連載

2020/01/23 09:01:26

Wordを思い通りに操作するための基本テクニック

- PR -

Wordは、ビジネスシーンだけでなく、学生がレポートや論文を作成する際にもよく利用されているアプリケーションのひとつである。にもかかわらず、「Wordは使いづらくて、あまり好きになれない・・・」と感じている人が多いようだ。そこで、本連載ではWordと上手に付き合うための考え方やテクニックを紹介してく。なお、本連載は2011年から2012年にかけて掲載した「Wordはなぜ思い通りにならないのか?」をリニューアルしたものです。

連載一覧

第27回 目次の自動作成
第26回 ナビゲーションウィンドウの活用
第25回 アウトラインレベルの指定
第24回 スタイルにショートカットキーを割り当てる
第23回 スタイルの一覧をカスタマイズする
第22回 「スタイル」ウィンドウの活用
第21回 文字スタイルの使い方
第20回 スタイル集のファイルを作成する
第19回 スタイルを作成して活用する
第18回 文書全体のデザインについて考える
第17回 見出しのデザインの作成例
第16回 段落の網掛けとページ罫線
第15回 段落罫線の描画と詳細な書式設定
第14回 ルーラーを使ったインデントとタブの調整
第13回 タブを使いこなすために必要な知識
第12回 「箇条書き」の仕組みを理解する
第11回 「ぶら下げ」の理解を深める
第10回 「インデント」と「字下げ」の理解を深める
第9回 文字間隔と均等割り付け
第8回 「標準の文字サイズ」と「行送り」の設定
第7回 「1行」と「1字」の単位はどのように決まる?
第6回 行間を正しく指定するために覚えておく知識
第5回 フォントと行間の関係
第4回 画像などを思い通りの配置に整列させる方法