「スタートアップワールドカップ2022」日本予選開催

ペガサス・テック・ベンチャーズはこのほど、グランドハイアット東京においてスタートアップピッチコンテスト「スタートアップワールドカップ2022」の日本予選を開催した。

スタートアップワールドカップは同社が主催するグローバルビジネスコンテスト・カンファレンスであり、2017年の開催を皮切りに今回で4回目を迎える。世界の70以上の国と地域で予選が行われ、各地域予選で優勝した企業は9月30日にサンフランシスコで開催される世界決勝戦へと駒を進める。世界大会では優勝投資賞金約100万米ドルを賭けて戦うこととなる。

  • スタートアップワールドカップ2022日本予選会場の様子

    スタートアップワールドカップ2022日本予選会場の様子

今回開催された日本予選には以下の10社が出場した。なお、日本予選ではジャパネットグループとセガサミーグループからそれぞれ5000万円ずつの投資賞金が提供される。

ZENKIGEN AIを活用して企業のオンライン採用を支援
Terra Motors EV向けの充電サービスを展開
ラトナ 各種移行作業の実施など
ビードットメディカル  粒子線がん治療に関わるコンサルティングを行う
ispace 月面資源開発の事業化に取組む
WizWe 行動習慣化をサポートするためのプラットフォームを提供
ジョリーグッド VR・AI技術を活用した医療教育サービスを提供
SkyDrive 空飛ぶ自動車や重量物運搬ドローンを開発
UPBOND ブロックチェーン技術を活用したマーケティング支援ツールを提供 
HOMMA Group 家電と住宅設備をつなぐスマートホーム技術を提供

同イベントの開催にあたり、ペガサス・テック・ベンチャーズ創業者兼CEOで、スタートアップワールドカップの会長を務めるAnis Uzzaman(アニス ウッザマン)氏は、「アフリカや南アメリカ、東南アジアといった発展途上国の企業家と先進国の投資家をつなぐための仕組みを作りたいと思って開始したのがこのイベントだ。今回の日本予選には200社以上のスタートアップから申し込みがあり、最終的に10社を絞り込んだ。ここに残った各社とも世界一になれるポテンシャルを持っているはず」とコメントを送っていた。

この記事は
Members+会員限定記事です。

ログイン/会員登録する