日常的に利用するであろうAmazonや楽天をはじめたEC。消費者の生活の利便性が向上したものの、日本の小売業界が抱える課題は少なくない。そんな中、課題解決に向けてコニカミノルタではAIデータ予測プラットフォーム「AIsee(アイシー)」を提供している。このたび担当者に取材の機会を得たので、レポートする。

カジュアルに利用してもらうサービス「AIsee」

昨今、小売業界では特徴的な品揃えの強化やリアル店舗ならではの購買体験、デジタルも含めたアクセス性の向上、会員プログラムの見直しをはじめ、クリエイティブ業務の比重が大きくなっており、コロナ禍に加えてECビジネスの台頭による課題を抱えている。

一方で、現場のベテラン社員は定常業務に追われ、時間が割けていない状態になっているという。こうした状況の中、同社では先行してデータ統合プラットフォームの「カスタマージャーニーDMP」の提供を開始し、その後発サービスとして昨年8月にAIseeの提供を開始した。

コニカミノルタ ジャパン マーケティングサービス事業部 プラットフォームビジネス推進統括部 営業推進部 部長の荒井勇輝氏は「カスタマージャーニーDMPは、オンライン上のユーザー行動接点やポイントカードをはじめとしたオフラインの行動接点を1つのログとして扱うことができ、どちらかというとSI色が強いです。一方、AIseeはカジュアルに利用してもらうサービスです。特に小売業はコロナ禍の影響を大きく受けて、業態の変化が求められており、一部ベテラン社員の方にしかできなかった“先読み”の業務を標準化することが解決策になると考えました」と、製品の位置づけについて説明する。

この記事は
Members+会員の方のみ御覧いただけます

ログイン/会員登録(無料)

会員サービスの詳細はこちら