• レッドブル・エアレース

    (c)RedbullContentPool

初戦であるラウンド・オブ14での敗退という最悪の展開を辛くも脱した室屋選手。逆に、マルティン・ソンカ選手(チェコ)のまさかの敗退で、ほとんど「理論上の可能性」に過ぎなかった年間チャンピオンの可能性がぐっと現実味を帯びてきた。この時点での状況を整理してみよう。室屋選手の点数は55点で3位だ。

  • レッドブル・エアレース

    左からソンカ選手、室屋選手、ホール選手。ランキング首位のソンカ選手が敗退したことで、レースの行方はガラッと変わった (c)RedbullContentPool

これまでの首位だったソンカ選手は、予選終了時点で67点。しかしラウンド・オブ14で敗退、タイムも低く13位にとどまったため、本戦での獲得ポイントはわずか1点で68点になった。室屋選手が6位になれば13点を獲得して合計68点になり、ソンカ選手と同点。この場合は優勝回数で比較するので、2回優勝の室屋選手がソンカ選手より上の順位になる。つまり、6位以上がソンカ選手を上回る条件だ。

  • レッドブル・エアレース

    本戦に詰めかけた観客は6万人。台風前の夏空に熱気は最高潮 (c)Akira Uekawa

一方、年間ポイント2位のマット・ホール選手も、ラウンド・オブ8に進出している。ホール選手のポイントは61点で、室屋選手の点差は6点だ。室屋選手が優勝した場合の獲得点数は25点で合計80点。ホール選手が4位なら18点獲得で合計79点なので、1点差で室屋選手がチャンピオンになる。しかしホール選手が3位なら20点獲得して合計81点で、ホール選手がチャンピオンになる。

いずれにせよラウンド・オブ8を勝ち抜けば、室屋選手とホール選手のどちらもチャンピオンの可能性がある。ラウンド・オブ14のあとの1時間の休憩時間、観客は千葉市消防局や海上自衛隊のパフォーマンスを楽しみながら、最後の戦いへと興奮を高めていった。

  • レッドブル・エアレース
  • レッドブル・エアレース
  • 海上自衛隊のUS-2救難飛行艇が目前で離着水。通常は見ることができない光景で、観客の度肝を抜いた (c)Akira Uekawa

  • レッドブル・エアレース
  • レッドブル・エアレース
  • 千葉市消防局「おおとり」は「千葉市の守護神」ぶりをアピール (c)Akira Uekawa

  • レッドブル・エアレース
  • レッドブル・エアレース
  • 海上自衛隊「ホワイトアローズ」はエアレース機と同じプロペラ機で、軽快な編隊飛行を披露 (c)Akira Uekawa

制限速度まで0.3ノット、渾身ダッシュで2回戦突破

後に千葉県に大きな被害をもたらすこととなった台風15号が接近してはいるが、この時点で強風はない。ラウンド・オブ8の前にスコールのような強い通り雨が降り、少しだけ会場を冷やしたがすぐに夏の強い日差しが戻った。

ラウンド・オブ8の1組目、先攻はベン・マーフィー選手(イギリス)。ラウンド・オブ14でも最初にフライトしたマーフィー選手だったが、今度はゲート3でパイロンヒット、ゲート9でインコレクト・レベル(ゲートを斜めに通過)と5秒のペナルティを加算されて、1分4.248秒になってしまった。後攻のピート・マクロード選手(カナダ)はペナルティを取られなければよいから、58.369秒とやや遅めのタイムながらノーペナルティで勝ち進んだ。

  • レッドブル・エアレース

    マーフィー選手、いきなりのパイロンヒットで勝利を逃した (c)RedbullContentPool

2組目の先攻、室屋選手は190.7ノットの高速でスタートを切った。191ノット以上で失格なので、ギリギリの速度だ。ノーペナルティでマクロード選手より0.5秒速い57.895秒を記録し、対戦相手のフランソワ・ルボット選手(フランス)にプレッシャーをかける。

  • レッドブル・エアレース
  • レッドブル・エアレース
  • レッドブル・エアレース
  • レッドブル・エアレース
  • 敗者復活した室屋選手は心機一転。ノーペナルティでプレッシャーを掛ける (c)Akira Uekawa

ルボット選手は室屋選手と互角のタイムで飛行したが、ゲート8を通過する際に機体を左右にばたつかせ、インコレクト・レベルのペナルティ。さらにゲート10でパイロンヒットしてしまい、5秒のペナルティで室屋選手に敗退した。

  • レッドブル・エアレース

    ルボット選手は室屋選手と互角のタイムだったが、ペナルティで勝負を逃した (c)Akira Uekawa

会場の熱気と台風、勝負を分けたゲート2の戦い

ルボット選手が2つのペナルティを取られたゲート8とゲート10は、実はスタート直後に通過するゲート2と同じ場所だ。千葉大会のコースは同じコースを1往復半するため、ゲート2を2回目に通過するときゲート8、3回目はゲート10と呼ぶ。

台風のため南風が入るレーストラックで、このゲート2の風下は幕張海浜公園のほぼ中央だ。また最初のマーフィー選手はゲート2の次のゲート3と、ゲート8の次のゲート9でペナルティを冒している。ゲート2(8)を通過するときにコースが乱れれば、次のゲート通過に影響するだろう。

ラウンド・オブ8の最中、幕張海浜公園の上空には大きな積雲が現れては消えていた。雨で気温が下がったあと、広い公園に強い日差しが入れば、そこに上昇気流が起き風が変化する。台風の風と強い日差し、もしかしたら6万人の観客が生み出す熱が、ゲート2の周囲の風を変化させていたのかもしれない。

  • レッドブル・エアレース
  • レッドブル・エアレース
  • 千葉大会のコースは1列のパイロンを1往復半する。上から順にゲート1、2、3だが、下で折り返してゲート7、8、9、、さらに折り返して9、10、11の順になる。ゲート2が絶妙な位置にあるため、勝負を分けるポイントになった (c)RedbullContentPool

続く3組目以降は、59秒前後の遅めのタイムが続いた。3組目はニコラス・イワノフ選手(フランス)にカービー・チャンブリス選手(アメリカ)が勝利。4組目は先に飛んだミカ・ブラジョー選手(フランス)がまたしてもゲート9でオーバーGのペナルティ。後攻のホール選手は難なくノーペナルティで飛び切って勝ち抜けた。

風の変化への対応が勝負を分けるレッドブル・エアレース。室屋選手とホール選手は悪魔の手を逃れ、歴史に残る最終決戦へと歩を進めた。

  • レッドブル・エアレース

    メディアセンターから見た、会場上空の雲。生成と消滅を繰り返す雲は、変化する上昇気流の存在を示す (撮影:大貫剛)

ホール選手が年間チャンピオンに王手

決勝戦のファイナル4に残った4人の選手のうち室屋選手、ホール選手、マクロード選手は2009年デビューの同期組。一方、チャンブリス選手は2003年のレッドブル・エアレース開始から全シーズンに出場した唯一のベテランだ。

冒頭にも書いたが、室屋選手とホール選手が揃ってファイナル4に残った場合、室屋選手が年間チャンピオンになるパターンは1つだけ。室屋選手が1位で、ホール選手が4位になった場合だ。

ファイナル4は4名の選手が順に飛び、タイムで順位を決める。1人目はマクロード選手だったが、なんといきなりゲート2でパイロンヒット。そしてゲート8でインコレクト・レベルの判定を受け、5秒ものペナルティを受けてしまった。記録は1分4.028秒。これではホール選手は、よほどの大失敗をしなければマクロード選手より下になることはない。ホール選手の年間チャンピオンは、かなり確実になってしまった。

  • レッドブル・エアレース

    マクロード選手は最後のレースで痛恨のパイロンヒット (c)Akira Uekawa

逆に言えば、ホール選手は3位を狙ってノーペナルティの飛行をすればよく、千葉大会での優勝を無理に狙う必要がない。室屋選手が千葉大会で優勝できる可能性はむしろ高まったとも言える。

2人の王者、最高のフライトでエアレースに終止符

室屋選手の飛行順は2番目だ。11年間のエアレース人生の集大成とも言える最後のフライトは、58.630秒でノーペナルティ。数字だけ見ればラウンド・オブ8より遅いが、台風の接近で徐々に風が強くなっていることを考えれば充分に速いタイムだ。ラウンド・オブ14で消えるという悪夢から這い上がり、最後の舞台を完璧に終えた室屋選手は、感謝の言葉を無線で送信してレースエリアを後にした。

  • レッドブル・エアレース

    完璧な飛行でエアレースを終えた室屋選手。感謝の言葉を無線で送った (c)Akira Uekawa

3人目のチャンブリス選手もノーペナルティの59.601秒で、すべてのレッドブル・エアレースに参加し続けたベテランは最終戦のファイナル4までフル出場を果たした。

そしてついにその時が来た。レッドブル・エアレース最後の年、最後の大会のファイナル4の最後のフライトの栄誉を得たのは、ホール選手。強くなる風の中で、ややふらついて見えるような場面もあったが確実にゲートを通過し、ノーペナルティでゴールゲートを通過した瞬間、レッドブル・エアレースと銘打たれたすべてのレースが終了した。タイムは1分0.052秒で、狙い通りの3位。コックピットで順位を聞いたホール選手は、勝利の雄叫びを上げた。ホール選手の年間チャンピオンは初だ。

  • レッドブル・エアレース
  • レッドブル・エアレース
  • レッドブル・エアレース
  • レッドブル・エアレース
  • これが本当のラストフライト。ホール選手は確実にチャンピオンを獲得できる3位狙いのフライトを見事に飛び切った (c)Akira Uekawa

2019年レッドブル・エアレース最終戦。千葉大会の優勝は室屋選手、年間チャンピオンはホール選手と、2009年同期デビューの2人が、栄冠を分かち合う結果になった。台風接近で中止も危惧された中、時間繰り上げでファイナル4まで決行。ラウンド・オブ14からの「最速の敗者」での室屋選手の復活、チャンピオンだったソンカ選手の敗退。レッドブル・エアレースのファンの伝説になる、歴史的な大会が幕を下ろした。

  • レッドブル・エアレース

    ホール選手は2大会連続優勝で、初の年間チャンピオン。そしてレッドブル・エアレース最後のチャンピオンになった (c)RedbullContentPool

  • レッドブル・エアレース

    室屋選手は千葉大会5回中3大会で優勝、今シーズンは4大会中3大会で優勝。年間チャンピオンはわずか1点差で逃した (c)RedbullContentPool