐ近くで父親から暴力を受ける娘の悲鳴が聞こえてきます。命令に背いて動き出そうとすると、カーラのプログラムは激しく動揺し、葛藤を始めます。最終的にプレイヤーの操作=感情がプログラムに背いた時、そのアンドロイドは感情のようなものが芽生えた「変異体」となり……。

  • プログラムに背く行動をすると出現する、赤いワイヤーで描かれた壁と警告メッセージ。感情のようなものとプログラムの葛藤が表現されている

今からわずか20年後、2038年のデトロイトという、リアルな世界観設定。今、我々が過ごしている世界から想像がつきそうな、ほんの少し未来の世界。 そこでは、人間そっくりのアンドロイドが販売され、「人間の仕事が奪われた」と反アンドロイド運動が各所で起こっていたり、彼らは道を歩くアンドロイドに暴行したり。 けれども、アンドロイドは人間ではないので、アンドロイドを殴ろうとした人も「器物破損になるぞ」と警官に注意されるだけで済む世界。

  • 街中で行われていた、反アンドロイド運動。たまたま通りかかっただけで押し倒された

姿かたちも、話す内容すらも人間と見分けがつかないアンドロイド。唯一の違いは、右のこめかみに輝く、直径数センチの光るリングだけ。

ある老人は、世界で一番の理解者としてアンドロイドを溺愛。ある女児は、自分を父親から守ってくれたアンドロイドを母のように慕う。けれども、その一方でストレスのはけ口として、買ったアンドロイドに暴行をする人間も後を絶たない。

身の危険を感じた時、アンドロイドは自らの身体(命)を守るため、自分に拳を振り上げる人間を殺してしまうケースも。

「不公平だ」

アンドロイドたちは、声を上げ始めていたのです。

  • アリスが描いたイラストが真実だとしたら、カーラはかつて、アリスの父親が逆上してカーラに拳を振り上げ、記憶メモリーが初期化するほどのダメージを与えたようだ

そんな状況に対抗するため、人間に歯向かった「変異体」アンドロイドを探し、捕まえるために造られたアンドロイドのコナー。アンドロイドに正当防衛のような法的保護は存在せず、人間を殺めたことをただ罰せられて解体されるのみ。

そんな世界で、アンドロイドはどう生きていくべきなのか。プレイヤー自ら、アンドロイドの視点となり、その行く末を見守ってほしい。

  • 物語の舞台となるのは、アメリカ・ミシガン州の街デトロイト。自動車産業の中心地として知られるデトロイトは、アンドロイド産業でも中心地になっている

目は口程に物を言う。瞳の演技は、雄弁に感情を表現する

最後に。

皆さんは「不気味の谷現象」という言葉を聞いたことがありますか? これは、ロボット工学者の森政弘さんが1970年に発表した言葉です。CGなどがリアルになっていく過程で、「人間そっくりだけど、どこかが何かが違うから不気味」と感じるマイナス感情に対して使われます。

では、『Detroit: Become Human』のCGはどうでしょうか。私は、完全に「不気味の谷」を超えて、次のステップへ進んでいると感じました。 そうコナーたちの演技を観ていて感心したことがありました。それは「瞳」です。

このゲームは、顔を大アップで映すシーンが目立ちました。そして、キャラクターたちの「瞳の演技」に引き込まれました。

哀しい瞳、怒れる瞳。恐怖、安心、嫉妬、反感……ゲーム内に登場するキャラクターたちが抱いている、さまざまな感情。それらは、台詞や表情だけに止まらず、「瞳の演技」にも現れています。

怒った口調をしているけれども、哀しい目をしている人。
優しい言葉を掛けているけど、感情を失った瞳の人。
声と表情、そして瞳に、身体の動き。たくさんの情報が重なり合って、登場人物が抱いている複雑な感情を表現しています。
ゲーム序盤では機械的な表情しかしていなかったアンドロイドたちの瞳に、少しずつ感情のようなものが宿っていくと……。

もしこのゲームをプレイされる機会があるのなら、ぜひ瞳にもご注目ください。 無料体験版も配布中ですので、ここまで読んでくださった方は、とりあえず体験版だけでもプレイされることをお勧めします。

  • 事件現場へ向かうコナー。不安はなく、受けた指令に従うだけの、感情のない瞳

  • 修理から復帰し、メモリー消去後に再起動されたカーラ。完全な初期状態の目は、やはり感情が希薄

  • マーカスの主人、芸術家のカール。自分の死期が近いことを察し、マーカスの将来について真剣に心配している瞳

  • コナーとコンビを組むベテラン刑事、ハンク。犯人を取り調べるも、何もしゃべらせることができず、焦りを感じ始めている瞳

タイトル:『Detroit: Become Human』
発売日 :2018年5月25日(好評発売中)
ジャンル:オープンシナリオ・アドベンチャー
対応機種:PlayStation4
人数  :1人
CERO :D(17才以上対象)セクシャル・犯罪
発売元 :ソニー・インタラクティブエンタテインメント
開発  :Quantic Dream
備考  :PS4 Pro ENHANCED

(C)2018 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Quantic Dream.