富士通は8月9日、同社の新川崎テクノロジスクエアにある「FUJITSU コラボレーションラボ」をメディアに公開した。本稿では、これまで同社がパートナー企業と取り組んできた技術実証のデモンストレーションをレポートする。

パートナー企業との共創の場「FUJITSU コラボレーションラボ」

既報の通り、FUJITSU 5Gコラボレーションラボでは最先端技術に加え、パートナー企業との共創の場として位置づけ、日々技術実証を重ねている。

富士通 グローバルソリューション ネットワーク&セキュリティサービス事業本部 5G Vertical Service事業部シニアディレクターの上野友行氏は「5Gを活用したDX(デジタルトランスフォーメーション)の実現に向けてはテクノロジーサービス、業種ナレッジを統合したVertical Serviceが必要だ」と話す。

  • 富士通 グローバルソリューション ネットワーク&セキュリティサービス事業本部 5G Vertical Service事業部シニアディレクターの上野知行氏

    富士通 グローバルソリューション ネットワーク&セキュリティサービス事業本部 5G Vertical Service事業部シニアディレクターの上野知行氏

同氏が言及したVertical Serviceとは、製造や流通、小売、ヘルスケアなど業種ごとに特化した機能を持つサービス。

同社では、2020年10月から接続検証プログラムとソリューション共創プログラムで構成した「ローカル5G パートナーシッププログラム」を開始しており、8月9日時点でパートナー企業30社と共創を進めている。

パートナーとの共創を念頭に置いた施設でさまざまな実証

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する