富士通は8月9日、ローカル5G(第5世代移動通信システム)ビジネスに関する取り組みについて記者説明会を開催した。本稿では、特にサステナブルな社会の実現に資する同社の実例を紹介したい。

富士通のこれからの10年、テーマは「サステナビリティ・トランスフォーメーション」

富士通は現在のところ、経営の優先課題を「サステナビリティ」としており、今後の10年間に向き合うべき最重要テーマを「デジタルイノベーションによるSX(サステナビリティ・トランスフォーメーション)の推進」に据えている。社会と企業の双方が持続するためには、デジタルテクノロジーのイノベーションが必要としている。

  • 富士通は今後10年間でSXに取り組むという

    富士通は今後10年間でSXに取り組む

説明会に登壇した、富士通のネットワーク&セキュリティサービス事業本部で5G Vertical Service事業部長を務める森大樹氏は、SXの遂行に不可欠な要素として「データ」と「デジタルテクノロジー」の2つの軸を紹介した。これに基づいて、自社のSXに積極的に取り組むだけでなく、顧客企業のSXも支援していくとの意気込みを見せていた。

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する