マイナビニュースマイナビ

千野建物管理、電子契約サービス「電子印鑑GMOサイン」を導入 [事例]

[2021/10/06 11:00]林雪絵 ブックマーク ブックマーク

千野建物管理は10月4日、GMOグローバルサイン・ホールディングス(以下、GMOグローバルサインHD)が開発/提供する電子契約サービス「電子印鑑GMOサイン」を導入すると発表した。

電子印鑑GMOサインは、契約の締結から管理までをワンストップで行うことができるクラウド型電子契約サービス。メールアドレスなどにより認証を行う「事業者署名型(契約印タイプ)」と、電子認証局による本人認証を行う「当事者署名型(実印タイプ)」のハイブリッド契約にも対応している点を特長とする。

かねてよりマンション管理業務のDXを推進している千野建物管理では、その取り組みを強化するために今回、電子印鑑GMOサインの導入を決定。これまで書面でやり取りされていた発注書や管理報告書などをすべて電子化することで、紙の印刷や郵送、押印などにかかっていた時間的/金銭的コストの削減を目指すとしている。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

肥後銀行、電子契約サービス「WAN-Sign」を導入 [事例]

肥後銀行、電子契約サービス「WAN-Sign」を導入 [事例]

ワンビシアーカイブズは9月21日、肥後銀行が電子契約サービス「WAN-Sign」を導入したと発表した。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る