RoboForm - スマホから利用

【連載】

パスワード管理アプリの選び方

【第15回】RoboForm - スマホから利用

[2018/04/27 14:43]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

  • ファイル送信/転送

ファイル送信/転送

スマホで使う

ほかのフルスタック型パスワード管理アプリがそうであったように、RoboFormにもスマホアプリが用意されている。提供されている機能はほかのアプリとほとんど同じだ。多機能なアプリとシンプルなアプリの中間くらいの機能といったところだろう。

RoboFormアプリとほかのパスワード管理アプリとの最大の違いは、企業での利用を想定した機能が用意されていることだろう。

次のスクリーンショットはRoboFormアプリの最初のセットアップ画面だが、右上の「・・・」アイコンをクリックして表示されるメニューから、エンタープライズ向けのログインスクリーンに切り替えられる。企業向けの機能を提供しているRoboFormならではのものだ。

RoboFormセットアップスクリーン - 右上のアイコンをクリックするとエンタープライズ向けのログインに切り替えることができる

以下、作成済みのアカウントを使ってセットアップを行う。アカウントを作っていない場合にはこの段階でアカウントを新規作成する。

RoboFormアプリでもデバイスが対応していれば指紋認証機能を利用できる。これは実に便利で強力な機能だ。マスターパスワードすら入力する必要がなくなるのは大きなメリットだ。

しかし、逆に言うとマスターパスワードを忘れる危険性が出てくるという点に注意が必要。この機能を使うかどうかはよく考えた方がよいだろう。

マスターパスワード以外にもPINコードや指紋認証を利用可能

指紋認証機能を有効化

RoboFormは、スマートフォンのデフォルトブラウザなどにエクステンションを追加して利用することもできる。しかし、デフォルトのブラウザにエクステンションを入れて利用する機能は、デスクトップとは異なり正直便利とは言い難い。RoboFormアプリの中で処理を完結させた方が便利だ。

ブラウザエクステンションとしても利用できる

これでセットアップは完了。

次のようなアプリが起動してくる。これまで取り上げてきたパスワード管理アプリと異なり、パスワード管理アプリと内蔵ブラウザとしての機能が最初から融合したUI/UXになっている。これは特徴的で、利用シーンを考えると合理的であるように思う。個人的にはこのUI/UXが気に入っている。

パスワード管理アプリとしてのUI/UXと内蔵ブラウザとしてのUI/UXが融合したRoboFormアプリ

アプリの左上にある家のアイコンをクリックすると、次のようにアプリとしてのホームスクリーンが表示される。

RoboFormアプリのホームスクリーン

ログイン、アイデンティティ、メモという3つのメニューをおさえておけばよいだろう。

ログインがもっとも基本的な機能。クリックすると登録してあるアカウント一覧が表示される。

ログインにはサイトにログインするためのアカウント一覧が用意されている

登録されているアカウントをクリックすると、内蔵ブラウザがそのページを表示し、次のように自動的にログインが行われる。これがRoboFormアプリの基本的な使い方ということになるだろう。

ログインから登録してあるアカウントのサイトにジャンプ

RoboFormアプリが自動的に入力を行い、ログインが実行される

アイデンティティは個人情報を保存しておく機能だ。個人情報、会社情報、パスポート情報、住所、クレジットカード情報、銀行口座情報、自動車情報、任意のアカウント情報などがあらかじめテンプレートとして用意されている。それ以外にもカスタムでテンプレートを作成することもできる。

アイデンティティは個人情報の管理を意味している

用意されているテンプレートならすでに入力項目が準備されている

メモはその通りメモを書いて保存しておく機能だ。

メモはメモの作成と保存

それ以外の機能としては、アプリ左下にあるスロットマシンのようなアイコンがランダムパスワードの生成機能になっている。

ランダムパスワードの生成機能

RoboFormアプリの提供している主な機能は概ねこのようなところだ。細かく動作を設定することもできるが、提供されている機能は多すぎず、少なすぎず、よいバランスにまとまっていると思う。

もっとも優れたバランスのモバイルアプリ

RoboFormアプリはシンプルでわかりやすい。UI/UXが直感的で、ブラウザとしてのUI/UXとパスワード管理アプリとしてのUI/UXがうまく混ざり合っている。

次のスクリーンショットのように複数のページをタブのようにして開いておくこともできる。これまで取り上げてきたどのパスワード管理アプリよりもUI/UXが優れているように思える。

RoboFormアプリはWebブラウザのように利用できる

また、ほかのパスワード管理アプリには存在しなかった機能として、企業での利用を考慮した機能が提供されている点が注目される。有償契約が必要になるが、必要となる企業もあるだろう。企業で利用できる機能が提供されているというのは選択肢が少ないだけに価値がありそうだ。

提供されている基本的な機能はどのパスワード管理アプリも同じだ。機能の多い少ないはあるが、必要になる基本的な部分はどのアプリもおさえている。RoboFormの特徴はシンプルで扱いやすいこと、企業向けの機能が提供されていること、などだ。UI/UXの使い勝手は慣れや好みの面も強い。気になったなら一度試してもらえればと思う。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3661
2
【連載】パスワード管理アプリの選び方 [15] RoboForm - スマホから利用
ほかのフルスタック型パスワード管理アプリがそうであったように、RoboFormにもスマホアプリが用意されている。提供されている機能はほかのアプリとほとんど同じだ。多機能なアプリとシンプルなアプリの中間くらいの機能といったところだろう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/files/pwmng300-250.jpg
ほかのフルスタック型パスワード管理アプリがそうであったように、RoboFormにもスマホアプリが用意されている。提供されている機能はほかのアプリとほとんど同じだ。多機能なアプリとシンプルなアプリの中間くらいの機能といったところだろう。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドアンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る