どこの業界にもありそうな話だが、「競争原理を導入すれば、価格低下や品質向上に効果がある」という考え方がある。航空機の分野でも、同じパーツやコンポーネントを複数のサプライヤーが手掛けているケースはいろいろある。

複数のサプライヤーが関わっている事例:F-35のタイヤ

いきなりこんな話ですかといわれそうだが、例えば「F-35のタイヤ」。2016年9月にフォートワースで見た航空自衛隊向けのF-35A初号機はミシュラン製のタイヤを履いていたが、2017年1月に岩国基地に飛来した米海兵隊のF-35Bはダンロップ製のタイヤを履いていた。

また、米国防総省の契約情報を見ていると、航空機用のタイヤをミシュランとグッドイヤーに対して同時に発注する事例を見かける。同じモデルなのか、異なるモデルなのかは不明だが、これらの事例から、米軍機のタイヤにミシュランとグッドイヤーとダンロップが関わっていることは分かる。

  • これはF-35Cの開発試験用機。写真を拡大してみたら、グッドイヤーのタイヤを履いていた。つまり、F-35のタイヤは3社が入っていることになる 撮影:井上孝司

複数のサプライヤーが関わっている事例:エンジン

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する