【回線別比較】厳選おすすめプロバイダ5社!|速度や料金・キャンペーンとともに詳しく解説! | マイナビニュース インターネット比較

【回線別比較】厳選おすすめプロバイダ5社!|速度や料金・キャンペーンとともに詳しく解説!

プロバイダ比較お得に申し込めるプロバイダはどこ? 光回線

光回線を契約するなら、プロバイダも一緒に契約しなくてはインターネットがつながりません!

こうた
こうた

プロバイダはインターネット回線と契約者をつなぐ、橋渡しのような存在なんだ。

しかし、近年では光回線事業者とプロバイダがセットになった一体型サービスが主流なので、どの回線を選ぶかによってプロバイダはある程度決まりますよ。

今回は主要光回線ごとに契約できるプロバイダを紹介しながら、失敗せずにプロバイダや光回線を選ぶポイントを解説します。

ずばり、光回線(=プロバイダ)は以下の5つのポイントを確認しながら選ぶと満足のいく契約先がみつかりますよ。

とくこ
とくこ

光回線はプロバイダによって、速度やお得なキャンペーンが受けられるかに差が出るわよ!

すでに光回線を契約している方に向けても、プロバイダのみを変更する方法をご紹介しています。

プロバイダ選びに悩んだ方や、どの光回線を契約すればいいか知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事を書いた人
マイナビニュース ネット比較編集部

マイナビニュースはビジネスパーソンに役立つ幅広いジャンルの情報を提供する総合ニュースメディアです。ニュースに限らず、役立つノウハウや体験レポート、製品レビューや企業のソリューションにまつわる記事まで業界を跨いだ網羅的な記事展開をしております。

マイナビニュース ネット比較編集部をフォローする

そもそもプロバイダとはなにか

そもそもプロバイダとはいったい何か、あなたは説明できますか?

とくこ
とくこ

光回線そのものとプロバイダ、何が違うかいまいちわからないのよね…。

光回線とプロバイダは基本的にまったく別の会社で、インターネットをつなげるためにそれぞれ別の役割を担っています。

自宅でインターネットを利用するためには、「光回線事業者」と「プロバイダ」の両方と契約する必要がありますよ。

引用:フレッツ光

「光回線事業者」は、全国に光回線設備を敷設して管理・運用をしています。

一方、「プロバイダ」は利用者の契約や個別の機器などを管理する役割を持っています。

たとえば、ドコモ光の場合、NTTドコモが回線事業者として光回線のサービスを提供し、GMOとくとくBBやplala、BIGLOBEなどのプロバイダ会社を通してインターネットが利用できる仕組みです。

しかし、近年では、光回線とプロバイダがセットになった一体型サービスが主流で、プロバイダ会社が直接回線事業者となり、自社のプロバイダとあわせて契約できることもめずらしくありません。

自社プロバイダとの一体型光回線では、基本的にプロバイダは選べず、選択肢は1社のみですよ。

人気の高い主な光回線12社で、契約できるプロバイダを一覧表にまとめました。

回線事業者 対応プロバイダ
NURO光
So-net
ソフトバンク光
Yahoo!BB
So-net光プラス
So-net
OCN光
OCN
ビッグローブ光
BIGLOBE
@nifty光
@nifty
ぷらら光
plala
eo光
eo光
フレッツ光
500社以上
ドコモ光
24社
auひかり
9社
コミュファ光
11社

光回線の中には、複数社の中からプロバイダを選べる光回線もあります

その場合には、各プロバイダの特徴を比較したうえでもっとも自分に合った1社を選んでくださいね。

記事の後半では、5つの光回線で契約すべきプロバイダについてくわしく解説します。

フレッツ光だけはプロバイダ一体型ではない

現在、ほとんどの光回線がプロバイダ一体型です。

事業者との契約さえすれば提携するプロバイダに別途申し込むなどの手間も省け、プロバイダ料金もインターネット料金に直接含まれています。

しかし、光回線の老舗ともいえるフレッツ光は、回線事業者であるNTT東日本・西日本と契約し、さらに別途500社近くのプロバイダから自分で選んで契約しなくてはいけません。

また、フレッツ光の月額料金とは別にプロバイダ会社へ500円~2,000円のプロバイダ料金を支払うので、プロバイダ一体型の光回線に比べて単純に支払い料金が増えますよ。

こうた
こうた

今フレッツ光を契約している人は、プロバイダ一体型の光コラボなどへ「転用」することでプロバイダ料金分、毎月の支払いを減らせる可能性が高いよ!

とくこ
とくこ

フレッツ光からプロバイダ一体型の光コラボへ乗りかえるメリットはこちらの記事をあわせて参考にしてね。

フレッツ光を契約している人に向けて「フレッツ光のままプロバイダが不要になる」という勧誘の電話や訪問販売をしてくるセールスが報告されています。
結局はプロバイダ一体型の光コラボへの乗り換えを知らぬ間にさせられることもあり、キャンペーンがお得でなかったり、のちの対応が悪いケースも聞かれるので、転用する場合は自分でインターネットなどから調べたお得な窓口から申し込むようにしてください。

光回線(プロバイダ)を比較する際に注目すべき5つのポイント

光回線(プロバイダ)を比較する際には、以下の5つのポイントに注目しましょう。

こうた
こうた

光回線によってプロバイダが決まってくるから、基本的に光回線の上手な選び方を軸に説明していくよ!

①安定した速度で通信できるか

光回線には最大通信速度が決まっており、ほとんどの事業者が「上り下り最大1Gbps」でサービスを提供しています。

ただし、最大速度はあくまでも理論値で、実際に出る速度ではありません。

実際に出ている速度=実測値は通信回線の混雑度やプロバイダ、お使いのパソコンやルーターのスペックによりによって、大きく差が出ます。

実測値はTwitterなどの口コミや、速度測定できるサイトみんなのネット回線速度をチェックすると参考になりますよ。

とくこ
とくこ

主要回線の最大通信速度と実測値を一覧表でまとめたから、高速通信できるのはどこかチェックしてみて!

<光回線の速度比較>
最大通信速度 平均速度
NURO光
2・6・10・20Gbps
下り:345.62Mbps
上り:332.44Mbps
コミュファ光
1・5・10Gbps
下り:420.47Mbps
上り:260.42Mbps
auひかり
下り:267.03Mbps
上り:235.75Mbps
eo光
下り:265.34Mbps
上り:217.09Mbps
ソフトバンク光
1・10Gbps
下り:188.33Mbps
上り:135.94Mbps
ドコモ光
下り:162.7Mbps
上り:144.1Mbps
フレッツ光
1Gbps
下り:203.49Mbps
上り:186.46Mbps
So-net光プラス
下り:187.55Mbps
上り:157.98Mbps
enひかり
下り:175.74Mbps
上り:250.23Mbps
BIGLOBE光
下り:163.03Mbps
上り:139.78Mbps
OCN光
下り:146.24Mbps
上り:126.61Mbps

最大通信速度がもっとも速いのは、通常プランでも下り2GbpsのNURO光です。

こうた
こうた

NURO光以外は通常プランで最大1Gbpsだから単純に2倍だね!

また、実測値で上り速度がもっとも速いのはNURO光下り速度がもっとも速いのはコミュファ光でした。

実測値はIPv6対応のプロバイダで速くなる

速度の比較表で下り速度の実測値が250Mbpsを超える以下の4つの光回線は、すべて独自回線を利用する独立回線で、自社のユーザーだけが同じ回線を使うので混み合いにくく、高速通信が期待できますよ。

  • NURO光
  • auひかり
  • コミュファ光
  • eo光

一方、フレッツ光とドコモ光やソフトバンク光などの光コラボは、すべて同じNTTの光回線を共有しています。

そのため、独立回線と比べると夜間や週末などインターネット利用者が増える時間帯は回線が混雑し、速度が低下しやすいですよ。

しかし、契約するプロバイダによっては、回線の混雑状態を回避し、接続しやすいルートを自動的に判別してインターネットをつなげるIPv6 IPoE + IPv4接続方式(通称v6プラス)を提供しています。

IPoEとは-So-net
引用:So-net光プラス

IPv6 IPoE + IPv4対応のプロバイダを選べたり、一体型になっている回線事業者なら速度は安定しますよ。

今回紹介する光回線はすべて、IPv6 IPoE + IPv4接続に対応するプロバイダと契約できるので、安心してくださいね。

②お住まいの地域が提供エリアか

光回線は住んでいる住所が提供エリアでなければ、契約できません。

こうた
こうた

とくに独立回線は独自の設備が導入できるエリアや物件が限られるよ。

とくこ
とくこ

お住まいの地域で契約できる回線の中から、契約先を検討してね。

<光回線のエリア比較>
NURO光
北海道・関東・
関西・東海・九州
auひかり
関西・東海以外
(マンションは全国)
コミュファ光
東海
eo光
関西
BIGLOBE光
全国
So-net光プラス
全国
ソフトバンク光
全国
ドコモ光
全国
enひかり
全国
OCN光
全国
フレッツ光西日本
西日本
フレッツ光 東日本
東日本

③スマホとのセット割は適用できるか

光回線はお使いのスマホとのセット割を適用できるかで選べば、通信費全体が大きく節約できます。

セット割が適用されればスマホ1台につき、月額料金が最大1,100円割引されることもあります。

家族が同じキャリアのスマホ使っている場合、たとえば4人いれば毎月4,400円の割引となり大変お得ですね。

どのスマホキャリアとのセット割が使えるかは、光回線によって異なります。

一覧表で光回線ごとのセット割対応状況をまとめたので、ご自分のスマホキャリアはどの回線と割引が適用されるのかチェックしておいてくださいね。

<スマホ別セット割対応表>
キャリア セット割名 割引額
(1台あたり)
対応する光回線
docomo
ドコモ光
セット割
最大1,100円
ドコモ光
au
auスマート
バリュー
・auひかり
・コミュファ光
・So-net光
・BIGLOBE光など
SoftBank
おうち割
光セット
・ソフトバンク光
・NURO光
ワイモバイル
おうち割 光セット(A)
最大550円
・ソフトバンク光
OCNモバイル
OCN光
モバイル割
220円
OCN光
BIGLOBEモバイル
光☆SIMセット割
最大330円割引
・BIGLOBE光
・BIGLOBE光パック
Neo with フレッツ
※価格は税込
とくこ
とくこ

セット割の適用条件に光電話などのオプション加入が必要なこともあるから、契約時に確認してね!

④お得なキャンペーンを実施しているか

光回線各社や提携プロバイダでは、それぞれにキャッシュバックや割引などのキャンペーンを実施しています。

セット割や速度などがほぼ同じ条件なら、よりお得なキャンペーンを行っている光回線を選ぶようにしましょう。

こうた
こうた

光回線を選ぶ際にとくに注目したいキャンペーンは、以下の4つだよ。

  • 工事費割引
  • 他社解約違約金負担
  • キャッシュバック
  • 月額料金割引
とくこ
とくこ

どのキャンペーンも利用できれば光回線を安く使えるから、豊富な特典が受けられるところを選んでね。

<光回線のキャンペーン比較>
開通工事費 違約金負担 キャンペーン
auひかり
(NEXT)

実質無料
最大55,000円
最大65,000円CB
コミュファ光
(NEXT)

無料
全額
最大50,000円CB
NURO光
(公式特設サイト)

実質無料
45,000円CB
eo光
(公式)

実質無料
最大50,000円
最大12か月間2,200円割引
10,000円分の商品券
BIGLOBE光
(NEXT)

実質無料
30,000円CB
So-net光プラス
(公式サイト)

実質無料
24ヶ月間月額2,750円割引
ソフトバンク光
(NEXT)

実質無料
最大100,000円
最大36,000円CB
ドコモ光
(ネットナビ)
20,000円CB
enひかり
(公式)
OCN光
(公式)

実質無料
12,000円CB
フレッツ光

ただし、キャンペーンによっては、キャッシュバックの受取時期が1年後など受け取りづらい場合もあります。

そのため、キャッシュバック額だけでなく、受け取り時期や受け取り方法などもしっかりと確認しましょう。

光回線をキャンペーン重視で選びたい方は、キャンペーン比較をまとめた記事もあわせて読んでみてくださいね。

プロバイダによっては無線LANルーターやセキュリティソフトが無料になる

光回線事業者や契約窓口から受けられるキャンペーンとは別に、プロバイダによっては便利なオプションが無料で利用できる特典が用意されていることもあります。

こうた
こうた

プロバイダによっては、以下の特典が受けられることもあるよ!

  • 無線LANルーターレンタル無料
  • セキュリティソフト利用料無料
  • サポートサービス無料
  • メールアドレス付与
  • 優待サービスの提供
とくこ
とくこ

プロバイダで受けられる特典もあわせてチェックしておけば、さらにお得にインターネットが利用できるわね。

⑤実質料金は安いか

光回線を契約するなら、できるだけ安いところを選びたいですね。

しかし、光回線の月額料金だけで比較しても、実際にお得なのかはわかりません。

キャンペーンによる割引や事務手数料、工事費などの追加料金などをすべて加味して計算した、実質料金が安いところを選ぶようにしましょう。

こうた
こうた

人気の光回線12社の実質料金を、月額料金やキャンペーンとあわせて比較したよ!

とくこ
とくこ

戸建て住宅とマンションでも料金が変わるから、注目してみてね。

<光回線12社の料金比較>
実質月額料金
(2年間)
月額料金 キャンペーン
戸建て マンション
auひかり
(NEXT)
3,160円
2,106円※1
戸建て: 5,610円~
マンション:4,180円~
最大65,000円CB
コミュファ光
(NEXT)
3,304円
2,305円
戸建て:3,993円~
マンション:3,190円~
最大50,000円CB
NURO光
(公式特設サイト)
3,602円
1,521円※2
戸建て:5,217円
マンション:2,090円~
45,000円CB
So-net光プラス
(公式サイト)
4,332円
3,279円
戸建て:3,828円~
マンション:2,728円~
24ヶ月間月額2,750円割引
eo光
(公式)
4,560円
3,430円
戸建て:5,448円
マンション:3,436円
最大12か月間2,200円割引
10,000円分の商品券
ソフトバンク光
(NEXT)
4,908円
3,368円
戸建て:5,720円
マンション:4,180円
最大36,000円CB
BIGLOBE光
(NEXT)
4,539円
3,484円
戸建て:5,478円
マンション:4,378円
30,000円CB
ドコモ光
(ネットナビ)

※3
5,229円
3,964円
戸建て:5,720円~
マンション:4,400円~
20,000円CB
enひかり
(公式)
5,885円
4,831円
戸建て:4,730円
マンション:3,630円
OCN光
(公式)
6,316円
4,598円
戸建て:5,610円
マンション:3,960円
12,000円CB
フレッツ光
西日本

※1
6,976円
5,626円
戸建て:5,830円
マンション:4,565円
フレッツ光
東日本

※1
7,397円
5,309円
戸建て:6,270円
マンション:4,235円

※新規契約の場合
※実質月額料金={2年間の月額料金+光電話+契約事務手数料+工事費-キャンペーン}÷24ヶ月
※1:マンションv16の場合
※2:NURO光forマンションで10人以上契約の場合
※3:タイプAの場合

実質料金を比較すると、戸建てタイプでもっとも安いのはauひかりです。

また、マンションでは月額2,090円~利用できるNURO光が最安ですよ。

次の項目では、オススメの光回線5選とそれぞれ契約できるプロバイダを解説していきましょう。

スマホとのセット割で選ぶ!オススメ光回線(プロバイダ)5社を紹介

光回線を選ぶための5つのポイントをすべてクリアした、オススメの光回線は以下のとおりです。

基本的に光回線は毎月の通信費全体を節約するため、お使いのスマホとのセット割に対応している会社を検討しましょう。

ただし、格安SIMをお使いの場合は、セット割が適用される事業者を選んでも割引額が少なく、あまりお得ではない可能性があるので、実質料金が安く通信速度が速い光回線を選ぶのがオススメです。

それぞれの光回線の月額料金や特徴をまとめましたので、参考にしてくださいね。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」一択

ドコモ光 ネットナビ

ドコモのスマホをお使いなら、ドコモのセット割が使えるのはドコモ光だけです。

「ドコモ光おうち割光セット」はドコモの携帯電話契約とドコモ光の契約者が同じであれば自動的に適用され、新プランなら最大1,100円が毎月割引されます。

家族間でドコモユーザーがいれば、最大20台まで割引が受けられるのもお得ですね。

【ドコモ光の概要】

対応エリア
日本全国
スマホセット割額
ドコモ光セット割で最大1,100円割引
最大速度
1Gbps
初期費用 事務手数料
3,300円
工事費用
戸建て
マンション
19,800円(実質無料)
16,500円(実質無料)
月額料金(1ギガ)
戸建て
マンション
タイプA:5,500円
タイプB:5,940円
タイプA:4,400円
タイプB:4,620円
2年間実質料金
戸建て
マンション
133,780円
102,100円
※価格はすべて税抜、実質料金はタイプAの場合
こうた
こうた

ドコモ光はどのプロバイダを選ぶかで、タイプAかタイプBにわかれるよ。

とくこ
とくこ

タイプAはタイプBより220円安いけど、料金の違いはプロバイダ会社の利益問題によるから、品質やサービスにはまったく関係ないのよ!

ドコモ光は代理店ネットナビからの申込みが、オススメです。

代理店ネットナビでは有料オプションなどの条件もなく、最短翌月末に20,000円のキャッシュバックを受取れますよ。

ドコモ光のキャンペーン窓口比較はこちらの記事から参考にしてくださいね。

【全24社比較】ドコモ光のオススメプロバイダは「GMOとくとくBB」

ドコモ光は全24社からプロバイダを選べます。

ドコモ光はプロバイダによって、実質料金や無料で利用できるオプション、実測速度が異なります。

ドコモ光のプロバイダを選ぶ際には、以下のポイントに注目しましょう。

ドコモ光のプロバイダ選びで注目すべきポイント
  • 月額料金が安いタイプAか
  • v6プラスが利用できるか
  • 無線LANルーターやセキュリティソフトが無料か
  • 実測速度は速いか

ドコモのプロバイダでもっともオススメなのは「GMOとくとくBB」です。

ドコモ光のプロバイダ24社で受けられる特典や実測速度を一覧表で比較したので、本当に「GMOとくとくBB」がお得なのかチェックしてくださいね。

【ドコモ光の全24プロバイダ比較】

プロバイダ名 プロバイダ
タイプ
v6プラス
対応状況
無線LAN
ルーター
無料
サポート セキュリティ 実測速度
GMOとくとくBB
A

初回
無料

12か月
無料
下り: 262.97Mbps
上り: 215.88Mbps
@nifty
A

初回
無料

12か月
無料
下り: 172.1Mbps
上り: 198.27Mbps
plala
A

初回
無料

24か月
無料
下り: 202.77Mbps
上り: 178.06Mbps
ドコモnet
A

有料

12か月
無料
下り: 222.69Mbps
上り: 206.57Mbps
DTI
A

契約中
無料

12か月
無料
下り: 184.93Mbps
上り: 191.54Mbps
andline
A

12か月
無料
下り: 222.87Mbps
上り: 197.21Mbps
BIGLOBE
A

初回
無料

12か月
無料
下り: 245.27Mbps
上り: 192.99Mbps
SIS
A

初回
無料

無料
下り: 50.15Mbps
上り: 93.51Mbps
hi-ho
A

初回
無料

12か月
無料
下り: 118.2Mbps
上り: 148.16Mbps
IC-NET
A

36か月
無料

36か月
無料
下り: 197.25Mbps
上り: 154.3Mbps
Tigers-net
A

初回
無料

無料
下り: 334.25Mbps
上り: 248.63Mbps
エディオンネット
A

有料

有料
下り: 155.1Mbps
上り: 152.41Mbps
シナプス
A

初回
無料

12か月
無料
下り: 122.67Mbps
上り: 80.77Mbps
BB.excite
A

有料

36か月
無料
下り: 301.44Mbps
上り: 164.43Mbps
楽天ブロードバンド
A

初回
無料

12か月
無料
下り: 169.92Mbps
上り: 150.1Mbps
TikiTiki
A

有料

有料
下り: 164.43Mbps
上り: 235.56Mbps
ネスク
A

有料
下り: 323.69Mbps
上り: 193.85Mbps
01光コアラ
A

有料
下り: 246.22Mbps
上り: 257.17Mbps
OCN
B

初回
無料

12か月
無料
下り: 203.33Mbps
上り: 170.21Mbps
@TCOM
B

初回
無料

12か月
無料
下り: 184.05Mbps
上り: 166.02Mbps
TNC
B

有料

12か月
無料
下り: 172.2Mbps
上り: 141.7Mbps
WAKWAK
B

有料

有料
下り: 139.22Mbps
上り: 191.19Mbps
AsahiNet
B

有料
下り: 280.43Mbps
上り: 143.93Mbps
ちゃんぷるネット
B

12か月
無料

有料
データなし

ドコモ光のプロバイダでGMOとくとくBB がオススメな理由は、とくに実測速度の速さがあります。

GMOとくとくBBではv6プラスに対応していることはもちろん、v6プラスの設定があらかじめされている無線LANルーターを無料で利用できるので、安定した速度で通信できますよ。

月額料金が200円安いタイプAであることや、無料オプションが充実していることも大きなメリットですね。

ドコモ光でGMOとくとくBBをプロバイダに選ぶべき理由は、こちらの記事でさらにくわしく解説しています。

ちなみに、GMOとくとくBBのプロバイダ窓口からもドコモ光は契約できますが、ひかりTVなどの有料オプションに加入しないと最大20,000円のキャッシュバックがもらえません。

ドコモ光のオススメ窓口である代理店ネットナビでは、プロバイダにGMOとくとくBBが選べるうえに、オプション加入なしで20,000円キャッシュバックがもらえますよ!

ソフトバンクユーザーなら「NURO光」がベスト

nuro公式特設

ソフトバンクユーザーなら、ソフトバンクスマホとのセット割が適用できて、しかも、標準下り速度が最大2Gpsと高速通信のNURO光がオススメです。

ソフトバンクのセット割「おうち割光セット」は1台あたり1,000円の割引が、最大10台まで利用できますよ。

【NURO光の概要】
対応エリア
関東、関西、東海、九州、北海道エリア
スマホセット割額
おうち割光セットで最大1,000円
最大速度
2Gbps
初期費用 事務手数料
3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
40,000円
月額料金
戸建て
マンション
5,217円
2,090円~5,217円
2年間実質料金
戸建て
マンション
96,708円
39,570円
※価格はすべて税込、マンションの実質料金はNURO光forマンション10人以上契約の場合

オススメの申込窓口は、以下の特典がもらえるNURO光の「公式特設キャッシュバックサイト」です。

NURO光公式特設キャッシュバック窓口なら、オプション加入なしで45,000円キャッシュバックが6か月後にもらえますよ。

NURO光はプロバイダSo-netとの一体型光回線

NURO光はプロバイダSo-netとの一体型光回線です。

So-netはフレッツ光やauひかりのプロバイダをはじめ、光コラボのSo-net光プラスやモバイル回線のSo-net WiMAXを運営しており、知名度も信用度も高いですよ。

NURO光ではSo-netのプロバイダ特典として、以下のサービスが受けられます。

NURO光×So-netのプロバイダ特典
  • 無線LANルーター無料
  • セキュリティソフト無料
  • 訪問サポート無料

ただし、独立回線のNURO光は対応エリアが限定されているため、注意しましょう。

こうた
こうた

NURO光は以下のエリアでのみ、利用できるよ!

北海道
北海道
関東
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
関西
大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県
東海
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
九州
福岡県、佐賀県

提供エリア内の地域でも細かく住所検索しないと契約可能かわからないので、まずは以下のボタンからチェックしてくださいね。

NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」がオススメ

NURO光がエリア外のソフトバンクユーザーには、ソフトバンクスマホとのセット割が適用できるソフトバンク光がオススメです。

また、NURO光では対象外の格安スマホ・ワイモバイルもソフトバンク光ならセット割「おうち割光セット(A)」が適用され、最大550円の割引ですよ。

ソフトバンク光は全国が提供エリアの光コラボなので、NURO光が契約できなくても安心してくださいね。

【ソフトバンク光の概要】
対応エリア
日本全国
スマホセット割額
おうち割光セットで最大1,100円
最大速度
1Gbps
初期費用 事務手数料
3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
26,400円
月額料金
戸建て
マンション
5,720円
4,180円
2年間実質料金
戸建て
マンション
117,780円
80,820円
※価格はすべて税込

ソフトバンク光は光コラボの中でも高額のキャッシュバックが受けられます。

代理店NEXTから申込めば36,000円が最短2か月後に振り込まれます。

代理店NEXTで実施中のキャッシュバックキャンペーンは有料オプションの加入なしで受け取れるのも、うれしいポイントですよ。

こうた
こうた

他社回線からの乗り換えなら、さらに最大100,000円まで解約費用をキャッシュバックしてくれるから、安心だね。

ソフトバンク光のキャンペーンについては、こちらの記事もチェックしてくださいね。

ソフトバンク光はプロバイダYahoo!BBとの一体型光回線

ソフトバンク光はプロバイダはYahoo!BBとの一体型光回線です。

Yahoo!BBはソフトバンクが運営する自社プロバイダなので、問い合わせの際もワンストップなのが便利ですね。

Yahoo!BBはソフトバンク光の契約者に向けて、多彩なオプションサービスを提供しています。

ソフトバンク光の契約特典として、Yahoo!BBのオプションが1か月無料なのでぜひ利用してみてくださいね。

オプション名
月額料金
キャンペーン
光BBユニットレンタル
513円
初月0円
Wi-Fiマルチパック
1,089円
BBフォンオプションパック
605円
BBサポートワイドプラス
とく放題(B)
BBライフホームドクター
BBセキュリティ powered by Symantec Plus
627円 /1ライセンス
BBソフト
330円 /1ライセンス
BBマルシェ by 大地を守る会
503円
BBお掃除&レスキュー
503円
バリューパック
3,278円

auユーザーなら「auひかり」がベスト

代理店NEXT - auひかり

auユーザーなら、auスマホとのセット割が適用できる「auひかり」がオススメです。

「auスマートバリュー」が適用されると、1台あたり最大1,100円の割引きが家族間で最大10台まで受けられます。

【auひかりの概要】

対応エリア
東海、関西エリアをのぞく日本全国
スマホセット割額
auスマートバリューで最大1,100円割引
最大速度
1Gbps
初期費用 事務手数料
3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
戸建て
マンション
41,250円
33,000円
月額料金
ホーム1ギガ
マンション ギガ
5,610円
4,180円
2年間実質料金
ホーム1ギガ
マンション ギガ
78,990円
52,640円
※価格はすべて税込、実質料金は戸建て:ずっとギガ得プラン、マンション:v16プランの場合

auひかりは利用者が多いフレッツ光回線を使っている光コラボレーション回線とは違い、独自回線なので高速で快適に利用できます。

回線速度を求めるなら、auひかりがオススメですよ。

auひかりを申し込むなら、代理店NEXTから申し込んで最短翌月末に最大60,000円のキャッシュバックを受取りましょう。

auひかりのオススメプロバイダは「So-net(NEXT)」

auひかりは契約時に8社のプロバイダから選べます。

auひかりのプロバイダ8社
  • So-net
  • GMOとくとくBB
  • au one net
  • BIGLOBE
  • Asahiネット
  • @TCOM
  • @nifty
  • DTI

auひかりではプロバイダによって月額料金が変わらず、すべてのプロバイダでIPv6 IPoE + IPv4接続方式が使えるうえに独立回線なので、実測速度にも大きな差はありません。

とくこ
とくこ

スペック的にはどのプロバイダもあまり変わらないから、お得な窓口や独自キャンペーンで選ぶのがオススメよ!

auひかりでは代理店やプロバイダ窓口ごとに限定キャンペーンを実施しているので、一覧表で比較してみましょう。

【auひかりのプロバイダ・代理店12社を比較】

プロバイダ・代理店名 実質料金 キャンペーン内容
※CBはキャッシュバック
受け取りやすさ 受け取り時期
戸建て
(3年間)
マンション
(2年間)
NEXT
4,061円
2,106円
最大65,000円CB
4ヶ月後
GMOとくとくBB
3,578円
1,806円
戸建て:最大61,000円CB
マンション:最大51,000円CB
12ヶ月後 ・24ヶ月後
フルコミット
4,196円
2,106円
最大60,000円CB
1ヶ月後・ 6ヶ月後
So-net
4,226円
3,279円
月額料金大幅割引
NNコミュニケーションズ
4,838円
3,100円
最大52,000円CB
1ヶ月後 ・ 4ヶ月後
BIGLOBE
4,831円
2,162円
最大50,000円CB
12ヶ月後 ・24ヶ月後
アシタクリエイト
4,601円
2,608円
45,000円CB
1ヶ月後
DTI
4,815円
2,929円
38,000円CB
13ヶ月後
@nifty
5,537円
3,352円
最大30,000円CB
12ヶ月後 ・24ヶ月後
au one net
5,671円
3,685円
10,000円CB (au WALLET)
4ヶ月後
ASAHIネット
6,435円
4,727円
月額料金割引
@TCOM
6,359円
4,727円
月額料金割引
※価格はすべて税込、実質料金は戸建て:ずっとギガ得プラン、マンション:v16プランの場合

auひかりの窓口では、GMOとくとくBBのプロバイダ窓口がもっとも実質料金を抑えて契約できます。

しかし、GMOとくとくBBのキャッシュバックは受け取れるのが開通から1年後と2年後の2回で、それぞれ1か月前に申請手続きをしなくてはいけません。

2番目に実質料金が安い代理店NEXTは、自社分のキャッシュバックとプロバイダSo-netからの特典をあわせて最大65,000円がもらえます。

auひかり代理店「NEXT」のキャッシュバック
戸建て マンション
代理店NEXTから ネット+光電話:40,000円
ネットのみ:30,000円
プロバイダSo-netから 25,000円 20,000円

代理店NEXTからのキャッシュバックはNEXT指定のメールアドレスへ必要事項を送信、So-net分のキャッシュバックはSo-netから届くメールに沿ってキャッシュバック申請が必要ですので、忘れないようにしましょう。

こうた
こうた

詳しい申請方法については、代理店NEXTの公式サイトをチェックしてみてね!

auひかりのキャンペーン窓口比較はこちらの記事でも、くわしく紹介しています。

ただし、対応エリアが限定されているため注意してください。

auひかりの提供エリア
戸建て マンション
関西・東海以外
auひかりの設備導入済み のアパート・マンション
こうた
こうた

戸建てタイプは関西と東海地区でauひかりが契約できないよ!

とくこ
とくこ

沖縄県ではauひかりが提供エリア外だけど、auひかりちゅらが契約できるわ。

auひかりがエリア外なら「So-net光プラス」がオススメ

auひかりがエリア外だった場合は、auスマホとのセット割が適用できる光コラボの「So-net光プラス」がオススメです。

【So-net光プラスの概要】

対応エリア
東海、関西エリアをのぞく日本全国
スマホセット割額
auスマートバリューで最大1,000円割引
最大速度
1Gbps
初期費用 事務手数料
3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
26,400円
月額料金
戸建て
マンション
1~24ヶ月目:3,848円
25ヶ月目~:6,138円
1~24ヶ月目:2,728円
25ヶ月目~:4,928円
2年間実質料金
戸建て
マンション
168,828円
127,908円
2年間実質月額料金
戸建て
マンション
92,940円
78,694円
※価格はすべて税込

「So-net光公式窓口」から申込めば、契約から2年間月額料金の大幅割引を受けられますよ。

こうた
こうた

So-net光公式窓口ではキャッシュバックがない代わりに、戸建ては3,848円、マンションは2,728円という安さで利用できるよ。

月額料金の大幅割引キャンペーンは申請手続きも不要で、申し込むだけで自動的に適用されます。

キャッシュバックの申請を忘れてしまいそうという方は、確実に割引を受けられるという点でも、So-net光プラスがオススメですよ。

So-net光プラスの窓口比較はこちらの記事も参考にしてくださいね。

So-net光プラスはプロバイダSo-netとの一体型光回線

So-net光プラスはプロバイダSo-netとの一体型光回線です。

So-net光プラスでは自社プロバイダの特典として、以下のサービスが受けられます。

So-net光プラスのプロバイダ特典
  • 無線LANルーター無料
  • 総合セキュリティソフトS-SAFE無料
  • So-net安心サポート最大12ヶ月無料
  • So-netくらしのお守り最大12ヶ月無料
  • えらべる倶楽部 for So-net最大12ヶ月無料
  • 詐欺ウォール最大12ヶ月無料

So-net光プラスはプロバイダ特典も充実しているので、ぜひ申込みを検討してみてくださいね。

格安スマホなら実質料金が安い3社を検討しよう

まずは、標準下り最大2Gpsの高速通信で快適に利用できるNURO光を検討しましょう。

NURO光は月額料金が5,217円と安く、しかも、速度が速いため、格安スマホユーザーにもオススメです。

オススメの申込窓口は、以下の特典をもらえるNURO光の「公式特設サイト」です。

  • 45,000円のキャッシュバック
  • オプション加入不要
  • 開通後最短6ヶ月でキャッシュバック振込

ただし、NURO光はエリアが限定されているため注意が必要です。

NURO光がエリア外の格安スマホユーザーには、月額料金が安く、独自回線で通信速度が速い「auひかり」がオススメです。

オススメの申込窓口は、以下の特典がもらえる「NEXT」です。

  • 最大65,000円のキャッシュバック
  • オプション加入は光電話のみ
    (ネットのみの契約でも最大55,000円)
  • 開通後4ヶ月後に振込

auひかりもエリア外の格安スマホユーザーには、月額料金が光コラボでもっとも安い「So-net光プラス」がオススメです。

オススメの申込窓口は以下のメリットがある「So-net公式窓口」です。

  • 最初の2年間に月額料金の割引を受けられる
  • 公式からの申し込みなので安心

光回線(プロバイダ)を契約する際の4つの注意点

光回線を契約する際には3つの注意点を、チェックしておきましょう。

こうた
こうた

契約後に後悔しないように必ず確認しよう!

マンションの開通工事には大家さんの許可が必要

新しく光回線を引くには工事が必要です。

ただ、マンションやアパートで工事をするためには、大家さんや管理会社の許可が必要です。

勝手に工事をすると後で原状回復工事の費用を請求される可能性もありますので、ご注意ください。

もし、すでに引いてある既存の回線が利用できるのであれば、工事は不要です。

ただ、その場合も既存回線を利用できるのかどうかを、必ず大家さんや管理会社に確認しましょう。

気づいていないだけで回線がすでに引いてある場合もあります。

そのため、光回線を引く際には、必ず事前に大家さんや管理会社に確認しておくことをオススメします。

そうすれば、回線工事不要で既存回線を使える場合もありますし、回線工事をする場合もトラブルをなくせます。

マンションでインターネットを契約する方法や注意点は、こちらの記事でさらにくわしくまとめていますよ。

乗り換えの場合は解約費用に注意する

光回線を乗り換える場合は、今の回線を解約するための解約費用に注意しましょう。

解約費用として支払いが求められる可能性があるのは、以下のとおりです。

  • 回線事業者の解約違約金
  • プロバイダの解約違約金
  • 工事費残債

光回線によっては、他社違約金を負担してくれるところもあります。

解約費用が高額になる場合は、他社違約金を負担してくれるところに乗り換えるのもよいでしょう。

ひかり電話の番号を引き継げないことがある

ひかり電話を使っている場合、他社の光回線乗り換え時に同じ番号を引き継げない場合があります。

光回線を乗り換える際には、ひかり電話の番号を引き継げるかを必ず確認しましょう。

フレッツ光や光コラボ同士であれば、乗り換えても光電話の番号はそのまま引き継げますよ。

また、光電話の番号が引き継げない事業者へ乗り換えるときでも、NTTの加入電話権を持った電話番号で光電話を契約しているなら、アナログ戻しという手続きをNTTで行うことで引き続き、同じ番号が使えますよ。

プロバイダメールアドレスなども解約すると消滅する

プロバイダオプションであるメールサービスは、解約と同時にアドレスやメールボックスが消滅してしまいます。

仕事やプライベートで広くプロバイダメールのアドレスを使っている場合は、急に使えなくなると言われても困りますよね。

光回線の解約やプロバイダの乗り換えでメールアドレスがなくなるのは困るという人は、解約前にメールサービスだけ利用できる安価なプランに変更しておきましょう。

プロバイダ各社の多くは月額数百円でメールだけ引き続き利用できるプランを、提供していますよ。

そのほか、プロバイダ独自のオプションなども解約と同時に使えなくなるので、よく確認しておきましょう。

光回線(プロバイダ)の契約が難しければ「ホームルーター」を選ぶ

先ほどご紹介したとおり、光回線(プロバイダ)を契約する場合は大きく分けて4つの注意点があります。

新しく光回線を導入したいと思ったり、引越し先で使える光回線に乗り換えたいと思ったりしても、そのとおりに進まないこともあるのです。

特に開通工事は大家さんにとってデリケートな問題ですので、断られたあとにしつこく公証を続けると、大きなトラブルに発展する可能性も否定できません。

残念ながら光回線の契約ができなかったとしても、以下のメリットを持つホームルーターなら、じゅうぶんに光回線の代役を果たしてくれますよ

ホームルーターのメリット
  • 工事を一切せずにインターネットに接続できる
  • 光回線に匹敵する下り最大速度が出る
  • データ容量無制限の会社を選ぶこともできる
  • スマホのセット割も適用できる

ただし、注意点として以下のデメリットがあることは把握しておきましょう。

ホームルーターのデメリット
  • 光回線のような実測値に期待することは難しい
  • ポケットWiFiのように屋外に持ち運ぶことはできない
  • WiMAXのホームルーターには実質的なデータ容量制限がある

光回線と同等に近い条件を持つホームルーターとして、データ容量制限がなく、下り最大962Mbpsの高速通信ができる「モバレコエアー」がおすすめです。

モバレコエアーの概要を表にまとめました。

【モバレコエアーの概要表】

対応エリア 日本全国
スマホセット割引 おうち割 光セットで最大1,100円割引
最大速度 962Mbps
初期費用 事務手数料 3,300円
端末代 59,400円
※キャンペーンで無料
月額料金 1~2ヶ月目:2,167円
3~23ヶ月目:3,678円
24ヶ月目以降:5,368円
2年実質料金 76,918円
2年実質月額料金 3,077円
すべて税込

モバレコエアーはソフトバンクのセット割を適用できますから、光回線の「NURO光」や「ソフトバンク光」と同額のスマホ料金割引を受けられます。

最大速度の962Mbpsは、光回線の標準プラン1Gbpsとほとんど変わらず、光回線に匹敵するポテンシャルを持つことも評価できるポイントです。

また、以下の3つのキャンペーンを適用することで、2年実質月額は3,077円にまで下げることもできますよ。

  • 端末代無料
  • 17,000円キャッシュバック
  • 総額43,582円の月額割引

また、「ソフトバンクあんしん乗り換えキャンペーン」によって、他社解約金が最大10万円まで還元されます。

自己負担0円で乗り換えられるインターネット回線ですから、プロバイダの変更をご検討中の場合は、乗り換えを検討する価値がありますよ。

光回線のプロバイダのみを変更する方法(ドコモ光・auひかり)

今使っている光回線は気に入っているけれど、プロバイダを変えたいという方もいるでしょう。

ここでは、複数社からプロバイダを選べるとご紹介した「ドコモ光」「auひかり」で、プロバイダのみを変更する方法をご紹介します。

プロバイダ変更時に知っておいた方がよい注意点や連絡先などをまとめますので、参考にしてください。

ドコモ光のプロバイダ乗り換え方法

ドコモ光でプロバイダを乗り換える手順は、以下のとおりです。

ドコモ光のプロバイダ乗り換え方法
  1. プロバイダ変更の申し込みをする
  2. 契約書類が届く
  3. 自動でプロバイダが切り替わる
  4. 新たなプロバイダの接続設定をして利用開始
こうた
こうた

ドコモ光は全24社のプロバイダを簡単に変更できるよ。

ドコモ光では24社のプロバイダを選べますが、どのプロバイダを選ぶかで契約プランがタイプA、タイプBにわかれます。

タイプAとタイプBで月額料金も変わるので、変更後のプロバイダによっては金額が高くなる場合があります。

また、プロバイダ変更には原則として手数料3,300円が必要です。

とくこ
とくこ

プロバイダ変更にかかる費用をまとめたので、参考にしてね!

【プロバイダ変更手続き パターンごとの事務手数料】

プロバイダ変更パターン 事務手数料 月額料金の変更
同一タイプ内(タイプA/B)でのプロバイダ変更
3,300円
なし
タイプAからタイプBへ、または
タイプBからタイプAへの変更
3,300円
あり
単独プランからタイプA/タイプBに変更
無料
あり
タイプA/タイプBから単独プランに変更
3,300円
あり

※価格はすべて税込

①プロバイダ変更の申し込みをする

プロバイダ変更の申し込みは、ドコモインフォメーションセンターへの電話か全国のドコモショップで受け付けています。

連絡先は、以下のとおりです。

プロバイダ変更の受付窓口

  • ドコモインフォメーションセンター
    電話番号:151(ドコモ携帯電話から)
         0120-800-000(一般電話などから)
    受付時間:午前9時〜午後8時
  • お近くのドコモショップを検索

②契約書類が届く

プロバイダ変更の申し込みが完了すると、後日新しいプロバイダから契約書類が届きます。

契約書類にはプロバイダ変更後に接続設定するために必要なIDやパスワードが記載されているので、大切に保管しましょう。

③自動でプロバイダが切り替わる

契約書類が届いた時点で、自動でプロバイダが切り替わっています。

目安としては、申し込みから約10日後に自動でプロバイダ切り替えが行われますよ。

プロバイダ変更を申し込んでから10日後以降なら、切り替えの希望日も指定できるので窓口で相談してみましょう。

プロバイダが切り替わったら、乗り換え前のプロバイダはドコモ光側で解約手続きをしてくれます。

ただし、有料のプロバイダオプションなどをあわせて契約している場合は、自動で解約できないこともあるので、自分でプロバイダ会社へ問い合わせましょう。

新たなプロバイダの接続設定をして利用開始

新たなプロバイダに切り替わったら、パソコンやスマホから接続設定をしないとインターネットが使えません。

契約書類に記載のプロバイダIDやパスワードをパソコンやスマホから入力して、設定を済ませましょう。

くわしい設定方法も、プロバイダから届いた契約書類に記載されています。

また、乗り換え前のプロバイダから無線LANルーターなどをレンタルしていた場合は、速やかに返却しましょう。

こうた
こうた

解約するプロバイダのレンタル機器をいつまでも返却し忘れていると違約金が発生することもあるから、気をつけて!

auひかりのプロバイダ乗り換え方法

auひかりでは、基本的に契約中のプロバイダ変更ができません。

どうしてもプロバイダを変更したい場合は、auひかり自体を解約して、再度別のプロバイダでauひかりを申し込む必要がありますよ。

しかし、解約金や再契約時の新規契約費用などがかかるため、オススメはできません。

それでも、どうしてもプロバイダを変更したいという場合は、解約申し込みをしましょう。

解約は利用しているauひかりのプロバイダに、電話で連絡をします。

プロバイダの連絡先は、auひかり公式サイトの提携プロバイダの連絡先一覧をご覧ください。

よくある質問

ここでは光回線やプロバイダを選ぶ上で大切なことを、よくある質問を取り上げて説明します。

そもそもプロバイダって何?

プロバイダとは、回線をインターネットと繋げる役割をする接続事業者のことです。

インターネットを利用するには、回線事業者とプロバイダの両方が必要です。

※詳しくは、記事内の「そもそもプロバイダとはなにか」で解説しています。

回線事業者とプロバイダはそれぞれ契約しなくてはいけない?

フレッツ光についてはプロバイダを別に契約する必要がありますが、ほとんどの光回線については、サービスにプロバイダがセットになっています。

プロバイダの選び方は?

プロバイダは光回線とセットになっていますので、自分に合う光回線を選ぶとプロバイダもおのずと決定します。

光回線は、料金・速度・キャンペーン・スマホとのセット割を考慮して選びましょう。

※詳しくは、記事内の「光回線(プロバイダ)を比較する際に注目すべき5つのポイント」で解説しています。

光回線を契約する際は、どこで申し込むのがお得?

光回線は公式HPやショップ・家電量販店で申し込むのもいいですが、代理店サイト経由で申し込むと独自キャッシュバックがもらえてお得に契約できます。

※詳しくは、記事内の「オススメ光回線(プロバイダ)5社を紹介」で解説しています。

まとめ

現在、光回線はプロバイダと一体型が主流です。

インターネットを快適に安く使うためには、回線事業者だけでなくプロバイダにも注目しましょう。

プロバイダ一体型の光回線を選ぶ際には、以下の5つのポイントを重視しましょう。

結論として、オススメできる回線は以下の5社です。

それぞれ契約できるプロバイダは決まっていますが、お得なキャンペーンが受けられて速度も安定させてくれる会社をピックアップしたので、ぜひ参考にしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました