日建設計とホロラボは11月10日、仮想空間と現実空間が融合するワークプレイス「Cyber-Physical Workplace」の実現に向けて、MR(Mixed Reality:複合現実感)アプリケーションのプロトタイプを開発したと発表した。

今回、日建設計の東京本社で同アプリを体験する機会を得たので、それをもとに「Cyber-Physical Workplace」の正体を明らかにしてみたい。

  • MRアプリを体験している筆者の様子

テレワーカーの孤独感をテクノロジーで解決する新たなワークプレイスとは?

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら