前回の連載でも紹介したように、数式や関数を使って日時(日付・時刻)の計算を行うことも可能である。ただし、日時を正しく計算するには、「Excelが日付や時刻をどのように扱っているか?」を理解しておく必要がある。ということで、今回は日時を数値で示した「シリアル値」について詳しく説明していこう。

「日付」の表示形式とシリアル値

Excelは、日付や時刻を「シリアル値」という数値に変換して記録・管理する仕組みになっている。このため、日付や時刻を正しく計算するには「シリアル値」について学んでおく必要がある。

  • シリアル値の仕組みを理解し、数式や関数で「日時」を扱う

まずは、Excelにおける「日付の入力」と「表示形式」について解説していこう。日付を入力するときは「月/日」という形でデータを入力するのが一般的だ。たとえば、「1/31」とデータを入力した場合を考えてみよう。

  • 「1/31」の日付を入力

「Enter」キーを押して入力を確定すると、セルの表示は「1月31日」に変更される。これはExcelが気を利かして、表示形式を自動変更してくれているためだ。日付データを入力すると、そのセルの表示形式は「ユーザー定義」になり、「m月d日」という形で日付が表示される。

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら