連載

2015/02/24 10:00:00

コンピュータビジョンのセカイ - 今そこにあるミライ

- PR -

ここまでは、建築物を3Dスキャンする話をしてきましたが、山や川など、地形の形状を3Dスキャンする目的にも役に立ちます。そして、そのデータは土木や地図測量などに応用できます。

連載一覧

第85回 点群応用(建築編) - LIDARを用いた高精度/広域3Dスキャン
第84回 点群応用(建築編) - 3Dスキャンが活きる建築物の規模
第83回 点群応用(建築編) - 高精度かつ広域な建築物の3Dスキャン
第82回 まだまだ使える人が少ない3D点群処理
第81回 3Dデータで処理を行う利点とは?
第80回 点群データを取得・解析する技術「3D点群」はデプスセンサと何が違うのか?
第79回 動きに反応して映像が変わるインタラクティブなプロジェクションマッピング
第78回 プロジェクションマッピングの原理
第77回 「プロジェクションマッピング」とはどういったものか?
第76回 顔や視線でコントロール
第75回 手や指の動きだけでコントロール
第74回 3Dジェスチャー認識のおおまかな原理
第73回 全身の人物姿勢情報を活用したアプリ例 - 腕の動きからのジェスチャー認識
第72回 Kinectはどのように人物姿勢推定の性能を向上させたのか?
第71回 Kinectの人物姿勢推定手法は学習時にどのような処理を行っているのか?
第70回 どうやってKinectは人体パーツを識別しているのか?
第69回 「人体パーツ識別技術」により実現されているKinect向け人物姿勢推定技術
第68回 まだ完全には解けていない人物姿勢推定の問題
第67回 3D人物姿勢推定の仕組みとナチュラルユーザーインタフェース
第66回 3Dデプスセンサーーを用いた注目の新ベンチャー企業(後編)
第65回 3Dデプスセンサーを用いた注目の新ベンチャー企業(前編)
第64回 アクティブステレオ方式とは違う3D形状の動画計測方式 - ToF形式
第63回 Kinectで3D撮影を行うための条件
第62回 モーションセンサとして見た場合のKinect