マイナビニュースマイナビ

Instagram×ヒトサラがレストラン予約機能 - 若年層を守るための新機能も発表

[2021/04/27 13:00]岩井 健太 ブックマーク ブックマーク

Facebook Japanはこのほど、オンラインでメディア向けにラウンドテーブルを開催し、中小ビジネス支援に関する発表を行った。

ファミリーアプリの利用者数が全世界で33億人を突破

まず、はじめにFacebook Japan 代表取締役の味澤将宏氏は「2020年第4四半期の決算時点でFacebookやMessenger、Instagram、WhatsAppをはじめとしたファミリーアプリの利用者数は全世界で33億人を突破し、ファミリーアプリを利用するビジネスは全世界で毎月2億以上にのぼる」と話す。

Facebook Japan 代表取締役の味澤将宏氏

Facebook Japan 代表取締役の味澤将宏氏

昨今、同社では新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、苦境に陥る中小ビジネスの支援にフォーカスしており、時短営業を強いられている飲食店への支援として、Instagramの機能強化に取り組んでいる。3月からは一部の利用者を対象に近隣のビジネスなどを表示する地図機能を提供。

近隣のビジネスなどを表示する地図機能

近隣のビジネスなどを表示する地図機能を一部ユーザーに提供している

味澤氏は「われわれのデータやリサーチから日本では多くのユーザーが飲食店や観光スポットなど発見するために、Instagramを利用している。ユーザーがより簡単に近隣で人気スポットを探せる機能を開発した。中小ビジネスにとって新規顧客に発見してもらうための効果的なツールになると考えている」と述べた。

具体的には、発見タブにある「地図」ボタンをタップすると、Instagram上で人気のある近隣スポットを表示する仕組みとなっており、ほかのユーザーが投稿した写真・動画もサムネイルで表示されることから、どのようなビジネスなのか簡単にイメージできるというもの。

また、目的に合わせてカフェやレストラン、観光名所などのフィルターをかけることができ、表示された店舗がInstagramのアカウントを持っている場合は当該アカウントへの導線となり、料理注文機能を利用していればデリバリーも可能。正式なローンチは未定だが、利用者の反応は好意的だという。

※ 本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合がございます。予めご了承ください。

もっと知りたい!こちらもオススメ

Slackの導入企業から考える、コロナ禍での新しい働き方とは - オンラインイベントで対談

Slackの導入企業から考える、コロナ禍での新しい働き方とは - オンラインイベントで対談

先日、オンラインで日本オフィス開設2周年のメディアイベントを開催したSlack。本稿ではイベント後半に行われたSlackの導入企業における対談を紹介する。

関連リンク

この記事に興味を持ったら"いいね!"を Click
Facebook で TECH+ の人気記事をお届けします
注目の特集/連載
[解説動画] Googleアナリティクス分析&活用講座 - Webサイト改善の正しい考え方
Slackで始める新しいオフィス様式
Google Workspaceをビジネスで活用する
ニューノーマル時代のオウンドメディア戦略
ミッションステートメント
次世代YouTubeクリエイターの成長戦略
IoTでできることを見つけるための発想トレーニング
教えてカナコさん! これならわかるAI入門
AWSではじめる機械学習 ~サービスを知り、実装を学ぶ~
Kubernetes入門
SAFeでつくる「DXに強い組織」~企業の課題を解決する13のアプローチ~
マイクロサービス時代に活きるフレームワーク Spring WebFlux入門
AWSで作るマイクロサービス
マイナビニュース スペシャルセミナー 講演レポート/当日講演資料 まとめ
セキュリティアワード特設ページ

一覧はこちら

今注目のIT用語の意味を事典でチェック!

一覧はこちら

会員登録(無料)

ページの先頭に戻る