Bloombergの1月24日の報道によると、Google(米Alphabet傘下)が今週中にも米司法省(DOJ)により提訴される可能性があるという。内容は、デジタル広告市場における独占的地位の濫用。「Googleが巨大なデジタル広告の購入、販売、提供をコントロールしている」というものだ。

Bloombergが近い筋の情報として1月24日に報じた。それによると、DOJは今週末前に、訴状を提出する可能性があるとのこと。早ければ米国時間1月24日にも訴状提出になると報じている。

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら