今回はChromebookでできることを見ていこう。購入してほとんど設定を行っていない状態でどこまでできるかを知ることで、Chromebookでできることが見えてくるはずだ。

ビジネスに使いたい場合、それほどカスタマイズやアプリのインストールにはこだわらないケースも多い。最初から搭載されているソフトウェアだけで用が足りれば、それでいいわけだ。

Googleアカウントを使う

Chromebook (ChromeOS)を開発しているのはGoogleだ。基本的に、Googleアカウントを使ってログインして使う仕組みになっている。Chromebookを購入してきて電源を入れると、最初の段階でGoogleアカウントの入力を求められる。Gmailを使っているビジネスマンは多いので、なじみやすいだろう。Chromebookは、Gmailのアカウントを入力しログインして使用するパソコンだ。

  • Acer CP311-3H-H14N (Spin 311)

    Acer CP311-3H-H14N (Spin 311)

Googleアカウントでログインすることで、ChromebookはGoogleアカウントのデータとひもづいて動作する。WindowsやMacでGoogleやGmailを使っている場合と同様のエクスペリエンスが展開される仕組みになっている。

アプリケーションの起動

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら