Microsoftの提供するメールアドレスをビジネスで使っているケースは多い。企業全体でMicrosoftのソリューションを導入しているならなおのことだ。しかし、Chromebook (ChromeOS)はGoogleが開発しているため、デフォルトのメールはGmailだ。そこで今回は、ChromebookでGmail以外のメールアドレスとして、Microsoftのメールアドレスを使う方法を紹介しよう。

Microsoftのメールアドレスはさまざま

Microsoftが大規模にメールアドレスの提供を開始したのは、HotmailというWebメールのサービスからと言える。このサービスは後にWindows Live Hotmailとなり、さらにOutlook.comとなり、現在ではOutlookという名称でこれらメールサービスが統合された状態にある。

サービスが変遷を続けているためわかりにくいが、次のようなドメイン名で提供されているメールアドレスは、Microsoftが大規模に提供しているものと考えておけばよいだろう。

  • @hotmail.com
  • @live.com
  • @msn.com
  • @passport.com
  • @outlook.com

.comの部分は各国で発行された国別コードトップレベルドメインなどに置き換わっていることもある。日本では、@outlook.jpなどが使われている。

こうしたメールアドレスはMicrosoft Outlookで扱うことができる。Chromebookでも基本的にはMicrosoft Outlookを使うことになる。

Chromebookで使うMicrosoft Outlook

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら