Sticky Password - スマホから利用

【連載】

パスワード管理アプリの選び方

【第12回】Sticky Password - スマホから利用

[2018/04/06 09:40]後藤大地 ブックマーク ブックマーク

  • ファイル送信/転送

ファイル送信/転送

スマホで使う

フルスタック型のパスワード管理アプリであるSticky Passwordはスマートフォン向けのアプリも提供している。

セットアップ方法や使い方は、ほかのパスワード管理アプリと同様、特別なものはないが、ひととおりご紹介しよう。

Sticky Passwordアプリセットアップスクリーン

まず最初に既存のアカウントでログインするか、このタイミングで新しくアカウントを作成するかを聞かれる。

本連載ではまずデスクトップ版を使ってからスマホ版を使うという流れで使い方を紹介しているので、ここではすでに作成してあるアカウントでログインしよう。

既存のアカウントでログインするか、ここで新しくSticky Passwordのアカウントを作成する

既存のアカウントを入力してログインする

試用期間中はクラウド同期機能を試すことも可能だ。

クラウド同期機能の有効無効を指定

開始前に無償版とプレミアム版の違いが表示される

Sticky PasswordはLastPassと同じようにモバイルOSが提供しているデフォルトのブラウザ(iOSであればSafari)で動作させるための機能も提供されている。

この機能を利用したければこの段階で「今すぐ有効化」をタップして、Safariから設定を行う。

OSデフォルトのブラウザで機能を使う場合には「今すぐ有効化」をタップ

Safariで使う場合には指示にしたがって設定する

ただし、LastPassの場合にも紹介したが、モバイルOSではこうしたエクステンション機能はあまり便利とは言えない。使ってもよいと思うが、Sticky Password内部に組み込みのブラウザが用意されているので、こちらを利用した方が便利だろう。

セットアップが完了すればSticky Passwordを使いはじめることができる。

使用する際には、まず最初にマスターパスワードを入力してアクセスできるようにする。

使用する前にはマスターパスワードを入力する

Sticky Passwordのホームスクリーン

Sticky Passwordでは結構頻繁にマスターパスワードを入力することになる。これが面倒だと感じるなら、次のように設定を変更してTouch IDなどに変更するのはありではないかと思う。

ただし、その場合にもマスターパスワードは決して忘れないように注意する必要がある。

認証方式をマスターパスワードからほかの形式に変更可能

デスクトップ版でアカウント情報を追加してあるなら、起動したSticky Passwordアプリにはすでにアカウントデータが登録されている。

デスクトップアプリで登録したアカウントデータを確認

登録したアカウントの「起動」ボタンを押すと、Sticky Browser内のブラウザを利用するかシステムデフォルトのブラウザを使うか聞かれる。Sticky Browser内のブラウザを使うのがよいだろう。

「起動」ボタンを押すとブラウザを起動できる

Sticky Password組み込みのブラウザを使用するか、システムデフォルトのブラウザを使用するかを選択する

組み込まれているブラウザから開いた場合、開かれたページの上部に「Autofill」というボタンが表示される。このボタンをクリックするとアカウント情報が入力される仕組みになっている。

上部に「Autofill」というボタンがあり、このボタンをクリックすることでアカウントデータを入力することができる

「Autofill」ボタンを押したあとは自動的にアカウントデータが入力される

もちろん、Sticky Passwordアプリからアカウントデータを追加することもできるし、すでに作成したアカウントデータを編集したり削除することもできる。

新規アカウントの追加

これまでに取り上げてきたLastPassやDashlaneと比較すると、Sticky Passwordアプリの提供する機能はシンプルだ。Webページへのログインだけを管理できればよく、あまり深く考えたくないといった場合にはSticky Passwordがよい候補になるだろう。

シンプルに済ませたいならSticky Password

Sticky PasswordはLastPassやDashlaneと同じフルスタックタイプのパスワード管理アプリだが、提供している機能は必要最小限に抑えられていて、UI/UXや使い方がシンプルになっているという特徴がある。Webページへのログインを簡素化したいといった用途にぴったりではないかと思う。

機能の豊富さやクラウドサービスの充実などを考えるとLastPassが魅力的に見える。

しかし、LastPassやDashlaneの提供している機能は多岐にわたっており、これらをすべて使いこなすというのは、長期利用者でも難しいかもしれない。

また、Webサイトのアカウントを超えてほかのアカウントデータまでアプリでの管理に委ねてよいのかといった判断はまた別の問題であり、使えるから使えばよいというものでもないだろう。扱うデータが重要なだけに慎重に考えてから取り組む必要がある。

その点、Sticky Passwordはシンプルで扱いやすい。どちらかといえばWebページへのログインを自動化するといった用途に特化しているし、この目的であればSticky Passwordは最良の選択肢の一つになるんじゃないかと思う。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で IT Search+ の人気記事をお届けします
3608
2
【連載】パスワード管理アプリの選び方 [12] Sticky Password - スマホから利用
フルスタック型のパスワード管理アプリであるSticky Passwordはスマートフォン向けのアプリも提供している。今回はこちらの使い方を簡単にご紹介しよう。
https://news.mynavi.jp/itsearch/files/pwmng300-250.jpg
フルスタック型のパスワード管理アプリであるSticky Passwordはスマートフォン向けのアプリも提供している。今回はこちらの使い方を簡単にご紹介しよう。

会員登録(無料)

注目の特集/連載
AI人材に必要なもの
DMM.make AKIBAから生まれたスタートアップたち
はじめてのRPA導入
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
RPA入門
PowerShell Core入門
Swagger 3.0 入門
徹底研究! ハイブリッドクラウド
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
クラウドアンケート

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

ページの先頭に戻る